中古品:
¥ 2,980
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【初回限定生産版(帯有り):折りたたみポスター・外箱付属】ご覧頂きありがとうございます。特典・ケース・ディスク盤面共にキズなど無くキレイな状態です。その他微細なものに関しては中古品のためご容赦ください。配送中の傷や水濡れ防止のためクリスタルパックで梱包して発送致します。ご注文後Amazon.co.jp 配送センターより迅速にお届けいたします。別途お届け日時指定や各種コンビニでのお支払い・受け取りにも対応しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

モノノ怪 伍之巻 「化猫」 [DVD]

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 3,250より 中古品の出品:18¥ 2,400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2017年 春アニメ予約開始
2017年春から放送のアニメDVD・ブルーレイを 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 櫻井孝宏
  • 監督: 中村健治
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2008/02/22
  • 時間: 68 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UNAE80
  • JAN: 4988126205423
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,346位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「皆々様の真(まこと)と理(ことわり)、お聞かせ願いたく候。」--謎の薬売りふたたび。
『怪~ayakashi~』で大反響を呼んだエピソード「化猫」のスタッフが再結集。圧倒的な映像美で描かれる怪異譚。

<初回限定版特典(予定)>
・豪華描き下ろし外箱付き
・折りたたみポスター封入予定
・映像特典(キャスト・インタビュー&設定画ギャラリー予定)

※初回限定版終了後は、外箱・封入特典の付かない通常版に切り替わります。ご了承下さい。

※特典内容・仕様などは変更する可能性もございます。

<ストーリー>
もののけの形と真(まこと)と理(ことわり)がととのうとき、退魔の剣が抜き放たれる!
薬売りの男が活躍するエピソード。

■伍之巻「化猫」3話
地下鉄の新路線開通式。ホームは大勢の人で賑わっていた。地下鉄開通の立役者である福田市長に市民が盛大な拍手を送る中、
市長や招待客たちを乗せた第1号列車が発車した。
しかし、ほどなくして異変が起きる。運行中の列車からは突然ほとんどの乗客が消失し、残されたのは市長を含めた7人の乗客のみ。
しかも、外の様子を伺おうとした福田市長は、地下鉄から転落、闇の中に姿を消して消息不明になってしまう。
恐慌に陥る乗客たちの前にふらりと現れた薬売りの男は、この事態はモノノ怪の仕業であることを告げる。
モノノ怪の生まれた原因を探るうち、地下鉄の開通を巡る汚職事件と、それを追いかけていた一人の女性記者の因縁が明らかになっていく・・・。

<キャスト>
声の出演:櫻井孝宏 ほか

<スタッフ>
監督:中村健治
脚本:ヨコテミチコ、小中千昭、高橋郁子、石川学
キャラクターデザイン・総作画監督:橋本敬史
美術監督:倉橋隆、保坂有美
オープニング・テーマ:小松亮太×チャーリー・コーセイ 「下弦の月」
エンディング・テーマ:JUJU 「ナツノハナ」
音楽:高梨康治
アニメーション制作:東映アニメーション

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『怪~ayakashi~』の1編「化猫」のスピンオフ企画として、全編で「薬売りの男」が活躍する長編ホラーの第5巻。地下鉄の新路開通式の日、発車した第1号列車に異変が起きる。薬売りの男はモノノ怪の仕業だと告げる。全3話を収録する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この「モノノ怪」は話毎に見せ方が異なっていますが、今回はユーモラスだった「鵺」とは正反対で、終始シリアス調でした。また絵も「海坊主」と対極的で、柱や桟などの影となる面を黒ベタにする超硬調さで線と形を強調し、色は原色を避けアンティーク的ながらクリアな色調で、独特の質感に仕上げていました。
時代は地下鉄ほか小道具類からの考証的には、昭和一桁後半辺りが合致します。

このシリーズが異形のものにかこつけて視聴者に見せ続けたのは、人の醜さ、怖さ、そして弱さです。その部分の見せ方も、話によって違えてましたが、この「化猫」では、先頭車両に集められた、「一見どこにでもいそうな普通の人たち」から、少しずつその心の中にあったものが暴かれていくという作りで、私は最も身近でリアルな印象を受けました。視聴者は、或いは登場人物の誰かに自分を重ねられるかもしれません。

そして、化猫を成した被害女性の中にさえ、そういった部分が描かれました。ここが被害女性がどこまでも美しく哀れに描かれた「怪〜ayakashi〜」の「化猫」と異なり、一層生々しい話になっていたと思えます。旧化猫のように、見る人誰もが被害女性に同情し、感情移入するようなお話の方が、恐らくより多くの支持を得られたろうとも思うのですが、同じタイトルを冠したこの作品で敢えてそうしなかった制作スタッフの方針に
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
今作の最終話が、前作《怪〜ayakashi〜》と同題の『化猫』とは…。スタッフの意気込みと思い入れが感じられますね。
出てくるキャラクターも時代背景や設定、年齢などは違うものの前作のキャラが挙って出演してます(笑)

私は前作ですっかりこの世界観にハマってしまったひとりなのですが、最終話『化猫』序の章まで見て、改めてこのシリーズのクオリティの高さと面白さを実感しています。
見る人によっては「難しい」「見辛い」といった感想をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、見る回数を重ねてみるとそれまで見えていなかったものが見えてきたり、人の表と裏…まさに薬売りが暴くモノノ怪の『真と理』の奥深さに触れることができます。

薬売り役の櫻井孝宏さんの演技も素晴らしいですし、なんと言っても毎回様々な役柄を見事に表現されている竹本英史さんは必見です。流石は退魔の剣!(笑)

この作品を世に生み出してくれた中村監督を始め、すばらしい技術を持ったプロフェッショナルな製作スタッフの皆さん、独特なキャラクターを生き生きと演じて下さった声優の方々に脱帽です!!
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ayakashiからモノノ怪に続いた「化け猫」

今までの江戸の絵巻のような所から一転、明治・大正のような
日本が新しい時代を築いていくようなモダンな背景。

今までに出演したキャラクターのパラレルワールドのような中、
あいもかわらず謎の姿のままの「薬売り」
その風貌の違和感からして 何かを感じさせる演出で、過去作品と
一味違った雰囲気になっています。

いわゆるモブキャラをマネキンにしていたり、相変わらずの
目を惹く演出。
(若い年代の人には「煙草をのむ」だの「モガ」だの現在使いにくい表現もあるかと思いますが、そこも時代感が出てるので雰囲気でみるだけで伝わればと思います)

今までは自分で考えるということもあったので(そこは好き好きですが)
今回は、推理サスペンス?という感じで少し「薄いかな」と思いました。
善悪の雰囲気がはっきりしすぎているので
仕事人のようになってしまった薬売りが少し残念です。

それでも今までの総評として、やはり星5つに置きたいです。
そして願わくばこのクオリティの高さのまま、新しい作品が出ますように・・・
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
★5つにしていますが、これはシリーズ全体を通して、作品のクオリティと新しいことをなしとげたチャレンジ精神がすばらしく、今後のアニメ界のためにぜひ評価したいからです。
この化け猫単体だと4つ〜4つ半かな。
まず映像はいつもながらすばらしいです。これだけ他作と雰囲気が違い、色をシックにまとめ、舞台も昭和初期。若干年をとったのか薬売りの男は少し大人っぽくなっています。
まったく関係ないと思われる人々が集められ、そこから謎が解けてゆく様子はクリスティの小説を思い出させる、本格的なミステリーの様相となっており、今までの作品にはなかったテイストでした。
また非常にわかりやすい「怖さ」がありましたし、話の内容もとても明解でした。
ただ個人的には、薬売り以外のキャラクターに魅力がありませんでした。他作の脇キャラにはそれぞれ愛すべきところがある人が数人いたものですが、今回はゼロ。話の展開上仕方ないのかもしれませんが、同じ3話を使った怪の化け猫の出来を考えると、人間の弱さや醜さだけではなく、もっと他の魅力にも焦点をあてた上で、さらに魅力的な話にできたのではという欲が残ります。
好みもあるでしょうが、怪のように、もう少し人間らしいドラマを展開させてみてもよいのではと思いました。
全体的にハイクオリティなアニメなので、つい欲が出てしまいますが、素晴らしい挑戦だったと思います。ぜひ続編を作成していただきたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す