この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モジャ公 (1) (小学館コロコロ文庫) 文庫 – 1995/9

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

遠い星からやってきたモジャラとドンモにつれられて空夫少年は宇宙へ家出することに。藤子・F・不二夫先生の発想豊かなSF長編の傑作です。


登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091940331
  • ISBN-13: 978-4091940339
  • 発売日: 1995/09
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,776位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
大御所藤子・F・不二雄が自らが楽んで好きなようにSFギャグ漫画を描いたら、こんなにも面白くなってしまうのかと狂喜せずにはいられない名作。現在容易に入手できるのはこの文庫だけだが、是非多くの人に読んで欲しい。内容が濃くややキツいところもあるので大人にお勧め。特に哲学的な内容を含む2巻の方が多くの人にとって面白いかもしれない。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
数多くのハリウッド映画(監督)が日本のマンガの影響を少なからず受けている事実については今更ディズニーやタランティーノを引き合いに出すまでもないだろうが、この作品の主人公、少年・モジャ公・ドンモの組み合わせからルーク・R2・3POを容易に連想することができるし「アステロイド・ラリー」の回での航法のアイディアについては、多くの人がまんまスターウォーズの1シーンを思い出すに違いない。
また「恐竜の星」のプロットはまさにジュラシック・パークそのもの。
もちろん、古典的なスペース・オペラやSFについては相似性を語ることすら無意味なこととも言えるが、この作品が60年代後期に執筆されたことを考えればその先見性は賛嘆に値するし、その後の数多くのSF作品に何らかの影響を与えたと考えても間違ってはいないのではないだろうか。
いくつかのバージョンで出版されているが現在潤沢に入手できるのはコロコロ文庫版のみであろうか。
他に中公愛蔵版があるがコミックスであれば2~3巻となるものを一冊にまとめているしF先生による解説も収録しているのでコストパフォーマンスは決して低くはないと言えるだろう。
しかし全ての版において未だ未収録のエピソードがあることも知られている。
未収録のエピソードも収録した形での完全版出版を切に願う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FSS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/8/1
形式: 文庫 Amazonで購入
異色短編集などに見られる、藤子・F・不二雄氏の持つダークな一面を備えたドタバタSFアドベンチャー。

モジャラとドンモに連れられて、地球人・空夫が宇宙冒険旅行に出発する。トリオで宇宙を旅したり、その先でエラい目に遭ったりするという設定など、「21エモン」に酷似している部分も多いが、単なるドタバタコメディに終わらず、「宇宙人と地球人のカルチャーギャップ」がとんでもない事態を招いていくというプロットが中心軸にあり、そこに価値観の相対化や科学文明への警鐘といったテーマが皮肉やブラックユーモア混じりに強調されている。

子供の頃に単行本で持っていたが失くしてしまったので購入。こういう隠れた名作が文庫版で復刊されて気軽に買えると言うのはありがたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tokyo Ojisan 投稿日 2013/10/20
形式: 文庫
こんなに楽しくて、でも考えさせる漫画があっただろうか?40年以上前に子供向けにだされたものとは思えない新鮮で濃い!傑作です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック