通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
モネとジャポニスム (PHP新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モネとジャポニスム (PHP新書) 新書 – 2016/3/16

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2016/3/16
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 180

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モネとジャポニスム (PHP新書)
  • +
  • 遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 29pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「たとえば(パリ郊外)ジヴェルニーにあるモネの池は、手鏡。丸く広がり真ん中にかわいらしい花をちょこんとつける睡蓮は、ブローチ。モネは女性が『かわいい』と思うモチーフを追求し続けていた」「モネの睡蓮の池こそが、ジャポニスムの影響をふんだんに受けた作品」……。日本画家・平松礼二は24年前、オランジュリー美術館の「モネの部屋」で衝撃を受けて以来、モネの足跡をたどり、彼が北斎や広重をはじめ、ジャポニスムの影響を受けていたことを実感し、そのモチーフを日本画に変える挑戦を続けている。「彼の睡蓮の絵を見ると、驚くばかりに美の技術を極め、明白にモチーフを表現する画家の才能に感嘆するばかりだ」と語るのは、フランスのポンピドゥー美術館事務局長、ディエゴ・カンディール氏。こうして、美は永遠につながっていくのだ。本場フランスをはじめ、ヨーロッパの人びとを魅了してやまない日本画家が“画家の視点"で語る、いままでにないモネ論。

【はじめに】モネが日本に恋をした。
【第1章】モネとの出会い
【第2章】印象派とジャポニスム
【第3章】画家の眼から見た「モネの魅力」
【第4章】“モネ、ときどきゴッホ"鑑賞法
【第5章】日本画はなぜ世界に通用しないのか
【紀行エッセイ】印象派をめぐる旅
【おわりに】百年後は世界に認められたい。

浮世絵の北斎や広重に恋をしたモネ。その北斎や広重の国から私がやってきて、その血を引いていることを自覚しながら、「モネとジャポニスム」という舞台を私なりに料理してきました。そして、それを今度は、百年先の画家が料理するかもしれない。それがフランス人だったらとても面白い。こうして美は永遠につながっていくのだなぁ、と思います。<「おわりに」より>

内容(「BOOK」データベースより)

日本画家・平松礼二は24年前、オランジュリー美術館の「モネの部屋」で衝撃を受けて以来、モネの足跡をたどり、彼がジャポニスムの影響を受けていたことを実感し、そのモチーフを日本画に変える挑戦を続けている。本場フランスをはじめ、ヨーロッパの人びとを魅了した日本画家が“画家の視点”で語る、いままでにないモネ論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 225ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2016/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569829937
  • ISBN-13: 978-4569829937
  • 発売日: 2016/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,384位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

いつか見た『NHK日曜美術館』の平松礼二さんとモネに関する回を思い出して購入。
大家然としていない氏の瑞々しい思考と感性と創作意欲にモネを案内された思いだ。
印象派は今でこそビッグブランドだが、リアルタイムでは「革命家」だった、「モネが浮世絵に恋をして、モネの絵画や庭が生まれました。そして、私が浮世絵の国からやってきて、北斎や広重の血を引いていることを自覚しながら、モネに恋をし、モネのジャポニスムという世界を料理しました」と。
モネといい氏といい、芸術家は永遠の青年でなければ創作など続けられないのだろうと羨ましくなるが、戦後日本の西洋画偏重教育に対する憂いの文面は深かった。
まさにそういう授業を受けて育った者としては、西洋画寄りの視点を自覚してこれからもっと日本画を楽しみたいと思った。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 asagao 投稿日 2016/4/5
Amazonで購入
モネについての本は何冊か読んできましたが、そのどの本にも書かれていない観方が書かれていて、とても新鮮でした。著者が日本画家だからでしょうか。同じ画家としての視線が優しく、読後感が良かったです。次にモネを見るときはこの本を参考にしたいと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す