中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モデラート・カンタービレ (河出文庫) 文庫 – 1985/5

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,743
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

自分の所属している社会からの脱出を漠然と願っている人妻アンヌ。偶然目撃した情痴殺人事件の現場。酒場で知り合った男性ショーヴァンとの会話は事件をなぞって展開し、アンヌは情熱を、脱出への期待をしだいに意識化していく・・・・・。


登録情報

  • 文庫: 153ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (1985/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309460135
  • ISBN-13: 978-4309460130
  • 発売日: 1985/05
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 78,007位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
倦怠した日常社会からの脱出を願う人妻アンヌが、ある情痴殺人事件をきっかけに、内にこもっていた情熱に気づき、その開放を求めはじめるのです。この本には、愛と死、いっけんちぐはくにみえる会話、しかしその行間にあふれる沈黙の複雑な奥行き、ひそみよる狂気…といったデュラスのエッセンスがあふれており、わたしはこの本によってデュラスの世界にはまりました。現代人の内面の決裂を鋭く追究した、くりかえし手にとってしまう一冊です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 夜半の月 投稿日 2005/4/29
形式: 文庫
とても好きな本です。
全体が生の倦怠に満ちあふれている。主人公ははたから見ればとても幸せなひとだろうに、生に倦みきって生きながら死んでいる。
現れた男は彼女の「生きている不安」をあぶり出しにきたような気がする。恋愛にはそういう面も確かにあると思う。
印象的だった場面は、息子がピアノのレッスンを受けている場面と、
パーティーの時、胸につけている花があまりに匂って、主人公が息苦しくなってくる場面。
まるで見てきたように焼きついています。
なんといっても、二人のこの会話に尽きます。
「あなたは死んだ方がよかったんだ」「もう死んでるわ」
読んでいる間、私の中でも「生の不安」が匂い立ってくるようでした。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
未読なら買いです。150ページかそこらの短い作品ですが、密度が濃くて何度読んでも楽しめます。解説にもありますが、ラストの「もう死んでいるわ」というアンヌの台詞が冒頭の女性の死につながり、間に挟まれたいくつものシーンが、星座を教えられてその形に見える瞬間のように繋ぎ合わされます。お勧めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 しおしお 投稿日 2008/10/24
形式: 文庫
読む人が読んでしまえば、長い期間に渡って、
しかも深刻な影響を受け続けるに違いない本です。
本が手元にあろうがなかろうが、同じことです。
一度読んでしまえば…それまで、です。

この本に書いてあることで、一番心に残っているのは、私の場合…
本自体よりも、その「あとがき」で著者がインタビューに応えている、その断片です。

著者:「…あれは、恋愛事件じゃなかった、性的な事件だった…殺されたいと願う女性、それを経験したの。…なぜ?なぜそれが平穏さを取り除いてくれたのかしら」
インタビュアー:「それが廻り全体、平穏さとの決別だったのですよ」

この本を初めて読んだのは、10年以上前のこと。
今でも、その言葉が時々浮かびます。

生と死と愛と…その陶酔、その哀しみ、そして歓び。
「こんなこと考えてたら生活できないよ」と思うその一方で、
「これがないと生きていけない」とも思う…
そういうことに、これ程までに、しかもこういう形で肉薄する本を―
少なくとも私は、他に知りません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ズバリ、大人の愛を陰翳濃く、じっくり描いており、読者の胸を高鳴らせながら読ませます。通奏低音のように怪(妖)しげな忍び足の音を響かせる恋愛小説。古いようでいて新鮮味を結構保っているように思えます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
超越的な官能小説である。
始めはアンヌとショーバンの会話はちぐはぐでズレている。なぜなら、事件に惹きつけられるアンヌの無意識と欲望の方が、ショーバンのそれよりずっと強いからだ。ショーバンはアンヌにひきずられ、分析して解説するが、やがて先行するまでになる。
ゆきずりの殺人事件の男女の愛の物語をかくも自在に想像=創造し、反復しながら変奏していくアンヌとショーバンの数日間の逢瀬の会話は、超越的なエロスの輝きに充ちている。
この過激な愛の小説を、アンヌとショバーンが殺人事件を想像の土台にしたように、恋人と一緒に少しづつ読み、会話の中心に据えてみることをオススメする。
ただし、その結果は保証できない、、、
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー