モスラ対ゴジラ【60周年記念版】 [Blu-ray... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

モスラ対ゴジラ【60周年記念版】 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,691 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,385 (27%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,691より 中古品の出品:1¥ 8,700より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • モスラ対ゴジラ【60周年記念版】 [Blu-ray]
  • +
  • 三大怪獣 地球最大の決戦 【60周年記念版】 [Blu-ray]
  • +
  • キングコング対ゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]
総額: ¥11,308
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 宝田明, 星由里子
  • 監督: 本多猪四郎
  • 形式: Color, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2014/06/18
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00ISOKUHS
  • JAN: 4988104850010
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,635位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

モスラとゴジラが死闘を繰り広げるシリーズ第4作。南海の孤島・インファント島から巨大な卵が日本に漂着。やがて島から小美人が卵を返して欲しいとやって来る。一方その頃、復活したゴジラは名古屋に上陸し…。“「ゴジラ60周年記念」キャンペーン”。

内容(「Oricon」データベースより)

日本に漂着した巨大な卵を発端に、善の守護神“モスラ”と破壊獣“ゴジラ”の空に地に展開される壮絶な戦いを描いたSFアクション。宝田明、星由里子ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 SIN 投稿日 2016/8/11
Amazonで購入
映画館で初めて見た思い出の映画です。画質が良く新しい発見があります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
初期に傑作が多くて、オリジナルを越えるのは難しいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
東宝のゴジラシリーズは、はっきり言って「サンダ対ガイラ」以外、ほとんど、DVDと比べて、格段にいいかというと、期待はしない方がいい。とくに、ブルーレイ化したといっても、リマスターしたわけでもないようだし、オリジナル版に関してみると、全体的に古い映画だと言うことを割り引いても、画面が揺らいだりして、綺麗になったという印象はない。部分的にはラストのシーンは、やっと観るべきところもあったかな、という程度か。保存用としてとりあえず、揃えておく、というくらいの気持ちで観た方がいいかな、と。
皮肉なことだが、特典として収録された1980年再公開版の方は、画質的にはオリジナル公開版に比べてずっと満足するものだった、という結果になった。残念ながら、こちらは、短縮版なのですが・・「キングコング対ゴジラ」は、最近になって、流通しているブルーレイより良いものが放送された、という情報もあって、出来たら、順次、リマスターされたものをリリースした方が、喜ばれるかもしれないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
東宝という会社はいつから儲け優先、売れれば何でも・・・的な体制になってしまったのか。
明るく、楽しい 東宝映画。
本作品を含め東宝特撮の田中Pは、
良質な映画、楽しい映画を追求した、その社風もいまは遠い昔。
作品が良いだけに今回の60thエディションも画質、音質ともにあまり期待はできない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
最新作「シン・ゴジラ」のブルーレイ発売日決定を記念して、私の順位的には3位の本作を購入しました。ちなみに、個人的なゴジラ映画ベスト3は、初代>シン・ゴジラ>本作となっております。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
海岸に漂着した巨大な卵と、突如現れたゴジラをめぐる話。

映画「モスラ」の続編であり、「ゴジラ」シリーズの4作目でもある作品。
ただ、予備知識はほとんど必要なく、
今作だけを観てもストーリーの理解には問題ない。

金に執着した人間の姿を題材にしており、
いろいろな土地が開拓されていた時代背景を匂わせる。
ゴジラが人類に対する脅威として描かれる一方で、
モスラに関しては怪獣でありながら独特の扱われ方をしているのが面白い。
また、モスラに仕える双子の小人(小美人)の言動が素晴らしい。

1964年の作品だが、特撮面でも映像面でも古さを感じず、
起伏のあるストーリーにのめり込んで観ることができた。
テンポがよく、退屈させない筋書きで、
「ゴジラ」シリーズの中でもオススメの一作。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
自己ベスト「昭和ゴジラ」の中では二位の作品です。
(一位は一作目の「ゴジラ」、こちらはもはや別格レベル)

次回作の同年公開(1964年)の「三大怪獣地球最大の決戦」
からゴジラは昭和ゴジラ最後の作品「メカゴジラの逆襲」までずっと
(善)ゴジラになります。
なので「昭和のダーク(悪)ゴジラ」本作が最後になるという
意味でも、とても重要な作品だと、自分は思っとります!('▽`)

さりげなくいつもの「海」からではなく、開発地(?)の地面の中から出現
するゴジラも名シーン(とても貴重)。
(フィギュアなんかでもこの時のゴジラの出現シーンがそのまま
ジオラマになってるバージョンがある程)\(◎o◎)/!

このゴジラとモスラの戦いは、ゴジラ映画の中でも屈指の
名バトルだと思いますねぇ。

モスラもラドン同様、立派に「モスラ」(1961年)で
主役デビューしている怪獣だし、タイトルもモスラの方が
先になっているのも、恐らく「モスラ親子の二世代に渡る戦い」
がメインである為でしょうね。

親モスラVSゴジラの戦いは我が子を守る為のモスラの
必死さが伝わってくる名バト
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。artificial intelligence