メトネルの時間 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,567
通常配送無料 詳細
発売元: M&K
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,850MP3アルバムを購入

メトネルの時間

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,592
価格: ¥ 2,567 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 25 (1%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,372より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 有森博 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 演奏: 有森博
  • 作曲: メトネル
  • CD (2013/12/4)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: フォンテック
  • 収録時間: 61 分
  • ASIN: B00GJVVI3C
  • JAN: 4988065096106
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 743,098位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
8:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
2:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
2:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
3:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
6:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
5:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
2:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
5:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
10
30
2:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
11
30
3:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
12
30
5:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
13
30
8:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ロシア音楽のエキスパートとして多くの支持を集めるピアニスト有森博が、満を持して録音したメトネル作品集。あえて伝統的なスタイルを貫き、しっかりとした構造を持ちながらも詩情性あふれるメトネルの作品を、有森はあくまで自然に、絶妙なバランスで表現。正確なテクニックとロシア音楽への弛まぬ探求が結実した一枚。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/2/24
形式: CD
有森博(1966-)による「メトネルの時間」と題したロシアの作曲家、メトネル(Nikolai Medtner 1880-1951)の作品選集。2013年の録音。ロシア音楽に深い造詣を持ち、かつ理知的に研ぎ澄まされた感覚を持ち合わせた有森らしいナンバーと言える。一連のカバレフスキー(Dmitri Kabalevsky 1904-1987)の録音や、中央アジアの知られざる作品を収めたアルバムも興味深かったが、このメトネルも、有森らしい端正なアプローチで、音楽の美観を瑞々しく表現している。

メトネルの作風は保守的と形容される。確かにその通りで、彼はこの時代にあって、調性や古典的な和声に礎を置いた音楽を書き続けた。彼はその著書で、無調や不協和音について「あくまで、調性というものがあった上での価値観である」として、その主従関係を明確に順列だてている。だから、メトネルの作品は、調性と形式に対する感覚が拘束的で、そのため禁欲的な印象を与える。

そんなメトネルを理解し、活動を助けたのがラフマニノフ(Sergei Rachmaninov 1873-1943)であったという。彼もまた、保守的な作風を守った人物だった。しかし、ラフマニノフの濃厚なセンチメンタリズムに比し、メトネルの音楽は少し難渋なところがある。保守的な響きと併せると地味に聴こえる。しかも、技巧
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告