通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
メルヒェン (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

メルヒェン (新潮文庫) 文庫 – 1973/7/3

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1973/7/3
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メルヒェン (新潮文庫)
  • +
  • 知と愛 (新潮文庫)
  • +
  • デミアン (新潮文庫)
総額: ¥1,653
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • 文庫: 199ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1973/7/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102001174
  • ISBN-13: 978-4102001172
  • 発売日: 1973/7/3
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,554位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2003/2/9
 「アウグスツス」という冒頭の短編だけでも読むに価します。人々から愛されることより、人々を愛することの大切さを、とても平易な童話のかたちで提示してくれています。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もしもたった一つどんな望みでも叶うのだとしたら。あなたは何を願うでしょうか?

お腹一杯美味しいものを食べたいという小さな願いをかける人もいるかもしれません。よくよく考えてたくさんのお金が手に入ればと思う人もいるかもしれません。また誰よりも大きな力や誉が欲しいという人もいるのではないでしょうか。
なにが本当の幸せなのかは人それぞれですし。なにを望むのが正解とか不正解はないかもしれませんが、こう願う人は多いのではないでしょうか。

「愛されたい。本当の愛が欲しい。」

もしかすると、先ほどあげた願いはすべてこの一言におさまるのではないかと思えるほど。愛されるとは誰もが求める永遠の幸福かのように見える時があります。
だからアウグスツスの優しい母は、息子のためにこう願いをかけます。

『みんながお前を愛されずにはいられないようにと』

この願いは子供を案じる親にとってなにより素敵な贈り物のように思えました。
でも物語は悲しい道をたどります。
誰からも愛されるということはアウグスツスに傲慢さと、非情さと、寂しさを与えただけでした。それは本当の愛ではなかったからです。
誰もがかれを愛し、誰もがかれの愛を求めましたが、かれは誰をも愛せませんでした
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ニラン 投稿日 2003/3/4
メルヘェンという題名から、童話のような話の内容をイメージするが、内容はヘッセらしく、「生きる喜び」、「芸術探求と孤独」、「自己と使命との一致」などをテーマとしている。小説は全9編あり「アウグスツス」「詩人」「ファルドム」などヘッセが若い頃に書いた作品が多い。私は「詩人」という題の話を読んで、一生をかけて詩人の術だけを求め続け、極めた詩人の心にどこか空しさと切なさがある事を思い、私にそんな事を思わせるヘッセ小説の良さを感じた。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
短い創作童話がまとめられていますが、冒頭の一編、「アウグスツス」だけでも読む価値は十分にあります! 「誰からも愛されます様に‥」彼の母親の願いが大きく彼の人生を変えてしまう事に‥。他人から愛される事の喜びと悲しみ‥短い童話の中に考えさらせれる事が沢山あり、感銘を受けました。特に終わりの、アウグスツスが人生の最後に暖炉で妖精達が飛んだり、美しく踊ったりする様を眺めながら息を引き取る場面は思わず涙が止まりませんでした! おごった心では妖精達は見えないんです!人生の最後にアウグスツスは幼い頃の純粋な心を取り戻し、不思議な老人に看取られ天に召しました。 仕事などで疲れた時、つらくなった時にいつもこの作品の終わりの、あまりに美しい場面を思い出します。…本当に心が洗われるみたいです! まだ読まれていない方々は短い童話なので是非とも読んで下さい。本当に感動的ですよ…!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happy sad 投稿日 2004/10/31
 ヘッセのロマン主義的な匂いに対し、年齢と共に冷めていくのは百も承知ですが、それでも彼の特筆すべき点は文体の綺麗さ。水晶の様な澄んだ言葉達。文学者というより詩人として魅力を感じます。
 苦悩めいた話や、葛藤というものは話としては大変ありがちで、それを文章化する際に、創造力を感じる事は多くはありません。ですが、それらをメルヘンとして再構築した際の美的感覚が、作者の能力を証明している様に思えます。傷つきやすい少年少女のための童話集。エリオットスミスを聴きながら、読んでみてください。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
中学校のとき、尊敬する担任の先生が道徳の時間に読んでくれて、鮮烈に心に残りました。
愛されることを望むよりも、自らが人を愛することのできる人間になれることの大切さを、強く刻みつけてくれる作品です。
息子は今まだ6歳ですが、理解できそうな年齢になったらぜひ読ませたいと思っています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
嘗て人文書院から出ていた作品集で読んで、ずっと心に残っていた短編集を再び読んだ。手軽な価格の文庫本はある意味ありがたい。「あやめ」が最高。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告