メゾン・ド・ヒミコ The Original So... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,579
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
カートに入れる
¥ 4,593
5pt
通常配送無料 詳細
発売元: Aライフ☆
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: ashurey
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

メゾン・ド・ヒミコ The Original Soundtrack of “La Maison de Himiko” Soundtrack

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,578 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、やおよろず商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Haruomi Hosono ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メゾン・ド・ヒミコ The Original Soundtrack of “La Maison de Himiko”
  • +
  • Tin Pan [CD]
総額: ¥13,459
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/8/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 80 分
  • ASIN: B0009WQH6A
  • EAN: 4943674058013
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 145,346位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. メイン・タイトル
  2. バス
  3. 部屋
  4. 食卓
  5. 自転車
  6. 自転車 2
  7. ピッキー
  8. 母の写真
  9. プールにて
  10. 海
  11. コスプレ・マンボ
  12. 伊達男
  13. ふれ合う
  14. 父と娘
  15. バイバイ
  16. ハッピー
  17. メゾン・ド・ヒミコ - エンディング・タイトル
  18. 母の教え給いし歌
  19. アンサング・ソング
  20. 「写真」 : 宅録版

ディスク:2

  1. オープニング
  2. 逢いたくて逢いたくて
  3. N.A.
  4. バス
  5. 部屋
  6. 食卓
  7. 自転車
  8. 「レインボー戦士」
  9. 写真 #1
  10. ペリカン通り殺人事件
  11. 海
  12. 写真 #2
  13. 沙織と春彦
  14. コスプレ・マンボ
  15. ボン・ニュイ・ミノーシュ
  16. 伊達男
  17. ヒミコ・ラヴァーズ
  18. また逢う日まで
  19. ふれ合う
  20. 父と娘
  21. 母の教え給いし歌
  22. バイバイ
  23. ハッピー
  24. 母の教え給いし歌
  25. メゾン・ド・ヒミコ - エンディング・タイトル

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

話題の映画『メゾン・ド・ヒミコ』の音楽全編を細野晴臣が担当。ただの、サウンドトラック盤ではなく、オダギリジョーのヴォーカル曲やこのアルバムのために細野が書き下ろしたナンバーまで、話題性満載の作品。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 studio-rain 投稿日 2005/8/30
形式: CD
 細野さんの音楽には、昔から、いい意味である種の軽快さというか風通しのよさがありました(その特徴は、ときに重苦しいほどにいろんなアイデアの詰めこまれた教授の音楽と並ぶと、特に際立っていた)が、「メゾン・ド・ヒミコ 」のサントラは、その軽快さが前面に出た作品と言えるでしょう。
 雰囲気としては、モナド時代の「Medium Composition」とか、「Omnisightseeing 」とか、コシミハルさんとのコラボ作品「SWING SLOW 」なんかに近くて、「ランチタイム・ミュージック」的な要素が強いのですが、よく聴いていると、Sketch Show でやったエレクトロニカ的な技法とか、「COCHIN MOON 」を思わせる瞑想的な要素とか、細野さんがこれまで培ったいろんな技の断片も発見できます。また、そういういろんな技が、これ見よがしにではなく、さりげなくしぶ~く使われているところが、いかにも細野さんらしい感じがします。
 強烈なインパクトはありませんが、BGM として聴いていると、つい心地よくてずっと聴き続けてしまう、という感じの作品です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
映画を観る前にこのサントラを持っていた。
細野さんが担当するサントラは
ものすごく久しぶりだったので購入していた。

ずっと聴いていて、とても気に入っている。

2枚組で 1枚目は細野さんのソロアルバムでもおかしくない。
聴いていてここちよい音楽がいっぱい。
2枚目は映画で使われた音楽が入っており、
園まりの「逢いたくて逢いたくて」や
尾崎紀世彦の「また逢う日まで」のダンスリミックスが入っている。

買って損なしだが、どうも廃盤のようだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
細野さんの音に対する向き合い方が強く感じられる作品。
人間の皮をずるっと向いて本音だけを取り出したらこんな音になりました、と言っているみたいな感じ。
なんともあけすけで、大らかで、それでいて繊細な音とリズムに不思議な感動を覚える。
又、DISC2を聴いていると映画がもう一度見たくなる。
映画で使用された園まりの「逢いたくて逢いたくて」やドボルザークの「我が母のおしえたまいし歌」、筒井康隆のナレーションなどが結構心に沁みる。
DVD買おうかな・・・。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック