通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
メディアの苦悩――28人の証言 (光文社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

メディアの苦悩――28人の証言 (光文社新書) 新書 – 2014/5/15

5つ星のうち 3.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メディアの苦悩――28人の証言 (光文社新書)
  • +
  • ネットメディア覇権戦争 偽ニュースはなぜ生まれたか (光文社新書)
総額: ¥1,750
ポイントの合計: 49pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

もう、メディアは何をやってもダメなのか――?
「マスゴミ」「オワコン」と言われる新聞・テレビ・雑誌と、炎上など様々な社会問題を引き起こすネットメディア。
元・電通のデジタル・ビジネス局長が、苦悩を続けるトップたちへの直撃取材を元に、これからの「メディアの役割」をあぶり出した渾身のインタビュー集です。
登場するのは、津田大介氏、川上量生氏、フジテレビ亀山社長、朝日新聞木村社長、東浩紀氏、中川淳一郎氏、元・電通副社長森隆一氏、アリアナ・ハフィントン氏らメディアの先駆者たち、総勢28名。
メディア関係者、マスコミへの就職を考える学生たちの必読書!


◎ 内容紹介 ◎
本書に登場する方々の言葉をピックアップ。

「メルマガは作りたいメディアだったわけではない」
――津田大介(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)

「今テレビの代替品になるものはないし、今後も生まれないと思います」
――川上量生(株式会社ドワンゴ会長)

「プラットフォームを持つというのも選択肢の一つ」
――亀山千広(株式会社フジテレビジョン社長)

「デジタルをやるだけで朝日新聞が生き残れるとは思っていない」
――木村伊量(朝日新聞社社長)

「『ネット世論』というものがこの世界にあるとは思っていない」
――東浩紀(思想家)

「昔エリック・シュミットも『iモードのようなことをやりたい』と言っていましたよ」
――夏野剛(慶應義塾大学特別招聘教授)

「新聞は、憲法で保障された表現の自由の元にあります」
――白石興二郎(読売新聞グループ本社社長)

「編集権と価格決定権は他社に渡さない」
――野村裕知(日本経済新聞社常務取締役)

「もしかしたら日本は、中国よりもインターネットユーザーをコントロールしやすい国なのかもしれない」
――徳力基彦(ブロガー、アジャイルメディア・ネットワーク取締役)

「オレは、『バカを相手にしてちゃんと商売しよう』というスタンスなんです」
――中川淳一郎(ネットニュース編集者)

「簡単に世論統制ができてしまいかねない危険な状態がある」
――橋元良明氏(東京大学大学院情報学環教授)

「書籍の流通をすべて外資系に握られることの怖さを認識しよう」
――長田公平(日経BP社社長)

「公共性の高いニュースには、見出しだけでも触れてもらいたい」
――伊藤儀雄(ヤフー・ニュース編集責任者)

「ヤフー・ニュース個人の、180万という影響力は段違いなんですよ」
――大元隆志(ITビジネスアナリスト)

「原発問題をどのように伝えるのかが、日本のメディアの試金石だった」
――川邊健太郎(ヤフー株式会社副社長)

「よく読まれているものが上位にくれば、よいコンテンツが見えてくる」
――藤村厚夫(スマートニュース株式会社執行役員)

「テレビの競合だと思われていたソーシャルメディアが、視聴率を下支えした」
――氏家夏彦(TBSメディア総合研究所社長)

「ニュースを消費する側から見れば、ジャーナリズムの黄金時代がやってきた」
――アリアナ・ハフィントン(ハフィントンポスト創設者・プレジデント兼編集長)

「日本人は、議論が得意じゃないところもある」
――松浦茂樹(ハフィントンポスト日本版編集長)

「健全な言論空間を作るには、匿名、実名を選択できるオプションが非常に大切」
――近藤正晃ジェームス(ツイッタージャパン代表取締役会長)

「『衝突』『炎上』を起こしやすい仕組みやサービスはおそらく淘汰されていく」
――笠原健治(株式会社ミクシィ会長)

「中国人の口コミって、かなり信憑性がある」
――ふるまいよしこ(ジャーナリスト)

「ネット広告産業全体が白眼視される可能性もある」
――大島茂(大和ハウス工業株式会社)

「プライバシーポリシーについて、簡潔に説明できる人が必要なんです」
――やまもといちろう(ブロガー、実業家)

「成果が可視化されるネット広告のよさが、悪い方向に働いている」
――新澤明男(株式会社サイバー・コミュニケーションズ社長)

「『情報』や『デバイス』による『格差』が極端に生まれている」
――森隆一(元・電通副社長)

「まとめサイトだけを見て、すべてを読んだ気にならないでほしい」
――田端信太郎氏(LINE株式会社法人ビジネス担当役員)

「情報に接しているだけでは、メディアリテラシーは身に付かない」
――菅谷明子氏(ジャーナリスト)


◎ 目 次 ◎
【第1章】荒涼としたネットの現在地
【第2章】新聞生きるか死ぬか
【第3章】ニュース売ります買います
【第4章】テレビはオワコンか?
【第5章】ハフィントン・ポストの狙い
【第6章】ソーシャルメディアの責任感を問う
【第7章】個人がメディアになる時代
【第8章】誰が「広告」を殺すのか?
【第9章】情弱ゼロ社会へ
【第10章】メディアの役割


◎ 著者プロフィール ◎
長澤秀行(ながさわ ひでゆき)
1954年生まれ。1977年東京大学文学部国史学科卒業後、電通入社。
新聞局で新聞広告を15年担当し、ネット創成期に各新聞社のネットニュース事業の立ち上げに携わる。
インターネットメデイア部長などを経て、2004年インタラクテイブ・コミュニケ―ション局長、2006年(株)サイバー・コミュニケーションンズ(cci)代表取締役社長CEOとして、メディアレップ事業を指揮。
アップル、フェイスブックなど海外メディアやアドテクノロジー企業との連携にも注力した。
2013年退任後、電通デジタル・ビジネス局局長を経て、現在は社団法人インターネット広告推進協議会事務局長として、インターネットの健全化に力を注いでいる。本書が初の著書となる。
Twitter ID @naga8888

内容(「BOOK」データベースより)

「マスゴミ」「オワコン」と言われる新聞・テレビと、炎上など様々な社会問題をたびたび引き起こすネットメディア―。苦悩を続けるそのトップたちへの取材を中心に、これからの「メディアの役割」をあぶり出すインタビュー集。東浩紀、津田大介、川上量生(ドワンゴ会長)、亀山千広(フジテレビ社長)、中川淳一郎、やまもといちろう、橋元良明(東京大学大学院教授)…―元電通デジタル・ビジネス局局長が、全28人にインタビュー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: 光文社 (2014/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334037984
  • ISBN-13: 978-4334037987
  • 発売日: 2014/5/15
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 364,564位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年10月2日
形式: 新書
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年7月22日
形式: 新書
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月23日
形式: 新書
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月6日
形式: 新書
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー2014年6月30日
形式: 新書
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月8日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年6月5日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月25日
形式: 新書
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告