この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


メディアとのつきあい方学習―「情報」と共に生きる子どもたちのために (ジャストシステム情報教育シリーズ) (日本語) 単行本 – 2004/6/1

5つ星のうち4.5 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥18,783
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

 学校にたくさんのコンピュータが導入され,インターネットを活用した学習場面が増えています。それらを操る子どもたちのスキルも高まっています。

 一方で,世の中では携帯電話などの情報機器を悪用した犯罪,インターネットを舞台とした事件が後を絶ちません。生活を豊かにするために役立つメディアは,同じように犯罪のためにも利用できるということです。このことは,メディアの操作能力のほかに,もっと肝心なことがあることを意味しています。

 この「もっと肝心なこと」が,「メディアとのつきあい方学習」です。

 現在の子どもたちは,将来,ネットワーク上でのコミュニケーションを避けて通ることはできません。だからこそ,ネットワークの向こうに人がいるということ,そしてネットワークを介していても対面と同じように相手を思いやる気持ちを忘れてはならないということをしっかりと教えなければなりません。事件が起こるからといって,安易にインターネットから遠ざけるだけでは,問題の本質は何も解決しないのです。

 子どもたちに情報モラルや情報発信の責任を教えるのは,コンピュータではなく私たち大人の仕事です。情報機器を操るスキルが向上し,たくさんの人とコミュニケーションできる可能性が広がるからこそ,相手の気持ちを考え,気持ち良いつきあいができるよう意識した生活を,日ごろから送らせたいものだと考えています。

 本書では,メディアと上手につきあえる人材を育てるために,学校が,先生が,保護者が何をすればいいのかを綴りました。

内容(「BOOK」データベースより)

「使い方教育」を越え、子どもたちに必要な本当のメディア力を育む新視点。

登録情報

  • 発売日 : 2004/6/1
  • 単行本 : 231ページ
  • ISBN-10 : 4883092623
  • ISBN-13 : 978-4883092628
  • 出版社 : ジャストシステム (2004/6/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
7 件のグローバル評価
星5つ
50%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2006年7月18日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年8月31日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年6月20日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年6月14日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年6月20日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年6月13日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年6月14日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告