中古品
¥1
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 本の状態「非常に良い」の内容につきましてはアマゾンが定めるガイドライン規約の3つの項目の範囲に従っております。メール便にて発送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


メールマガジンの楽しみ方 (岩波アクティブ新書) 単行本 – 2002/10/4

5つ星のうち4.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
¥1
お届け日 (配送料: ¥256 ): 9月24日 - 26日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

メールマガジンの楽しみ方
定年退職をした元農業雑誌の編集者が74歳にしてメールマガジンの発行を始めた。本書ははその経緯と現状を自らの手でまとめたもの。本人にも予想できなかった反響を呼び、さまざまな人々を結びつけていく様子は読んでいて快い。年齢を言い訳にパソコンを放置している人、あるいはそんな人が身内にいる人は読んでみよう。パソコンもネットも、「まずは利用しよう」という意識が大事だということが実感できる。

著者が、パソコンに触りだしたのは67歳の時。最初はワープロ、DTPとして利用していたが72歳からはネット利用を始め、74歳でホームページを開設し、メールマガジン「電子耕」の発行を開始した。さすがは元編集者というべきか、それぞれの利用にあたって最初に明確な方針を立て、入念な準備をするあたりは色々と参考になる。ホームページは「自分とはこういう人間であるという明確な存在意識の表現」と明解に定義してみせるし、メールマガジンでは「誰のために何を表現するか」を最初に考え抜き、協力者を募ってから開始する周到さを見せる。

そうして発行したメールマガジンは、当初の思惑を超えて読者相互のコミュニケーションを生み出していく。中高年の自殺、若者の進路相談、国旗・国歌問題、そして、本人が骨髄腫という難病を患ったことを公表したあたりから、メールマガジンの性格が「誰かのために発行する」から「出すことによって読者に自分がはげまされる」ものへと変わっていく。

これはおそらく最も幸福なネット利用の実例だ。インターネットは決して暗黒面だけではないのである。自分もまた、このようにネットと付き合っていきたいと思わせる。

( 松浦晋也=ノンフィクションライター)
(日経パソコン 2002/12/09 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

著者からのコメント

著者公式サイトに詳しいご案内があります。 著者公式サイトを是非ご覧ください。

◇本書の特徴
 メルマガの最高齢発行人としてNHK教育テレビで紹介され、マスコミでも注目されている著者(77歳)によるメルマガ発行入門。

 創刊までのいきさつ、コラムのネタ探し、思いがけない反響など、「こんなに楽しいものはない!」という魅力的な体験を語る。
 誰でも気軽にできる実践的なノウハウも紹介。

この本は「最高齢のメルマガ発行人」としてマスコミで注目を集めた77歳の著者によるメルマガ入門です。メルマガを発行するというのは、難しそうに思われるかもしれませんが、やってみるととても簡単! だれでも気軽に楽しめます。

 職場で100歳になる図書館長の秘書をしていることを発端として、74歳でメルマガ発行を始めた原田さんは、「こんなに楽しいものはない!」とメルマガに魅了されています。自分の書いたコラムが大きな反響を呼んだり、一般のメディアでは知らされない「裏情報」を知らされたり、病気になったときに読者から励まされたり・・・。

 自宅にいながらにして世界中の人々と交流でき、高校生から高齢者まで幅広い世代の人とも意見交換をできるメルマガは、若い人はもちろん、シニアにもとてもよいコミュニケーション手段です。
 本書を読んで、ぜひメルマガを発行してみてください!

◇目次
1 メルマガを発行したい(100歳の図書館長を世界に!)
2 好奇心と伝えたい気持ちで読者1800人を獲得
3 読者の反響で元気をもらう
4 思いがけぬメールいろいろ
5「主張したい」から「励まされる」存在に(ガン告白から)
6 好まれるメルマガの条件(双方向・継続の工夫)
7 誰でも作れるメルマガQ&A
8 いかに生き、楽しむか

◇著者:原田 勉 (はらだ つとむ)プロフィール

略歴 一九二五年 熊本県本渡市生れ、天草農業学校卒、仙台航空予備士官学校在学中に敗戦、一九四八年東京農林専門学校(現東京農工大学農学部)卒。
日本農業新聞を経て(社)農山漁村文化協会(農文協)に勤務。雑誌編集・映画制作・出版などを経験して理事。現在農文協図書館理事。

関係団体:山崎農業研究所図書出版顧問。劇団文化座友の会副会長。東京農工大学日中友好会常任顧問。internet SOHO なずなコム顧問。日本骨髄腫患者の会会員。
著書『評伝・岩渕直助-農文協五十年史』。


登録情報

  • 発売日 : 2002/10/4
  • 単行本 : 154ページ
  • ISBN-10 : 400700045X
  • ISBN-13 : 978-4007000454
  • 出版社 : 岩波書店 (2002/10/4)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 2個の評価