通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
モノレールねこ (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s3788a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

モノレールねこ (文春文庫) 文庫 – 2009/6/10

5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モノレールねこ (文春文庫)
  • +
  • てるてるあした (幻冬舎文庫)
  • +
  • ささらさや (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,870
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小学生のぼくは、ねこの首輪に挟んだ手紙で「タカキ」と文通をする。ある日、ねこが車に轢かれて死に、タカキとの交流は途絶えたが…。表題作の「モノレールねこ」ほか、ザリガニの俺が、家族を見守る「バルタン最期の日」など、夫婦、親子、職場の同僚など、日常にさりげなく現われる、大切な人との絆を描いた8編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加納/朋子
昭和41(1966)年、福岡県北九州市生まれ。文教大学女子短期大学部卒業後、化学メーカーに勤務。平成4年、「ななつのこ」で第3回鮎川哲也賞受賞。平成6年発表の短編「ガラスの麒麟」で、第48回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)受賞。平成7年に退社して作家専業となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 295ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167673037
  • ISBN-13: 978-4167673031
  • 発売日: 2009/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 221,572位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
加納朋子さんの本では、「てるてるあした」が一番好きな作品でしたが、読後はこの本が一番好きな本となりました。

特に表題作の「モノレールねこ」は、読んでる途中では、ある箇所で涙が止まらなくなり困りましたが、最後はさわやかさの残る作品で、本当に心に残る名作だと思います。また、「バルタン、最後の日」も悲しいのだけど、心があたたかくなるような終わり方となっていて、この本の最後を締めくくるのにふさわしい作品だと思います。

本当に多くの方に読んでいただきたい、すばらしい作品だと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
加納朋子さんが得意とする「日常の謎」を求めて「モノレールねこ」を手にすると予想を裏切られるかもしれない。

しかし、その裏切りはとても暖かく優しい気持ちにさせてくれる。

表題作「モノレールねこ」を含む8つの短編はそれぞれに家族の過去という秘密をその内に宿しながら「日常の謎」的な解決は持っていない。

時間の中で家族の絆こそがそれぞれが抱えているものを解決していく。

加納さんのファンとしては「日常の謎」がみっしり詰まった新作も期待しているが今回の作品も心温まる内容で非常によかった。

ミステリーを期待していて違った感動があったので星5つです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ザリガニが主人公の話、読んだ事がありますか?ザリガニから見た家族の様子を、笑いあり、感動ありで、短編として見事にまとめている「バルタン最後の日」、これが一番心に残る話でした。他の短編も、いかにも加納さんらしいお話ばかりで、読んでいてほのぼのとしてしまいます。

「モノレールねこ」「パズルの中の犬」を合体させたようなカバーイラストの構成にも感心したので☆5つです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どの話も心温まるものだった。読後も余韻が残る。特に好きな作品は「モノレールねこ」

「パズルの中の犬」「ポトスの樹」「バルタン最期の日」だった。「モノレールねこ」

では、ねこを通して文通する二人の、その後の結末に思わずほほえんだ。「パズルの

中の犬」では、人が心の中に抱え込んでいる思いに、ため息をついた。「ポトスの樹」

では、家族の温かさを感じた。そして「バルタン最期の日」では、笑いの中にもちょっ

ぴりの切なさを感じた。短編集だとどうしても好きな話とあまりそうではない話がある

ものなのだけれど、この作品の中の話はどれもほんわかしていて好きだった。8編に

共通するのは家族への思い。作者はていねいにやさしく、いつくしみながら描いている。

手元に置いて、何度でも読み返したい!・・・そんなステキな作品だった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この小説は大好きで何度も読み返しています。

ファンタジーや現実離れし過ぎている小説は好きではないんですが、この本は別です。

ちょっと不思議な物語が多いんですが、どれもホロリとさせてくれる場面があります。ホロリも悲しいんだけど、心がほんわかしてきます。

敢えてお気に入りの作品をあげるなら、「マイフーリッシュアンクル」→突然家族を失い、おじと二人暮らしをしなければならなくなった女の子の話。

「シンデレラのお城」→偽装結婚のお話。

「セイムタイムネクストイヤー」→娘を亡くしたお母さんのお話。

読み返すたびに違う感動が味わえるお気に入りの一冊です!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 birdsong VINE メンバー 投稿日 2009/6/20
形式: 文庫 Amazonで購入
「モノレールねこ」なんてタイトルだと、今はやり(というか、乱発気味)の猫本かと思ってしまいます。でも、中身は加納朋子一流の家族人情話。推理色こそ薄く、「日常の謎」という程のものではないのですが、ちょっと不思議で、読み終えるとほろっとする良いお話ばかりです。日常生活ですり減った心の慰めにぴったりな短編集。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pampino 投稿日 2010/11/27
形式: 文庫
泣いたわー。

うまいなこの人。
最初のストーリーは有川浩さんみたいな感じでよかった。
最後はもう、悲しかった。

安心して泣ける本です。
通勤時には気をつけて。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック