中古品
¥ 821
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★通常配送料無料★多少の使用感ありますが、お読みいただくには支障ない状態です。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

メタプログラミングRuby 大型本 – 2010/8/28

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 7,735 ¥ 620

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

メタプログラミングは強力なRubyの機能ですが、習得が難しいと言われていました。
本書はメタプログラミングに必要なすべての概念を明確に、平易に解説。
Rubyの最も複雑な秘伝を簡単に身につけましょう。

著者について

aolo Perrottaは、ソフトウェアの設計・開発に10年以上携わっており、
これまでに数百もの技術記事を執筆している。
Rubyと恋に落ちる前は、Java、C++、C#を使っていた。
アジャイル方法論・プラクティス・テクニックの早期導入者であり、
インターネットファッション企業であるYoox社において、
アジャイルチームのコーチを務めている。
また、ヨーロッパ各地で開発者の教育も行っている。
出張がないときは、彼女と猫と一緒に暮らすイタリアの自宅でRubyに没頭している。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 312ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2010/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048687158
  • ISBN-13: 978-4048687157
  • 発売日: 2010/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 402,828位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
この本で勉強してRubyGolldに合格しました。メソッド探索、継承チェーン等わかりやすく書いてあり、試験だけではなくこれからRubyを始められる方もぜひ読んでおいて損はしないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
本書は「メタプログラミングRuby」という物々しいタイトルとは裏腹に、Rubyメンターである「ビル」が一週間を通じて初心者である「あなた」に、Rubyのメソッド呼び出しの舞台裏で怒っていることをストーリー仕立てで解説していくスタイルを取っており、すらすらと読み通すことができます。実際に、Rubyには興味があるけれどJavaの心得しか無い私でも楽しく読み通すことができました。

それにも関わらず取り扱っている内容はとても高度で、この本で学習した知人たちがRuby技術者認定試験制度のゴールド資格に合格しています。

このため、Rubyの初級者から中級者まで幅広く進められる良著です。個人的には、"Rubyらしい" テクニックを学ぶことのできる付録A「よく使うイディオム」と付録C「黒魔術」をお勧めします。

翻訳者は「Running Lean ―実践リーンスタートアップ」、「リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック」や「ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック」を始め、多数の翻訳を手掛けられている角征典さんなので、翻訳文の読み易さや内容の正確さ、誤字脱字の少なさなどは折り紙つきです。

ただし、冒頭でも触れられている通り、本書はRuby 1.9.1について書かれて
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
Railsを使っていてメタプログラミングに興味が出たので購入。

「よくこんなにわかりやすく書いたな」と感心するほど、
非常にわかりやすく書かれています。

内容が内容だけに、さらさら読めるというわけではないですが、
じっくり読み進めていけば理解できました。

文句なしの☆5つ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
著者の優れた文章センスのおかげで、扱ってる内容の割には楽に読み進めることができた。Rubyのスキルがまだ定着してない自分には学ぶことが満載。読み返したい箇所に貼った付箋の数は100を超えた。

無駄なコードの引用が無いし、注目すべき箇所に印が付いているのが親切。分厚くない(300ページ)のも、心理的に読み易くしてくれている。2800円という価格も、まぁ安い方だ。

翻訳も良かったが、「SymbolのProc変換」でto_procを省く所だけは解釈できなかった(原文のせいかも知れない)。「どんなオブジェクトも、メソッドの引数に指定するときに & を付ければ、(暗にto_procが呼ばれて)Procに変換される。なので、明示的にto_procを呼ぶ必要は無く、&を付けるだけで良い。」ってことかな。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告