通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
モチモチの木 (創作絵本6) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 book鳳
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー無し、表紙に目立たない小キズはございますが、書き込みはございません。(1頁づつ検品しておりますが、もし見逃しがあった場合はご容赦下さい)●記載ない限り帯・特典などは付属致しません。●迅速にゆうメールにて発送致します。ゆうメールには追跡番号は有りません。ご了承お願い致します。●発送に要する時間は遅くても翌日には発送致します。●注文後のキャンセルはご遠慮お願い致します。●発送時の梱包は簡易防水(ビニール袋)に封筒を予定しております。●領収書がご必要な場合は購入後、アカウントサービス→注文履歴を見るから印刷お願い致します。【F12】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モチモチの木 (創作絵本6) 大型本 – 1971/11/21

5つ星のうち 4.7 44件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,619 ¥ 1
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モチモチの木 (創作絵本6)
  • +
  • 花さき山 (ものがたり絵本20)
  • +
  • 半日村 (創作絵本 36)
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 131pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

豆太は、夜中にひとりでおしっこにもいけない弱虫。でも、大好きなじさまのために……。真の勇気とは何かを問いかける感動の絵本。

出版社からのコメント

心にのこるロングセラー名作絵本を「読みきかせ」「語りきかせ」用の大型絵本にしました。ビッグな絵本でビッグな感動! 圧倒的な美しさと迫力が伝わり、物語の楽しさが倍増します。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 31ページ
  • 出版社: 岩崎書店 (1971/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 426590906X
  • ISBN-13: 978-4265909063
  • 発売日: 1971/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 0.5 x 25 x 29 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,078位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
子供の時大好きだった本です。何度も立ち読みしていましたがついにまた買ってしまいました。ねしょんべんたれの男の子とじっさまの心温まるストーリーです。もちもちの木の実でつくおもち。いったいどれだけおいしいのか、いまだに想像力をかきたてられます。とにかく切り絵が美しい本。名作です。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
絵本が大好きだった子供の頃、数多く読んだ絵本の中でも印象深い斉藤隆介さんの本です。

繊細かつ大胆な切り絵のインパクトが今でも心に焼き付いています。

とくにモチモチの木は、教訓に満ちすぎる事なく、自分をだぶらせることのできる主人公の設定も手伝い、繰り返し繰り返し読みました。

3歳の娘にも読んであげたところ、よくわからない部分も多いようですが、切り絵に魅せられているみたいです。

切り絵という手法、先祖の時代の暮らしぶりを感じながらも古びることのないストーリー、大袈裟ですが日本語のわかる人間で良かったと思える本です。

手に取ったことのない方はぜひ一度!
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
弱虫豆太が主人公。でも、臆病な人間にも優しさがあれば、勇気はある。それも、自分のことそっちのけで。モチモチの木の幻想的な世界を通して、そのことがよく分かる絵本。この人の切り絵はホントに素晴らしい。内容の良さを際だてている。子どもにじっくり読み聞かせたい本。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 縦の寸法が45cmにも達する巨大な本がこれです。普通に売られている創作絵本シリーズ6の「モチモチの木」に比較すると1.5倍の大きさとなっています。この本は軽い視覚障害のある人や大勢の前で本を紙芝居的に読み聞かせるときなどに適しています。私はこの高価な本を買ったわけではありませんが、公共の図書館には目的を持った読者がいるらしくちゃんと置いてありました。本に書かれている内容は創作絵本版と全く同じなので下記にレビューを転載します。
 滝平さんの切り絵が美しい大型の本でとても読みやすく装丁されています。臆病な豆太が勇気を持って夜の道を走ることによってモチモチの木の光を見ることができたというのが主なストーリーです。昔の生活の一端をかいま見ることができるなど、歴史学的な資料価値も高く、近頃では小学校の国語の教科書にも取り上げられています。子供達が目にすることも多い文なのです。心理描写と行動のあり方という点で教育的価値も高いのではないかと思います。豆太のとった行動について親子で話をしながら想像力をふくらませていくのがいいかなと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 1971年の古い本。5歳の豆太は、「じさま」と二人暮らし。父は熊に殺されていない。豆太は臆病者で、ひとりでは夜にトイレにも行けない。とはいえ、庭まで出ていかなければならない昔のトイレだから、今の子の感覚でいえば全然臆病ってほどではないと思うが。
 家の前にはモチモチの木という大きな木があって、霜月20日には灯がともり、勇気のある子どもだけがそれを見ることができるという。
 ある夜、じさまは、激しい腹痛を起こす。慌てた豆太は夢中で夜の道を走って医者を呼びに行く。医者を連れて家に戻るとき、モチモチの木(トチの木)のうしろにちょうど月がでて、枝の間に星が光り、そこに雪が降ることで、モチモチの木が灯りが点いたように輝くのを豆太は目撃する。
 じさまは助かるのだが、あいかわらず、夜中にトイレには行けない豆太。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/5/16
形式: 大型本
この本は最高です。絵は子供には不気味に感じるかもしれないですね。でも実際、子供っていうのは大人とは違う感じ方をするものです。
この本で何が素晴らしいかっていうと、おじいさんと一緒に住む豆太が
成長すること、おじいさんを愛してること。それがある事件を通して
明確になることです。最近の絵本はいかにも「感動します」というのが
見え見えなものが多いけど、これは読み終わって初めて何かがわかるんです。
また、トイレは昔家の中になかったという生活様式を知ること、という指摘も的を得ていると思います。
モチモチの木を用いることによって人間(人間愛)をさりげなく表現している作者に大きく1票☆絵本が主張しすぎて読者が受身になるんじゃなくて、読者が絵本から何かを感じるような、そんな絵本が私は好きです。「モチモチの木」はそんな絵本です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す