ポイント: 55pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送: 12月2日 木曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
15 時間 57 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
メタ炎症の秘密 慢性病は現代食から (健康常識パラ... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 12月1日 - 3日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■中古品の為、擦れ、使用感等がありますが全体的に概ね良好です。■クリーニング済み■クリスタルパック梱包■ゆうメール又はクリックポストにてポストにお届けします。(ゆうメールは土日祝の配達を行っておりません。配送日及び時間指定は出来ません。また、郵便追跡も出来ませんのでご了承ください。)s

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


メタ炎症の秘密 慢性病は現代食から (健康常識パラダイムシフトシリーズ6 続新·免疫革命) 単行本 – 2018/12/18

5つ星のうち4.2 23個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥2,016
¥1,980 ¥1,540

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • メタ炎症の秘密 慢性病は現代食から (健康常識パラダイムシフトシリーズ6 続新·免疫革命)
  • +
  • 新・免疫革命-免疫の本能は《お掃除》にあり- (健康常識パラダイムシフトシリーズ5)
  • +
  • 自然治癒はハチミツから ハニー・フルクトースの実力 (健康常識パラダイムシフトシリーズ8)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

出版社からのコメント

※在庫状況(2020年9月末現在) お蔭様で現在『増刷中』です。 10月中旬に出来上がりますのでご了承ください。 メタ炎症の秘密…慢性病は現代食から。本書では前著『新・免疫革命』(2018年7月刊)で取り上げることができなかった、微生物と免疫の関係、現代食(高脂肪)と炎症(「メタ炎症」と呼称)の関係について詳述されています。 私たちは代謝と免疫をまったく関連付けなしに別々に学びます。しかし本書では、この二つは「形態形成維持」という生命の根本システムの、密接につながっている部分現象であることを最新の研究を交えて伝えられています。

著者について

総合医、脳神経外科専門医、医学博士、パレオ協会代表理事、日本ホリスティック療法協会理事。ロイヤルホリスティックカウンセリング院長。エネルギー量子医学会会長。1968年奈良県生まれ。奈良県立医科大学・大学院卒業。脳神経外科専門医、ガンの研究で医学博士取得。国立大阪南病院、医真会八尾病院を経て、私立病院の副院長をつとめる。パレオ協会、ロイヤルホリスティックカウンセリングでガン、難病、原因不明の慢性病を対象にした治療を確立し、根本治療指導に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 鉱脈社; 四六版 (2018/12/18)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/12/18
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 180ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4860617134
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4860617134
  • 寸法 ‏ : ‎ 19 x 13.5 x 20 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 23個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
23 件のグローバル評価
星5つ
56%
星4つ
31%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
14%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
70人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 免疫について真剣に学びたい人にオススメ
ユーザー名: 『モテる男の最強健康ブログ』管理人大山誠人、日付: 2019年11月12日
免疫について真剣に学びたい人にオススメ『メタ炎症の秘密 慢性病は現代食から』
崎谷博征氏 2018年11月初版

本書は2018年7月初版の『新免疫革命』
https://amzn.to/2ZwicrZ
の続編です。

著者は、本書を
医師が最新の免疫学について正しい知識を身につけるための教科書としても良いように、
ある程度の知識を持つ一般の人が読んでも理解できるように、
という思いを込めて書いています。

例えば、
糖質制限は糖尿病を治すのに良い
糖質ではなく脂肪分をエネルギー源として摂取した方がダイエットにも効果的で良い
乳酸菌やプロバイオティクスを摂取して腸内フローラの環境を変えることで健康になる
亜麻仁油、えごま油などのオメガ3系油は体に良い
と言った一般的な健康本に書いてあるような内容を信じている人達なら本書を読んで得られるものは大きいと思います。

以下にネタバレメモの一部を記載しますので、読んでみてピンとくるかどうかで本書購入の目安としていただいても良いかもしれません。

追伸
著者はフェイスブックなどのSNSでも最新の見解を記事にして解説しています。

さらにその記事の質問に対してもある程度の回答をしていただけます。

個人的にはこうやって本の著者に質問できる機会があるのは非常にありがたいと思っています。

ただ多忙な著者に質問する時にはまずはその著書をできる限り読み、本に書いてあるような内容は質問しないように、ということには気をつけています。

(以下ネタバレメモ一部)
短鎖脂肪酸(遊離脂肪酸)
酢酸、酪酸など

難消化性の食物繊維が腸内微生物の餌となって発酵される過程で産出される短鎖脂肪酸は従来から唱えられているような私たちの細胞のエネルギー源になるのではなく腸内環境の形態形成維持が本来の役割だった

日本の研究
5歳児において2歳までにペニシリンなどの抗生物質の使用経験のある子供は喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患にかかりやすい

米国の最新の大希望調査
生後6ヶ月までに抗生物質の投与を受けると有意にアレルギー疾患になる
胃酸を止める薬の投与を受けても同じようにアレルギー疾患になる

胃酸を抑えることでも消化管内の微生物のバランスを壊す

腸内細菌を抗生物質で無菌状態にすると糖のエネルギー代謝が高まる(インシュリン感受性が高まる)

腸内細菌の多様性やバランスはあくまで糖のエネルギー代謝が回っている1つの結果に過ぎない

プロバイオはもともと大腸に対して生着させる目的でデザインされているが実際は小腸に生着して過剰増殖することがわかっている

現代人は甲状腺機能が低下しているので胃酸や腸の蠕動運動が低下し、大腸でなく小腸にバクテリアが過剰増殖する

乳酸菌のプロバイオを摂取したグループで判断力、記憶力、集中力の低下や意識混濁が認められた。これは過剰な乳酸菌が算出する乳酸が血液中に入り脳に回ったから。
乳酸菌は生体毒で特に脳神経細胞にダメージを与える。

乳酸はガンに対してはガン組織周辺を酸性にすることによって免疫抑制がかかるため増殖を促す。
また同時に血管新生も促し増殖転移に寄与する

乳酸は様々な生理活性機能を持ち、それが病気の場をつくる原因になる物質(糖のエネルギー代謝を止める、細胞内還元状態(細胞内アルカリ性=病気の状態)にする)

L型乳酸
体内で産生されるタイプ

D型乳酸
乳酸菌が産生し、L型よりも解毒が難しい

これまでの研究では、便にプロバイオのバクテリアが認められることをもってプロバイオが腸内に生着しているとしている。
しかし便に認められるプロバイオのバクテリアは腸に生着しないので便に出されているだけ

バクテリアの善悪二元論は間違い
アトピーの原因とされる黄色ブドウ球菌は健康な人の肌にもコロニーを作るが皮膚炎を起こさない

善玉とされる表皮ブドウ球菌は時に感染症を引き起こす
表皮ブドウ球菌は集中治療室の血流感染の22%の原因

ピロリ菌は世界人口の約半数の人口の胃に共生しているが実際に潰瘍や胃がんを引き起こすのはほんの数%にも及ばない。
ピロリ菌との共生によって結核や小児喘息にかかりにくくなる。

バクテリアもコンテキスト依存(エネルギー代謝次第)

アトピー性皮膚炎に対して健康な皮膚の共生バクテリアを患部にスプレーすることで炎症を抑える作用があることが分かった!
このバクテリアはローゼオモナス属グラム陰性桿菌(Roseomonas mucosa )

健康人から採取したローゼオモナスをアトピーモデルのマウスに移植すると皮膚の状態が改善したがアトピー患者から採取した同じバクテリアを移植すると皮膚の状態が改善しないか悪化傾向になった。

健康人から採取したローゼオモナスは肌のバリアを再生し免疫システムを落ち着かせる物質を産生していたのに対し、アトピー患者から採取したローゼオモナスはかゆみをもたらす皮膚の刺激物質を産生

高脂肪食は全身に炎症を引き起こす

慢性的な騒音はアルツハイマー病の発生に関与している。
また腸内バクテリアの構成を変化させる。

リーキーガット、リーキーヴェッセル

Wi-Fiや携帯等のマイクロ波に暴露すると大腸菌やリステリアといったバクテリアが早く成長するようになる。
携帯やWi-Fiなどのマイクロ波を正式に国際がん研究機関で発がんの可能性があると認定されている。
またアトピーなど肌の慢性炎症疾患の大きな原因にもなっている。

腸内細菌が健康に影響与えているのではない。

腸内細菌のバランスは健康状態の結果を反映したものに過ぎない

腸内環境のバランスを戻すためには腸内細菌をいじるのではなく自らの糖のエネルギー代謝を高めないといけない

結核感染でステロイドが有効なのは結核症は自己免疫疾患であることを物語っている

結核に感染したとしても発熱や呼吸器症状が出るのは1割にもならずほとんどの人が発症しないキャリアー。

T細胞が過剰に活性化することで実際の結核の症状が起こる

速やかに処理され炎症をを引き起こさないゴミ=debris
炎症を引き起こすゴミ=mess

寄生虫感染療法は成功例もあれば成功例もあり結果が一定しない。
寄生虫感染のデメリット、栄養の横取り、貧血、子供の成長障害、肺疾患。

鉤虫は炎症をストップするタンパク質RELMα(Resisting-like molecule α)を産出するが、それは白血球(マクロファージM2タイプ)や上皮細胞も同じタンパク質を算出している

メタ炎症
現代食のような高脂肪食で起こる慢性炎症。
高脂肪食による脂肪組織のリポリシス(脂肪組織が分解されて血液中に脂肪が放出される)によって脳を含めた全身に慢性炎症を引き起こす病態を総称している。

脂肪前駆組織はマクロファージへ変化することが可能

高脂肪食はインシュリン抵抗性、慢性炎症、自己免疫反応を高める

ファスティングや飢餓状態は免疫細胞が糖を利用できないため、ステロイドやオメガ3投与と同じ免疫抑制状態になる=感染症にかかりやすくなる

免疫の機能が代謝に影響与え、代謝(食事を含む)は免疫機能に影響を与える

インシュリン抵抗性=リポリシス→高脂血症&臓器障害(=肝臓、心臓、膵臓、筋肉に中性脂肪が過剰蓄積)

重要なのはインスリン抵抗性では脂肪組織においてリポリシスが起こること。そして筋肉、肝臓、心臓などに脂肪が過剰に蓄積すること。その結果炎症がオンに。

インシュリン抵抗性では細胞内に頭が入ってこないため脂肪やタンパク質をエネルギーの燃料にせざるを得ない

脂肪(特にプーファ)をエネルギーの燃料にすると電子伝達系から活性酸素種、窒素種子が過剰に発生することから炎症がオンになる

飽和脂肪酸はエネルギー源として多価不飽和脂肪酸より優先的に使用される

メタ炎症の特徴である全身のインシュリン抵抗性の引き金は脂肪組織にある。

プーファの蓄積する脂肪組織において自動酸化されて形成されるアルデヒドがまず脂肪組織の糖運搬体(GLUT4)に結合。これにより糖運搬体の機能構造が破壊され脂肪組織において糖を細胞内に入れることができなくなる。

高プーファ食では脂肪組織が全身の他の臓器に先駆けてインシュリン抵抗性になる。

脂肪組織がインシュリン抵抗性になるとインシュリンのリポリシス抑制効果(アンチリポリシス)がなくなるため遊離脂肪酸(プーファ)が脂肪組織からリポリシスによって大量に血液中に放出される。

筋肉や肝臓など本来の場所ではないところに脂肪(プーファ)が蓄積し、インシュリン抵抗性になる。

筋肉は遊離脂肪酸をエネルギー源にできる最大の組織
ただし脂肪を燃料とすると過剰な活性酸素種、窒素種が発生する→炎症がオンに

霜降りのサシを持つほとんどの高級肉はメタ炎症を起こした肉

食事中の脂肪組織に蓄積できない余剰の脂肪、あるいは脂肪組織法堀質によって大量に血液内に遊離脂肪酸が発生する。これらは筋肉によって取り込まれるが処理できない脂肪は最終的に炎症、インシュリン抵抗性、細胞障害などを引き起こし、メタボリックシンドロームにもなる。

肝臓の糖新生が慢性化した状態はまさに肝臓のインシュリン抵抗性が続く状態を意味する。つまり全身のメタ炎症が起こっているということ。

脂肪細胞にインシュリン抵抗性を引き起こしたのはマクロファージから放出されるTNF(腫瘍壊死因子)

高脂肪食、リポリシス、エンドトキシン、炎症はインシュリン抵抗性を引き起こす

1日9グラムのサリチル酸(アスピリン)で抑えることができる

クルクミン、ヘレナリン、シナモン、サルフォラフェイン・イソチアネート(ブロッコリーなどのアブラナ科)、カテキンポリフェノール、パーテノライド(夏白菊)は免疫細胞のアンテナ(TLRs )をブロックしメタ炎症を抑える

しかしこれらの物質を抽出したものを投与すると免疫抑制に傾きゴミが生命場に溜まることになる

免疫細胞のアンテナを高脂肪食で刺激しすぎても、ファイトケミカルでブロックしすぎても同じ全身の炎症を引き起こす

ポリフェノールなどのファイトケミカルを抽出して摂取するものではない

ほぼ全ての医学論文、文献では多価不飽和脂肪酸はインスリン感受性を高めると言う研究結果だが、これはおかしい。なぜなら脂肪組織の多価不飽和脂肪酸によるインシュリン抵抗性からメタ炎症が開始されるから。

多価不飽和脂肪酸の血液濃度が高くなるほどインシュリン抵抗性を引き起こす

セラミドの化粧品やサプリはインシュリンシグナルをブロックする共通経路を活性化してメタ炎症を起こす可能性があるのでお勧めしない

心筋梗塞や動脈硬化の予防及び根本治療はプーファ・フリー

エネルギーにすぐ変わると喧伝されている中鎖脂肪酸(MCTオイル)を長期的に摂取するとインシュリン抵抗性を引き起こす。

真のインシュリン抵抗性の原因
高脂肪食はミトコンドリアにストレスを与えて活性酸素、窒素種の産出を引き起こす

これらの過剰な活性酸素、窒素種は細胞内にある鉄と反応してハイドロキラジカルと言う最も反応性の高い活性酸素種を産出する

近傍にあるプーファ(多価不飽和脂肪酸)と反応してアルデヒドを作る

このアルデヒドが糖の運搬体(GLUT4)に結合して機能、構造を破壊する

インシュリン抵抗性

現代医学が新たに作り上げた飽和脂肪酸悪玉説は虚偽

糖のエネルギー代謝から脂肪のエネルギー代謝(脂肪のβ酸化)に移行すると腸内バクテリアのバランスが乱れてエンドトキシンやリポテイコ酸が血液の中に入り、これによってメタ炎症が引き起こされる

豚の脂ラードは多価不飽和脂肪酸の含有量も多く、飽和脂肪酸扱いはおかしい

脂肪のβ酸化で産生されたペルオキシ亜硝酸は生命体のエネルギー代謝の根を止めてしまう

高脂肪食で脂肪が肥大すると低酸素と小胞体ストレスを引き起こすことでリポリシス、インシュリン抵抗性、炎症という典型的なメタ炎症が加速する

プロバイオティクスや食物繊維などのプレバイオティクスなどの慢性投与は小腸にバクテリアを増やすことでメタ炎症(インシュリン抵抗性、リポリシス)を全身の臓器に引き起こす

高脂肪食により体質が変わると腸内細菌までが変化して脂肪の吸収が高まりメタ炎症が起きやすくなる

高脂肪食で肥満になると思考、記憶や判断といった認知能力が低下する

私たちの体は必要以上の脂肪をバクテリアなどの微生物と同じゴミと認識している

私たちの体はファスティングも高脂肪食も感染症に対しても同じストレスとして反応しており、インシュリン抵抗性を引き起こす

ソマチッドは赤血球や他の細胞が放出する小胞やタンパク質の塊であることが確認されている。
これらの物質は無生物だがタンパク質などは太陽光などの様々な条件で振動する。

輸血を受けると免疫機能が低下するのは鉄、休眠バクテリア、エンドトキシンなどの量が増えることが原因

慢性病、老化の直接の原因はプーファ、鉄、エンドトキシン(リポテイコ酸)

血液中を動き回る遺伝子(トランスポゾン)の中でも重要なものがヒト内因性レトロウイルス

エストロゲン様物質、喫煙、炎症性サイトカインなどのストレスがかかると覚醒し実際にウィルス粒子となる

私たちの遺伝子内で休眠するヒト内因性レトロウイルスの発現はガンなどの病的状態で高まる。

内因性レトロウイルスの再活性化は筋萎縮性側索硬化症の原因

成人は子供と違い、食事を変えても短期間では腸内環境はほとんど変わらない

乳化剤を摂取すると血液内エンドトキシンが増加して肥満、糖尿病、クローン病、大腸炎、発癌などを引き起こす

乳化剤はリーキーガットを引き起こす

乳化剤は小腸での脂肪の吸収を高める作用があるため結果的に高脂肪食となりメタ炎症を起こす

人工甘味料は腸内環境にダメージを与えてメタ炎症を引き起こす

クエン酸はエンドトキシンの血液流入、マクロファージの活性化を加速させてメタ炎症を引き起こす

クエン酸は糖のエネルギー代謝をとめる作用がある

増粘剤(カラギーナン、グアーガムなどの多糖類)は消化が難しく腸内微生物のエサになり腸内微生物の過剰増殖を引き起こす。またマクロファージのアンテナを刺激して炎症を加速させ、ガン、奇形を引き起こす

着色料の二酸化チタンは腸、全身に炎症を引き起こす

既に炎症を起こしている時、脂肪の過剰摂取は確実に症状を悪化させる

アトピーが痒い時にバターやココナツオイルを塗ったりして過剰摂取すると痒みが倍増した

炎症が落ち着いてきたらココナツオイルなどの飽和脂肪酸の摂取量を増やす

ココナツオイルは腸内においてメタンガスや硫化水素を出すようなバクテリアや病原性バクテリアの過剰増殖を防ぐ

バクテリアが餌にできないセルロースを豊富に含むたけのこ、生人参、キノコ類は小腸でのバクテリアの過剰増殖を抑えることでエンドトキシンなどの炎症ゴミの体内への流入を防ぎ、インスリン感受性を高めたり、脂肪蓄積を防いだりする

エンドトキシンやリポテイコ酸などのバクテリア成分が血液内に流入することでメタ炎症が引き起こされる

それを防ぐには腸内、特に小腸内のバクテリアの増殖を抑えること

すでに発生したエンドトキシンには、ビタミンB2、ナイアシノマイド(ナイアシンとは違う)、ビタミンA、ビタミンD

鉄の過剰摂取はフェントン反応による最終的なプーファの酸化からアルデヒドを形成、体内バクテリアの活性化→どちらもメタ炎症を引き起こす

ビタミンCは小腸からの鉄の吸収を著しく高めてしまう(サプリは危険、オレンジジュースはビタミンCを含むがポリフェノールが鉄の吸収を防ぐ)

肉類を食べるときは過剰な鉄吸収を防ぐためにもコーヒーやお茶などのポリフェノールを含むものを食後に摂取する。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年4月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年1月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年2月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年6月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する