この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

メダロット・ナビ (コミックボンボン) コミック – 2001/12

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,130

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063239330
  • ISBN-13: 978-4063239331
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
星の王子様であり、ピノキオでもあり、自分のこのマンガの印象は「絵本」だったりする。

現在から過去へ、過去から未来へ、未来から過去へ。頻繁な時間の移り変わりは混乱を招くが、語られるテーマ自体はいたってシンプルだ。

やや難解で人を選ぶきらいはあるのは確か。けれどその寂しげで暖かな雰囲気とメッセージには触れることが出来ると思う。

やや脇道にそれるが、過去マンガに登場したり、掲載された読者の投稿したメダロットは、攻撃的なものが多かったように思う。

それは元のゲームの性質を考えれば仕方のないことだし、微笑ましくもあるが、残酷な面も持ち合わせているのも確かで、

このメダロットナビでは「君の友達はそれでいいのかい?」とやさしく諭しているようにも、思える。

なにかとほるま版コミックと比較される藤岡版だが、ここへきて奥底に繋がるテーマはメダロットの世界観を下敷きにした、同じもののように感じた。

ゲームの内容にはあまり触れられず、いわゆるコミカライズとは異なるものになっている。ゲームをやっていない人でも楽しめるが、触れた人はもう少しだけ、この優しく寂しい世界の空気に溶け込めるかもしれない。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ショ-カン 投稿日 2004/7/18
形式: コミック
他のメダロットのマンガ等は、メダロット同士のバトル(ロボトル)をメインにしているのに対し、この作品はメダロットの「お友達ロボット」の部分をメインにしている。
ストーリーは人間・カスミとメダロット・バイザンがそれぞれが主人公の二つ話が同時進行(本の造りの事で、二つのストーリーにはおよそ数年の差があると思える)し、多少異なるがGBAのゲームの前後ともつながるので、ゲームを持ってるのなら是非購入するべきだろう。
絵は「見ずらい」と言う人も居るかも知れないが、とても美しい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
メダロットとマスターという関係…最初から人間的な感情を持ち合わせているが故に、命を得たいと求める行為…メダロットが持つ深刻性が高くなり得るテーマに真っ向から挑んだ作品だと思います。

現実世界でいえば

・かけがえの無いパートナーとの生き方。パートナーのあり方

・かつて失った最愛の人と、新しく愛したいと思った人との関係

・自分らしく生きる事

等、作品世界でも近々忘れ去られた様な大切な事がそこかしこに散りばめられています。

確かに絵的には見辛い物がありますし、コミックボンボンの読者層が迷走しているとは言え、明らかに某コロコロの元ライバル誌の連載作品とは思えない内容な側面もありますが、だからこそ今の中高生以上の人でメダロットが好きな人に読んで欲しいと思います。

藤岡先生に対するメダロットRでのマイナス印象も一撃で吹き飛びますよ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 わたしはメダロットという漫画そのものを、あまりよく知りません。
 この漫画に惹かれたのは、画、それだけでした。
 メダロットはいまだによくわからない代物ですが、この漫画をみてわかったことは、
●おもちゃ(ともだち)は、こどもにとって大切なものである
●おもちゃ(ともだち)は、使いようによってはだれかをキズつけることができる
 この二つを、『こどもたち』に優しく説いている。この二つ以上のモノも説いているのかもしれませんが…。
 記憶は、過ぎ去っていく。けれども、ともだちとの思い出は、簡単には忘れられない。とくに、大切なともだちとの思い出は。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック