通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 太郎宮
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モテない女は罪である 単行本(ソフトカバー) – 2014/10/25

5つ星のうち 3.6 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 335

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モテない女は罪である
  • +
  • おそらく彼は「もう1度話し合おう(涙)」と来ます。 でも実は、「しばらくほっておいたら、どうにかなるだろ」と思っています。 - 男の本音を密告する「恋の男子更衣室」 -
  • +
  • なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)
総額: ¥3,204
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あなたは、いつまで愛されないという罰を受け続けるのか?

cakes(ケイクス)大人気連載、書籍化!
『絶望に効くクスリ』の著者が、“モテ"の絶対理論を語るコミックエッセイ。
面倒くさい女の共通点
男が逃げていく言葉
男が言われたい言葉第1位
恋が続かない女は何をしてるか?
…など、世の95%の男たちの心をわしづかみにするテクニックが満載!

出版社からのコメント

モテるためにお金はかからない――
時代は非モテに残酷です。いつの間にかこの国は「モテ度」イコール人間の価値とまでされてしまってます。モテない女は「罪人」扱いです。
僕は以前「男がモテるための漫画」を描いてました。「それなら女の人がモテるための漫画は描けないか?」と考えてみました。
男の僕からすると巷に溢れる「女のモテ本」は一部の男にしか通用しないうえに、やたらとお金がかかる策に見えて仕方ないからです。
「○○君すごいね」と言うだけで女の人は何割増しにも素敵に見えるからです。それが男という生き物なのです。
この本はメイクや髪形や合コンの席順などのモテ作戦ではなく、「ホントはこれに男はやられちゃうんだよ」という情報公開漫画です。はっきり言って「効果絶大」の情報満載です。(「まえがき」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 出版社: 大和書房 (2014/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4479670866
  • ISBN-13: 978-4479670865
  • 発売日: 2014/10/25
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ハウツー本やコラムが好きでよく読みますが、著者が男性の場合にありがちなのが基本上から目線。
それに対して山田さんは男性でありながら女性の味方であり、女性視点での考えを共感してくれたうえで「男心」を教えてくれます。
なので心にすんなり入ってくるんですねぇ。
さすが、女の扱いわかってます(笑)
恋愛で悩んだときに読み返したくなる一冊です!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本はおおくの女性の心に蔓延る「妬み」や「コンプレックス」、「トラウマ」によって卑屈になって面倒くさい荷物を抱えてしまったモテない女性の味方です。

普段絵を描かない私でも分かるほど上手いとはいえない絵と、シンプルな登場人物や設定により、かえって作者の伝えたい内容がすんなり頭に入ってきます。

たまたま美人に生まれただけで周りにもてはやされてモテてきた女性がいる一方、そうでない自分のようなその他一般(もしくはそれ以下の扱い)の女性がいる、男性においてもそれは同じ。世界は平等ではないのだ。

平等ではない世の中なのだから、この汚い心は自分のせいではない。

ならば、いっそ他人のせいにしちゃって、いつもにこにこ馬鹿みたいに笑っていればいい。そうすれば男はバカだから騙されるんだぜ。

ざっくりいうとそんな冒頭から始まる。

私は20代半ばの女性です。この手のモテハウツー本系は初めて買って読んでみましたが、この冒頭ではやくも救われたような気になりました。
思うところがあったのでちょっと長くなります。

思春期は、人それぞれ身体的・環境的などなど世の中の不平等を恨む気持ちとの折り合いの付け方がわからなくて苦しむひとが多いと、私は思います。わた
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tatsu 投稿日 2015/1/2
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
大爆笑でした。ちなみに当方40代男、作者と同じ。
男性が求める女性像。
まあ、いわゆる小さい女の子が白馬に乗った王子さまを求める心境と同じものを求めている事を暴露しております。
あまりにも薄く、情けない男の実情をあっさりと笑いと皮肉で包んで描いております。
でもこのテクニックを実行したら、大概の男性は落とせるのではないでしょうか?
まあ、落とした男が大したことないやつだった場合は、ポケモン男子(作品内登場、必要な時に呼べ出せば出てくる暇な男)にするなどの対策もあり、結構実用的なのかともおもいます。
女性側からの意見もお聞きしたいですねえ。
周りの3人の女性からは「そうかなあ?」という意見でしたが。。。
こういうテクニックを駆使して男を落としたことある人いるかもしれないなあとおもいます。
実際、私はそうやって攻略されて結婚しておりますからね(妻曰く)
モテナイと自認している女性はぜひ。男性も暇な方はお手にどうぞ、かなり笑えますw
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
男がそ~なんだ!そ~なんだ!と頷くためだけの本です。「すごいね~」って言ってほしいのは女も男も同じです。イケメンがいい美女がいいって口先だけで言うのは男も女も同じです。どちらも外見はともかく、自分を一番大事にしてほしい、ありのままを認めてほしい生き物です。デブでもブスでも、そういうことが言えるならモテる、と。ぶっちゃけそういう内容ですが。

いかんせん、そのような相手の話を聞ける人、適切な褒め言葉を言える人というのは頭が良く自分のメンテナンスが出来る人であり、結果的にデブでもなくブスでもないんですね。

かくして、いくらデブの男を褒めたり、話を聞いたりしても、彼らは自分がママに褒められるように、いつまでも自分に何かしてほしいしてくれる人を望み続けデブであり続ける。(女性もデブももちろん同じ精神構造です)

ならば、成長しないデブよりイケメンのほうがよほどましだ、という結論になります。これは、団塊の男が女性に世話されつづけ、褒められ続け、自分を一切成長させないで、今や老害と化しているのを見れば一目瞭然です。

褒められてこちらを向く男などいりません。なぜなら、女には子供を産んで育てる仕事があるから。子育てで忙しいのに、褒めてほしい認めてほしいオーラを出す男となど暮らしたくありません。自分を命がけで守ろうと
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー