メゾン・ド・ヒミコ 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

メゾン・ド・ヒミコ 通常版 [DVD]

5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 4,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 135 (3%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ウッドガレージが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,800より 中古品の出品:3¥ 899より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: オダギリジョー, 柴咲コウ, 田中泯, 西島秀俊
  • 監督: 犬童一心
  • 形式: Color, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2006/03/03
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000DZJLRK
  • JAN: 4988126203542
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 162,314位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『ジョゼと虎と魚たち』の監督・犬童一心、オダギリジョー、柴咲コウ 豪華俳優陣が織り成す感動作

●オダギリジョー、柴咲コウ 豪華俳優陣が織り成す感動
●大ヒット作『ジョゼと虎と魚たち』の監督・犬童一心×脚本・渡辺あやが贈る愛の感動作
●全国興収3億円! ロングラン大ヒット! マスコミも絶賛しパブリシティ大量露出!
●誰かといることは優しく暖かい。せつなさと暖かさが感動を呼び、ぴあ満足度調査第一位を記録!
●細野晴臣が18年振りに映画音楽を担当
●『NANA』『タッチ』『ピンポン』日本映画のヒットメイカーたちが集結

■ストーリー
涙はきっと暖かい
私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は、父の恋人だった。 塗装会社で事務員として働く沙織。ある日、彼女のもとに若くて美しい男・春彦が訪ねてくる。彼は、沙織と母親を捨てて出て行った父の恋人だった。沙織の父は、ゲイバー「卑弥呼」の二代目を継いだが、今はゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」を創設、その館長を務めているらしい。春彦は、その父が癌で余命幾ばくもないと言い、ホームを手伝わないかと誘う。父を嫌い、その存在さえも否定して生きてきた沙織だが、破格の日給と遺産をちらつかせて、手伝いに行くことを決意する。死にゆく父親、その父親を愛する春彦、そんな二人を見つめる沙織…いつしか三人に微妙で不思議な関係が芽生えていく。


■キャスト
オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊

■スタッフ
監督:犬童一心
脚本:渡辺あや
音楽:細野晴臣
撮影:蔦井孝洋
美術:磯田典宏
照明:疋田ヨシタケ

内容(「Oricon」データベースより)

オダギリジョー、柴咲コウ主演で贈る、せつなさと温かさ溢れる愛の物語。塗装会社で事務員として働く沙織。ある日、彼女のもとに若くて美しい男・春彦が訪ねてくる。彼は沙織と母を捨てて、ゲイバーを継いだ父の恋人だった。沙織は父を嫌い存在さえも否定していたが、彼と出会い少しづつ心に変化が生じてくる…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
なぜか時々みたくなる。変わってるけど、憎めない。キャラも一人一人しっかり立っていて、笑える感動作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
トマス・ピンチョンの「競売ナンバー49の叫び」の終わり近くに、ヒロインのエディパがゲイの集会に紛れ込んでしまうというくだりがあった。性的に隔絶された環境に飛び込んだエディパは深い孤独に落ち込むのだが、ここでは、同じ立場の柴崎コウに限らず、すべての登場人物が孤独である。

「さわりたいとこ、ないんでしょう」という驚くべき台詞を柴崎に言わせた脚本(渡辺あや)には、かなりのキャッチーな才能を感じる。台詞がいいとかいうこと以上に、場面のつなぎ、小道具の使い方(マスクとか)など、よくできている。オダギリジョーが西島秀俊を誘惑するシーンも、なかなかのものである。

田中泯は、ほぼ最後まで、横たわったままの芝居である(食事シーンもあるが、ほぼ台詞と視線だけの芝居)。すごい身体感覚だ。

大磯あたりかなあ、と思って見ていたロケ地は、静岡にあるカフェ(?)だそうだ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 田中'扮する堂々たる卑弥呼ママと、陽気なゲイたちの終の棲みかであるはずのメゾン・ド・ヒミコは、欧風なおしゃれな外観とは裏腹に、内実は老いと病と資金不足の三重苦にあえいでいます。そしてそこに棲んでいる生息者たちの個性あふれる面々・・・ちょっと憂いを帯びた春彦・・ファンではない私をも惑わすほどのオダギリジョー扮する春彦・・・本当にステキです。その憂いは撮影当日の風邪ひきにあるとかないとか・・・!そして、きゅっと上がったかっこいいお尻と無精ひげが妙にエロチックな雰囲気を漂わせて、ゾクゾクするほどのいい男に仕上がってます。その対極線上にある柴崎コウ扮する、ぶっちょう面のどこにでもいそうな愛想のない事務員 沙織。これは柴崎コウが見事に演じきっていますね。

 原色大柄花模様に決して負けない、強烈な個性が光る田中眠の吐息が聞こえてきそうなほどのリアル感あふれる映像美が退廃的なムードをうまく演出しています。そそいて、ストレートの男はこんなにも色気がないのよ・・と言わんばかりの西島秀俊扮する、能不動な何も考えないノータリン社長も・・作品に花?を添えています。

そして、観終わった後の清清しさは、一体何なんでしょう?オダギリジョーと柴崎コウの妙を得た組み合わせと脚本のうまさが、いつまでも心に残る映画です。映画館で一人、作品に浸りきって観たかったですね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
地味な事務員の前に、美しい青年が現れる。

彼は生き別れの彼女の父のゲイの「恋人」だった。

死期の近い彼女の父は、ゲイのための老人ホームを経営していた。

彼女はやむなくそこを手伝う羽目に・・というお話。

生きたいように生きることは、ときにラクではない。

「ゲイの老人ホーム」に中学生は落書きする。水風船を投げる。

薄毛の老人が美しいドレスではしゃいでいる姿は、やっぱりちょっと可笑しい。

「次に生まれ変わったら絶対女になるんだから!好きな服を好きなだけ着られるなんて、こんな幸せなことはないわ」

葛藤を乗り越えて好きな格好をしているゲイの老人もいるかと思えば、「鏡を見て悲しくなるから」着られない老人もいる。

脚本家は彼の葛藤を軽く笑い飛ばす。

「ブスで地味な事務員」の柴咲コウが言う。

「女だって何でも着られるわけじゃないよ。例えば・・バニーガールとか(の格好はできない)。」

ユーモアとペーソスの効いたストーリーのほかにも、特筆すべきは、オダギリジョーの佇まいの美しさ。

白いスーツに着替えて現れる彼の姿は、ちょ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いや、買ってでも見ましょうよ。
同性愛が受け入れがたい世界なのは仕方ない。
でも、案外当たり前に存在しています。
それは否定しても無意味だと思う。
だから、見て、こんな辛い世界なんだ、って多少は多めに見てくれると助かりますよ(;^_^A

しかし、みんな上手いね(^O^)

ハリウッド映画に、異性愛と同性愛、あるいはバイセクシャルを統計した結果をもとに作られた映画がありますが、安心する結果が得られましたよ。
実は、バイセクシャルが一番多いらしい。
まあ、アメリカの話だけども。
でも、全人類見たら、やっぱな、という気がします。
だから、多少同性に関心が芽生えても不思議じゃないんですよ、本能として。
教育で男女間だけ許されているだけだから(^-^)
フリーダムになったら、多分バイセクシャルが一番多い気がする。

お、映画の感想になってないか(;^_^A
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す