メメント [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 未開封です。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

メメント [DVD]

5つ星のうち 4.1 188件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,236 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 464 (17%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,236より 中古品の出品:12¥ 1,232より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • メメント [DVD]
  • +
  • バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
総額: ¥6,481
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ガイ・ピアース, キャリー=アン・モス, ジョー・パントリアーノ
  • 監督: クリストファー・ノーラン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東芝デジタルフロンティア
  • 発売日 2006/06/23
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 188件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000D8RO4
  • JAN: 4527427651937
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 27,623位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   およそ10分間しか自分の記憶を保てなくなった男レナード(ガイ・ピアース)。彼は妻をレイプし殺害した犯人を捜し出すため、ポラロイド写真を撮り、メモを取り、大事なことは身体に入れ墨で書き記すなどして必死の行動を始める…と、ストーリーを書いてしまうとこうなるのだが、実際はドラマの展開を逆転させ、いわば連続TVドラマの最終回からいきなり見せられ、ラストが第1話に相当してしまうという、ユニークな構造で推し進めていく新進クリストファー・ノーラン監督によるクライム・サスペンス。
   まるでコロンブスの卵のようなアイデアの勝利がきわだった作品だが、予備知識なしで接すると何が何だかわからなくなる危険性も大いにあり。記憶や思い出(=メメント)というものの不確かさを痛感させる心理学論的おもしろさが楽しめる。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

数分前の記憶を忘れてしまう前向性健忘の男が妻殺しの犯人を追う、クリストファー・ノーラン監督が贈る異色サスペンス。主演はガイ・ピアース。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
レンタルで借りてから購入を考えてもいい作品です。
なぜなら初回より二度目に観るほう、三度目に観たほうが謎が解ける。
映画に答えが用意されておらず、どうなったか分からないといった類ではなく、
学生の頃、現代国語でこの文章を正しい順に並べろといった問題のように、
パズルをしながら解いていくサスペンスです。
キーは、ポラロイド写真の書き込みと刺青の書き込み。
登場人物たちが嘘もつくので、書き込みがしてあるか、余白のままであるかが、
時間の推移をたどるヒントになります。
ガイ・ピアーズはあまり表情がなく、
登場人物たちも食わせ者が多い。どの人が味方か分かりません。
鑑賞というより、ゲームといった作品です。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
これは凄く良く出来た映画だ。

まず結末から物語がさかのぼっていく形式と、主人公の記憶障害という設定が絶妙にマッチしている。
記憶が飛んでしまって現在の状況が分からない主人公と同時に、観ている側も過去に何があったかわからず困惑するようになっている。
「記憶喪失の疑似体験」が見事に成り立った唯一無二の映画であり、一種のアトラクションのようなものだ。
ぜひ記憶が消える恐怖と不安を体験してみてほしい。

そして欠かせないのは2度鑑賞することだ。
最初に鑑賞したときは、たぶん誰もが前に見たシーンの内容を記憶、把握しきれず、とても疲れるはずだ。
しかし二度目は、映画のだいたいのあらすじを理解しているため、落ち着いて話を理解しながら鑑賞できるはずだ。
すると不思議なことに、一度観たシーンの本当の意味が分かり、前よりストーリーへの理解が深まるはずだ。
たぶん二度目を観終わると、「こういう話だったのか!」と、一気に映画の印象が変わるはず。

ちなみに、結末からさかのぼるのではなく、話の最初から結末へ正しい時系列で再生できる機能があるが、私はあまり観てほしくない。
これをやるとかなり「普通の映画」になってしまい、面白さが損なわれるからだ。
何度見ても理解できない、もしくは自分で解釈するのがめんどくさい人だけ観るのをオススメする。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
内容は、言うまでもなく最高です。
問題は、DVD版で収録されていた「もうひとつのメメント/リバース・シークエンス再生」がBlu-ray版にも収録されているかどうかでした。
他の方のレビューによればBlu-ray版には収録されていないということだったので非常に残念だったのですが、どうしてもコレクションに揃えたいと思って今回購入に踏み切りました。
ところが、届いたBlu-rayの後ろパッケージを見てみると、ありました!!「リバース・シークエンス再生」が特典映像に!!
めちゃくちゃテンション上がりました!観てみると、ちゃんと時系列順に並べ直した本編でした。最高です!
収録されていないとおっしゃている他の方の商品と全く同じものかどうかは分かりませんが、2016年5月28日現在に注文したBlu-rayにはちゃんと収録されていました。
良い買い物ができました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画『セブン』や、監督D・リンチの作品などもそうですが、支持されるミステリーには“異色性”が必ずといっていいほどあります。

そしてこの『メメント』も疑いなく、ミステリーとしてまさに異色の個性を発揮した衝撃作品!!!

まず、逆再生なものだから頭の中で話を整理するのに少々疲れるんですが、

それでもそれを苦に思う間もなく、

このミステリーを紐解く鍵となる“矛盾”に釘付けになってしまいます。

物語は結末からさかのぼっているはずなのに、さかのぼっていくほどにわからなくなる…

それがこの映画の味であり、映画のテーマでもある“記憶”そして“記録”の恐ろしさを感じることに繋がるのです。

その中で「復讐心」と「記憶できないことの危うさ」と「一瞬の殺意が永遠に継続する」ことの恐怖が実に見事に凝縮され、表現されてもいます。

彼自身が入れたタトゥーが、いつでも記憶を失った彼自身に「犯人を殺せ!」と訴え続けるのです。

これはある意味で彼の物語が完結することはないことを示しています。

そう考えると実に恐ろしい・・・、そして恐ろしい人生です。

そしてこんな物語を描き、見事映
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー