再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか?

メンデルスゾーン:無言歌集

5つ星のうち3.0 1個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, 2005/4/20 1枚組

メガジャケストア
メガジャケは、CDに24cm x 24cmの大きなジャケットがついてくる、Amazon.co.jp限定特典です。好きなアーティストのジャケットが、大きなサイズで大迫力。手元に置いてながめたり、部屋にかざったり、楽しみ方はいろいろ。 ⇒いますぐチェック

Amazon の メジューエワ(イリーナ) ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

商品の説明

メディア掲載レビューほか

メジューエワは、その細い腕と相貌からは想像もできないようなフォルテシモの苛烈な打鍵で好みが別れる演奏家かもしれない。たとえば「狩の歌」では、遠く近く角笛の谺する牧歌的勇ましさを増幅し、ややヒステリックな血の滴る猟場の惨劇に近づく。とはいえこの盤は、時に体格的な無理を承知でピアノに挑みかかる姿より、彼女らしい弱音の瑞々しい響きに満たされているのが強みだろう。85-4、67-1や102-4では優しい分散和音を大切に響かせることを忘れないが、19-1、102-1あたりの極甘な旋律でも客観的な醒めた目を失わない。53-4の寄せては返す波音のような感情のうねりや、闇雲に突っ走らずにやさしく切り出す「紡ぎ歌」の主題の響きなど、聴くべき点は多い。「厳格な変奏曲」では、技巧的な変奏やコーダのストレートな迫力はもとより、三連符のフィギュレーションの第8変奏から、フガートを挟んで無言歌的な響きを持つ第11変奏あたりの中盤や、第14変奏のアダージョも印象的である。 (川田朔也) --- 2005年05月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

久しぶりに聴いたけれども、音楽が深化しているなあ。音楽を少し作りすぎているようなところがあったけれど、抑制された表現美を身につけた。さっと生の感情が顔を出す曲もあるが、全体にとても美しい。曲自体の性質もあるが、やはり、一回り大きくなっている。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 100% (100%) 100%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。