この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

メラニー・クライン入門 (現代精神分析双書第II期) (日本語) 単行本 – 1977/10/15

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥8,066 ¥1,419

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

フロイト以降,精神分析理論が発展するなかで,とりわけ重要な役割をはたしたメラニー・クライン。本書では彼女の初期の業績から始まり,「妄想的-分裂的態勢」「羨望」など,その重要概念を入門的に解説する。また訳者による解題や索引も充実。邦訳の刊行から数十年を経てなお読み継がれる必携のロングセラー。

本書は1960年Melanie Kleinの死後4年たった1964年に,著者H.SegalがPsychoanalytic Instituteのcandidateたちに講議したノ ートを基礎にして作られたものであり,それだけに系統的に理解しやすいようにまとめられている。Kleinの原著には,年代的にさ まざまな思考の発展があるために,ひとつふたつの原著を読んでも,なかなかKlein理論の全貌を 整理した形で把握しにくい。そ の点,本書はたんにKlein入門書としての意義をもつだけでなく,対象関係論の入門書としても,基礎的な教科書のひとつであると考える。Melanie Kleinの業績の源泉がS.Freudにあること,また彼女の仕事にはS.Freudを超えた,新たな側面を含んでいて,それがその後のKlein学派や対象関係論へと発展していったことは事実である。Melanie Kleinが,S.Freudから受継ぎ,さらにS.Freudを超えていってKlein学派の基礎を作った諸点について要約する。

著者について

訳者略歴
岩崎 徹也
1935年東京に生まれる。1959年慶大医学部卒業, 医学博士。1969年~1972年メニンガー記念病院およびトビカ精神分析研究所に留学。1979年~2000年東海大学医学部精神科教授。専攻精神医学,精神分析学。現職日本橋学館大学人文経営学科教授,東海大学名誉教授。
著書
専門医のための精神医学(編著,医学書院)現代精神医学大系(分担執筆,中山書店)精神医学事典(分担執筆,弘文堂)精神分析セミナー全5巻(編著,岩騎学術出版社)その他研究論文多数
訳著
K. メニンが一著「精神分析技法論」(岩崎学術出版社)


出版社より

フロイト 精神分析 転移 対象関係 ビオン コフート ウィニコット ケースメント 夢 人文書院 誠信書房 ミネルヴァ書房 金剛出版 創元社 ナカニシヤ出版 遠見書房 みすず書房 福村出版 明石書店 フロイト 転移 ビオン ウィニコット ボラス ギャバード 発達 対象関係論 愛着 誠信書房 ミネルヴァ書房 金剛出版 創元社 ナカニシヤ出版 遠見書房 投影 エス 夢 人文書院 フロイト ビオン ウィニコット 転移 錯覚 エス 夢 ユング 愛着 誠信書房 ミネルヴァ書房 金剛出版 創元社 ナカニシヤ出版 遠見書房 福村出版 明石書店 人文書院 新曜社 ちくま書房 フロイト ビオン ウィニコット コフート 錯覚 精神分析 境界例 愛着 転移 投影同一化 誠信書房 ミネルヴァ書房 金剛出版 創元社 ナカニシヤ出版 遠見書房 福村出版 明石書店 人文書院 フロイト ビオン ウィニコット ボラス 対象関係論 ベック うつ病 認知療法 誠信書房 ミネルヴァ書房 金剛出版 創元社 ナカニシヤ出版 遠見書房 人文書院 新曜社 福村出版 明石書店 みすず書房
精神療法の基礎(精神分析セミナーⅠ) 精神分析の治療機序(精神分析セミナーⅡ) フロイトの治療技法論(精神分析セミナーⅢ) フロイトの精神病理学理論(精神分析セミナーⅣ) 発達とライフサイクルの観点(精神分析セミナーⅤ)
精神分析全体の流れ,理解を助けることを目的としたセミナー。第1巻の本書では「精神療法の構造と過程」から筆を起こし,「精神分析的面接」の概要,さらに「入院患者の精神療法」までを解説。 ここでは面接に先立つ「治療契約」に始まり,実際に面接のなかで起きてくる「退行」「転移-逆転移」「抵抗」さらには「解釈技法」をとりあげ,「治療の終結」までを解説する。 フロイト自身の研究史や症例を通じて精神分析の創始者への理解を深める。フロイトの自己分析のありようや,治療技法の発展,実際の論文などをとりあげて,精神分析の起源とその展開を学ぶ。 フロイトに始まる精神分析理論が彼以降どのように発展していったか,その歴史的な展望を追う。後半ではフロイトの精神病理学や性欲論の基礎を詳しく解説する。 テーマを「発達」とし,ライフサイクルとの関連や基本的観点から始まって,「児童分析」から「成年・中年期の精神療法」にいたる各段階での知識を学ぶ。最終巻にて系統的な展望がひととおり身につくであろう。

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 岩崎学術出版社 (1977/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4753377067
  • ISBN-13: 978-4753377060
  • 発売日: 1977/10/15
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.6 x 2.2 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 401,083位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2007年7月11日
形式: 単行本
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月20日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告