この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モチモチの木 (ビッグ・えほん) 大型本 – 2002/2/25

5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,619 ¥ 327
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 172
大型本, 2002/2/25
¥ 29,223
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

137万部突破の感動のロングセラー絵本が、よみきかせ用の大判絵本になりました。勇気とやさしさをよびかける名作が迫力満点の美しい切り絵の世界とともに楽しめます。

出版社からのコメント

心にのこるロングセラー名作絵本を「読みきかせ」「語りきかせ」用の大型絵本にしました。ビッグな絵本でビッグな感動! 圧倒的な美しさと迫力が伝わり、物語の楽しさが倍増します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 31ページ
  • 出版社: 岩崎書店 (2002/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4265801048
  • ISBN-13: 978-4265801046
  • 発売日: 2002/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 3 x 45 x 53 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,743,882位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
この物語のいいところは、豆太がジサマを助けた後も、相変わらず甘えん坊のままで終わるところだ。
よくある児童絵本ならば、「それ以来、豆太は勇敢な男の子になった」というように、教訓的に終わるかもしれない。しかし、そういう結末は、子供をありのままに受け止める余裕のない大人の「身勝手な希望的結末」だとも言える。
真の自立には、依存が不可欠だ。河合隼雄氏がこのことを明快に論じておられるのを見つけた時、胸のすく思いがした。
「自立とは、実は、依存を排除したところにあるのではない。十分な依存の裏打ちがあってこそ、そこから真の自立が生まれ出てくる。
子供を甘やかすと自立しなくなる、と思う人もいるが、確かにこの時、親の方が自立していない場合は、子供の自立を妨げることになる。
親が自立的であり、かつ子供に依存を許すと、子供はそれを十分に味わった後は、勝手に自立する。」
豆太は、ジサマを助けた後も、弱虫で甘えん坊だった。そんな豆太を、ジサマは丸ごと受け止め、信じ、愛した。
だからこそ、豆太は、オトウやジサマのように、たくましく優しい若者に育ったに違いない!と思うのだ。 豆太は、村一番の勇敢な猟師になったかもしれない。
豆太は「本当の自立は依存に裏打ちされている」ということを、自分の体験から知っている。
だからこそ、
...続きを読む ›
1 コメント 291人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
子供の時大好きだった本です。何度も立ち読みしていましたがついにまた買ってしまいました。ねしょんべんたれの男の子とじっさまの心温まるストーリーです。もちもちの木の実でつくおもち。いったいどれだけおいしいのか、いまだに想像力をかきたてられます。とにかく切り絵が美しい本。名作です。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
絵本が大好きだった子供の頃、数多く読んだ絵本の中でも印象深い斉藤隆介さんの本です。

繊細かつ大胆な切り絵のインパクトが今でも心に焼き付いています。

とくにモチモチの木は、教訓に満ちすぎる事なく、自分をだぶらせることのできる主人公の設定も手伝い、繰り返し繰り返し読みました。

3歳の娘にも読んであげたところ、よくわからない部分も多いようですが、切り絵に魅せられているみたいです。

切り絵という手法、先祖の時代の暮らしぶりを感じながらも古びることのないストーリー、大袈裟ですが日本語のわかる人間で良かったと思える本です。

手に取ったことのない方はぜひ一度!
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
弱虫豆太が主人公。でも、臆病な人間にも優しさがあれば、勇気はある。それも、自分のことそっちのけで。モチモチの木の幻想的な世界を通して、そのことがよく分かる絵本。この人の切り絵はホントに素晴らしい。内容の良さを際だてている。子どもにじっくり読み聞かせたい本。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
昔話風なお話。

夜、一人でトイレに行けない臆病者の豆太。豆太はじいちゃんと暮らしています。家のそばには「モチモチの木」と名付けた大きな木があり。昼間はいいけど、夜はその木が怖い。まるで自分に襲いかかってくるようで怖い。だからいつも、トイレの時はじいちゃんに来てもらってます。

そんなある日の夜。急に苦しみ出したじいちゃん。じいちゃんを助けるためにお医者さんを呼びに、豆太は外へ駆け出します。

怖い。怖い。夜も怖い。木も怖い。足は冷たく、切れて血が出て。でも、それでも豆太が何より怖いのは、じいちゃんがいなくなってしまうこと。

それに比べたら他のものなんて怖くもなんともなく。人が強くなるには何が必要なのか。孤独だから強いのか。愛されてるから強いのか。守るものがあるから強くなれるのか。

絵が凄いです。太く、強大な圧力を持った闇と、そこに浮かび上がる、脈打つような人間の生命の力。そんなものを感じさせてくれます。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 縦の寸法が45cmにも達する巨大な本がこれです。普通に売られている創作絵本シリーズ6の「モチモチの木」に比較すると1.5倍の大きさとなっています。この本は軽い視覚障害のある人や大勢の前で本を紙芝居的に読み聞かせるときなどに適しています。私はこの高価な本を買ったわけではありませんが、公共の図書館には目的を持った読者がいるらしくちゃんと置いてありました。本に書かれている内容は創作絵本版と全く同じなので下記にレビューを転載します。
 滝平さんの切り絵が美しい大型の本でとても読みやすく装丁されています。臆病な豆太が勇気を持って夜の道を走ることによってモチモチの木の光を見ることができたというのが主なストーリーです。昔の生活の一端をかいま見ることができるなど、歴史学的な資料価値も高く、近頃では小学校の国語の教科書にも取り上げられています。子供達が目にすることも多い文なのです。心理描写と行動のあり方という点で教育的価値も高いのではないかと思います。豆太のとった行動について親子で話をしながら想像力をふくらませていくのがいいかなと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す