¥1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
メンタルZ 「無敵のマインド」を"科学的"につく... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

メンタルZ 「無敵のマインド」を"科学的"につくる 単行本 – 2019/7/13

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/7/13
¥ 1,404
¥ 1,100 ¥ 2,199

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

オックスフォード大学、スタンフォード大学、イェール大学…世界最先端の研究を収録!
月間1500PVのモンスター個人メディア「モチラボ」運営者による衝撃のデビュー作。
仕事・人間関係・ストレス・SNS疲れ・目標達成・お金
人生のあらゆる悩みに効果バツグン。
「自分ってメンタル弱いのかな」と感じるすべての人にオススメ!
本書は、「しなやかな心」の科学的な作り方に迫った本です。
実力が並でも、萎縮すると10に、調子に乗ると100になるのが人間。私たちは普段、自分が持つ潜在能力の5-10%しか使っていないと言われています。逆に言えば、使えていない残りの90-95%を、ほんの少しでも使えるようになれば、今よりたくさんの成果が軽々と出せるようになります。
つまり、世の中は「実力=人生の成果」という単純なものではなく、「実力×【?】=人生の成果」という方程式で動いているのです。
この【?】を探るためのキーワードは「心」。どこにいても、何をしていても、そこにあるのはあなたの「心」です。WEBメディア「モチラボ」で、人の生き方に関する記事を発信し続けている著者と一緒に、心理学的に【?】の謎を解き明かしていきましょう。

●目次
はじめに…「メンタルが弱い」と悩んでいるすべての人へ

第1章 9割の人は間違った思い込みで人生損している
★私たちが普段使っているのは 能力のわずか5%
―「実力×【?】=人生の成果」の【?】が、自分を活かし切る秘訣
★人の可能性を殺す「エレファントシンドローム」とは?
―失敗を積み重ねた子象は、オトナになっても挑戦できない
★自分の可能性を狭めるメンタルブロック
―なぜ、人は「いつもと違うこと」を恐れるのか
★メンタルブロックが外れるとどうなるか?
―瀕死の息子を助けるため、350㎏の車を持ち上げた母の話
★「不可能」を「可能」にする人のマインドとは?
―「自分にはできない」の9割は思い込み
★失望を避けたい気持ちは トクしたい気持ちより2・5倍も強い
―「損失回避の法則」に自覚的になろう
★傷つきたくないから何も望まなくなる心理
―コイン投げゲームで明らかになった「自己欺瞞」の罠
★「セルフイメージ」通りの人生が作られる
―なぜ、自己イメージをなぞって「自分」はできあがるのか?
★「根拠のない自信」を大事にすべき論理的な理由
―「正しく思い上がっている人」だけが、行動できる

第2章 サイテーと最高は紙一重 世界が変わる「ポジションチェンジ」
★「ラベリング」次第で世界は一変する
―楽観的な人と、悲観的な人の些細な違い
★「前向き」な姿勢が「心に良い」ロジカルな理由
―「あら探しの達人」から「いいところ探しの達人」へ
★人生シナリオを生み出す4つの「ライフポジション」
―マトリクスで自分の「ポジション」を推し量る
★思考のクセを変え、世界を変える心の「ホームポジション」とは?
―人生における「J」と「F」を意識せよ
★「幸せな人」に共通して見られる際立った特徴
―「人生の免疫」をサクッと上げる医学的な方法
★天国と地獄を分ける 最適な人生の解釈法
―無意識なポジティブ思考を意識的に変える

第3章 2つの心理エネルギーを使い分けて人生を劇的にうまく回す
★「心理エネルギー」の仕組みを力学的に意識する
―人間のエネルギーの仕組みをハイブリッド車に例えてみた
★「恐れ」からエネルギーを生み出す「ブラックエンジン」
―テストの「一夜漬け」を続けると「ガス欠」が起きる
★「喜び」からエネルギーを生み出す「ホワイトエンジン」
―「楽しむ」精神は「パイの奪い合い」にならない
★成功する人は2段階のブースターを使い分ける
―初動「ブラック」→惰性「ホワイト」が最強
★人生の状況に応じた最適な「心の筋トレ」法
―瞬発力のある心、継続力のある心のエネルギー源は異なる
★「緊張」と「リラックス」を両立させる考え方
―陰と陽、2つのエネルギーで自分を活かし切る
★マーケティング的に「ちょうどいい不安」を考察した結果
―なぜ社会は、恐れや不安を煽るメッセージで溢れているのか?
★このまま誰かの期待に応える人生でいいのか?
―「〜ねばならない」から「〜したい」へのシフト法
★「いつでも楽しめる人」の超シンプルな考え方
―手段にのめり込んで、本来の目的を見失っている一例
★人生で「本当に大切なこと」は「問題解決モード」で挑まない
―空回りにならない「頑張り方」は意外とカンタンだった

第4章 自分の「強み」に集中すれば能力は12.5%高まる
★嫉妬しがちな人が 必ず身につけるべき思考法とは?
―「世界一有名なビーグル犬」は「配られたカード」で勝負する
★優等生に難なく打ち勝つ「一点集中法」
―欠点を克服しても稼げない理由
★生産性をグッと高める グローバル水準の仕事のノリ方
―強みを活かし合えるチームの精神的特徴
★「強み」を発揮できる人が持っている意外な共通項とは?
―「下りエスカレーターを駆け上がる人」にありがちな心理傾向
★成長する人が「好き」にこだわらない 思いがけない理由
―「好きなこと探し」は時間の浪費につながりかねない
★「強み」を生かせる人はいつも「引き算」で考える
―「アレもコレも欲しい」から「アレとコレは要らない」へ
★自分を活かすヒント 3つの思考的とっかかり
―「強み」とは「磨き上げた個性」である

第5章 目標がない人のためのシンプルな「目標設定法」
★夢や目標を持つことが大切といえる 合理的な理由
―カンだけで山登りをするのは超リスキー
★不満を語る人が陥りがちな悪循環思考
―努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る
★目的意識を持つと満足度は1・7倍アップ 統計学が明かした真実
―1万2000人の追跡調査で判明したこと
★やらされ感をなくす イェール大学流「ジョブ・クラフティング」
―「退屈な仕事」を「意義ある仕事」に変えるコペルニクス的転回法
★自分の仕事が「つまらない」と感じたら まず考えるべきこと
―成功していて幸せな人の共通点
★下手な目標設定は心理学の見地からもオススメできない
―いたずらな失敗は「負のセルフイメージ」を招くこともある
★モチベーションを劇的に上げる 3つの究極の質問
―大切なのは、目標と感情を結びつけること
★マズローの欲求5段階説で「SNS疲れ」は説明できる
―大多数は「第四段階」で悩んでいる
★「自分が本当に望んでいるもの」は マズロー的スクリーニングでわかる
―一番やっかいな「上の階層にいるフリ」
★大きな目標を達成する「スモールステップ法」
―脳に達成感を与える小分け技術
★いつも目標を達成する人が活用しているKPI的な仕組みとは?
―人生に必須な「計器飛行」発想
★やり抜く力「GRIT」の重要性
―ペンシルベニア大学が明らかにした「知能」より大切なこと

第6章 心の「ゴミ屋敷化」を防ぐ 思考と感情の整理術
★情報過多時代に必須の 思考と感情の「断捨離」
―不要なものを捨てるスキル
★思考の60%以上は「どうでもいい雑念」だった
―DMN理論が明らかにした「考えすぎて疲れる」への処方箋
★「変えなきゃ! 」と思うことに潜む 予想外の罠
―米国の依存症克服プログラムに学ぶ思考法
★ゴミ思考を排除できる人が 日常的に行っていることとは?
―嫉妬、妬み、怒りは不幸への片道切符
★批判や悪口から身を守る 賢人の処世術
―好ましくない人間関係からの脱出法
★負のエネルギーは受け取らないと決める
―「反応する」ということは「同じ土俵に上がる」も同然
★なぜ、親しい人ほど「ドリームキラー」になるのか?
―妥協も諦めも最後に決めるのは自分
★善人の仮面を被って人を変えようとする人々
―「あなたのためを思って」には要注意
★エネルギー消耗を驚異的に減らす 人間関係の「断捨離」
―「切り捨て」ではなく「卒業」と捉える
★時間とは人間が持っている「限られた資源」
―自分らしく生きる人はNOを言う
★「時間と感情の浪費」を避けて 自分らしく生きていく方法
―人との衝突を怖がらなくなる考え方とは?

第7章 不確実な未来をサバイブする心理学的スキルとは?
★進化論的な見地から見て「これからの時代」を生き残る人
―「強く賢き者」より未来をサバイブできる人の資質とは?
★20年後、47%が職を失う? オックスフォード大学が予測した衝撃の未来
―AI研究の専門家から学ぶキャリアプラン
★スタンフォード大学教授が提唱した 偶然をチャンスに変える5つの行動指針
―努力しつつも、最後は「なるようになれ」が一番?
★欧米企業で「学歴」や「スキル」より重視されることもある心理基準
―折れない心「レジリエンス」の身につけ方
★心理実験でわかった「心が折れない人」の共通点
―レジリエンスの低い人が、よく口にする言葉とは?
★「失敗は成功のもと」は体育会系の「脳キン」ワードにあらず
―元リクルート幹部による「PCMDA」理論
★「ピンチはチャンス」を論理的に解剖する
―ディズニーやアップルの創業者だって「元・落伍者」
★困難に直面したとき 心の真価が問われる
―成功者は逆境をバネに飛躍する

おわりに…自分のマインドをアップデートしていく

内容(「BOOK」データベースより)

“?”の謎を心理学で解き明かす知の旅へ。オックスフォード大、スタンフォード大、イェール大…世界最新の研究収録。月間1500万PVのモンスター個人メディア「モチラボ」運営者、衝撃のデビュー作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: ぱる出版 (2019/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482721185X
  • ISBN-13: 978-4827211856
  • 発売日: 2019/7/13
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,658位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2019年7月14日
Amazonで購入