通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
モノを作らないものづくり―デジタル開発で時間と品質... がカートに入りました
+ ¥270 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品として概ね良好な状態です。新品ではございませんので、多少の擦れや焼けなどがあることがございますが、通読に問題のない状態です。帯は基本的に付属いたしません。値札が付いている場合もございますが、ご購入の金額とは差異がある場合がございますがご了承ください。ゆうメールにての配送になりますので、ポスト投函となります。追跡番号はございませんのでご了承ください。昨今の郵便事情もあり、発送までに3日程度の期間を設けさせていただいております。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モノを作らないものづくり―デジタル開発で時間と品質を稼げ 単行本 – 2007/1/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,860
¥2,860 ¥150
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

急速な技術革新や顧客の多様化、市場のグローバル化の波の中、製品開発プロセスの革新・改革は、日本のものづくりにとって避けては通れない課題である。程度の差こそあれ、デジタル開発を取り入れることは、もはや必須と言ってよい。そんな中、富士通が実践し、提案する「モノを作らないものづくり」とは!?メカ(機構)からエレキ(電気)、ソフト(組込みソフトウェア)まで、現場の第一線で活躍する「富士通・日本発ものづくり研究会」の執筆陣が、「ものづくり」革新の全体像を説き明かす。

抜粋

はじめに
日本の電機・精密業界をとりまく環境は、急速な技術革新や顧客の多様化、
市場のグローバル化の影響を受けて激しく変化しています。特に携帯電話や薄型
テレビなどのいわゆるデジタル系製品の多くは、環境変化の影響を受けて製品の
販売寿命が開発リードタイムよりも短期化しています。このため、企業の業績も
オセロゲームのように変動しているのが現実です。この複雑な環境に直面し
て各企業は生き残りをかけて、常に顧客にとって魅力的な製品を開発し続けるた
めの製品開発プロセスの革新・改革活動に果敢に挑戦しています。
本書は第���ぢ部で、このような電機・精密業界の企業環境の分析を行い、日本的
な開発手法の強みを生かす革新・改革手法を「モノを作らないものづくり」とい
う考え方にまとめます。また第���ぢ2部では、その考え方を具体的な開発現場で
実践した事例を機械・機構系の開発、電子系の開発、組込みソフトの開発の3分
野にわたって紹介します。
本書を貫く基調テーマは2つあります。まず第1は副題に「デジタル開発
で時間と品質を稼かせぐ」とあるように、情報システムを駆使した開発革新をし
よう、というメッセージです。「モノを作らないものづくり」のモノを作らな
い、という部分はこれを言っています。
もとより私たちは、現場と現物=モノの重要性を軽視するものではありませ
ん。モノにこだわってノウハウを蓄積し、その中から新製品や新方式のアイデア
を創出するのがエンジニアリングの基本です。新製品を生み出すのはあくまで人
間であり、情報システムやデジタル開発はそれを側面支援するものです。

さらに言うと情報システムへの過度の依存は、弊害を生み出す危険がありま
す。情報システムは、いったん普及すると人間の行動パターンや仕事のプロセス
を拘束する性質を持つことを常に念頭に置いておく必要があるでしょう。また人
間同士が顔を合わせなくても仕事が進んでしまうため、人間系で暗黙にやってい
た設計のチェックやノウハウの発揮が働かなくなることもあります。

そもそもコンピュータに出来ることは、突き詰めると2つしかありません。決
められた手順を、大量に、間違いなく、高速に処理することと、ネットワークを
通して距離の制約を超えることです。この性質をうまく利用して人間が行う「も
のづくり」を支援できるデジタル開発のプロセスを構築することが重要です。
デジタル開発をうまく取り入れることにより、人間の不得意な所や弱い面をカ
バーし、安い・品質のよい製品を早く開発できるプロセスの構築が可能になりま
す。さらに、現物やモノ、試作機では絶対に出来ないことが可能になることも
重要です。例えばハード・ディスク・ドライブ装置の内部の空気の流れや数百ギ
ガヘルツの動作周波数のプリント基板の電流挙動は、製品開発上の非常に重要な
事項です。しかしこれらを試作機で正確に実測しようとしても、測定行為そのも
のが動作環境を攪乱するため、不可能です。デジタル開発でシミュレーションす
るしかありません。
ここで、企画・構想・設計・生産準備という「ものづくり」のプロセスをも
う一度よく考えてみると、情報の流れが本質であることに気付きます。つまりプ
ロセスが進むに従って詳細化され、合流し、修正される設計情報の流れです。デ
ジタル開発とは、プロセスを情報の流れとして見直し、再構築することだと言え
ます。それは組織のあり方や役割分担にまで影響するはずです。現状の製造業の
ものづくりは、情報伝達を「図面」というモノでやり、検証・確認を「試作機」
というモノでやることを前提とした組織形態のままで行われているケースが多く
あります。デジタル開発はそこに見直しを迫ります。デジタル開発が重要だとう
いう最大の理由はここにあります。
本書の第2の基調テーマは、日本型ITの重要性です。デジタル開発が深化す
ると、情報システム(IT)は必然的に仕事のやり方、プロセスの進め方、人間
系のコミュニケーションのあり方、といったと言った部分に関わってきます。プ
ロセスのあり方がITに影響してくるわけです。
製造業をみると、メカ設計や電気設計にかかわらず、全て欧米製の開発ツール
をそのまま使っている例があります。そのような現場の意見を聞くと「ツールは
欧米製だが、考えているのは私達だからよいのだ」とおっしゃるわけですが、甘
いと思います。そのツールが想定し前提としているプロセスしか効率的に運用で
きないのではないでしょうか。今はその影響は微細でも、今後ますます影響度が
増えるのではないでしょうか。
私達は日本型のITとして、人間同士のコミュニケーションを減らすことを目
的としたITではなく、人間同士のコミュニケーションが大事という前提に立っ
たITが重要だと考えます。また、担当者がいつ転職して行ってもよいというI
Tではなく、継続的雇用を視野に入れた人材づくりが大事だという前提のITが
重要だと考えます。
デジタル開発のベースとなっているIT技術はまだまだ未熟です。メカ設計を
例にとりますと、図面でのコミュニケーションにおいては重要な部分とそうでは
ない部分が比較的はっきりと分かるように記述されていました。しかし3次元デ
ジタル開発ではそれが不明確になってしまいました。ものづくりのプロセスでは
重要事項の共有が大事ですが、無意味であることの共有もまた大切です。こう
いったことをどう表現していくか、課題は山積しています。今後も現場での
実践を通して、一つ一つ問題点を解決していくつもりです。
本書で展開した考え方と現場での適用事例が、電機・精密業界を中心とす
る日本の製造業の方々の参考に少しでもなればと願っています。

2006年11月


富士通・日本発ものづくりものづくり研究会
代表
湯浅 英樹


登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません