¥ 2,592
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

メシエ天体ビジュアルガイド: 星雲・星団110個すべてを写真と星図で見せる 単行本 – 2014/8/19

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/8/19
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 3,421

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メシエ天体ビジュアルガイド: 星雲・星団110個すべてを写真と星図で見せる
  • +
  • 星雲星団ベストガイド―初心者のためのウォッチングブック
  • +
  • 星雲星団ウォッチング―エリア別ガイドマップ
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 185pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

メシエ天体を全て網羅した、メシエ天体ビジュアルガイドブック。

天文学者のメシエが作成した星雲、星団などが載っているメシエ天体カタログ。
このメシエ天体カタログに載っている、メシエ天体は、比較的明るい天体が多く、小型の望遠鏡でも鑑賞することができることから、大変多くの天文ファンから親しまれています。

本書はメシエ天体110個全てを網羅したメシエ天体アルバムです。
天体写真家中西昭雄氏が撮影したメシエ天体の写真と一部のNGC、IC天体写真をオールカラーで星図と共に掲載。
もちろん各天体の特徴や探し方のコツもしっかり解説します。

クオリティーの高いメシエ天体(星雲、星団)の写真は、
観賞用だけでなく天体観測や天体捜索時に非常に役立ち、天文ファンにとって手元に置いておきたい一冊です。
また大きくてきれいな天体写真を掲載しているので、眺めて楽しみたい天文ファンにもおすすめです。

著者について

中西 昭雄:天体写真家。大学卒業後約10年間の会社勤めを経て、冷却CCDカメラやI・I‐CCDカメラといった撮影用装置を手がけるナカニシイメージラボを設立。天体捜索家としても知られ、小惑星を発見した実績がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 誠文堂新光社 (2014/8/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4416114621
  • ISBN-13: 978-4416114629
  • 発売日: 2014/8/19
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 82,773位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この本は、天文雑誌『月刊天文ガイド』に7年間近く連載された、「見たい撮りたい今月のメシエ天体」を単行本化されたものです。 見開きで1つのメシエ天体が紹介され、左ページには2つの星図(広角のファインディングチャートと、写真の視野に合わせたもの)と解説、右ページは1ページまるまるつかった天体写真になっています。
大きな特徴としては、一部の例外を除いて同一の機材を使って撮影されており、同じスケールで見比べられることです。それは過去にさかのぼれば、古田俊正さんの写真で見るシリーズに通じるものがあり、天体同士の明るさや大きさなどが直接比較できてとても好都合です
私は写真派ですが、大口径のドブソニアンで眼視を楽しむ方や、これからディープスカイの世界に飛び込もうという方にも役に立つ内容だと思います。
B5版、オールカラー256ページでずっしりと重く、紙質が良いのか写真の印刷はとてもきれいです。それでいて税別2,400円は安いと思います。
この調子で、メシエ天体以外のNGC天体やIC天体、その他の見栄えのする天体を収めた続編も出してほしいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
天体写真を見ていて不満に感じること、それはこの写真の向きはどちらで、大きさはどれぐらいで、同じ写真を撮るにはどれぐらいの機材が必要なのかが、わからない人にはわからない、ことではないかと思います。天文雑誌には画像処理しまくりのあり得ない写真とか、倍率不明、方位不明、倒立像、鏡像の写真が平然と発表されていたりして大丈夫かなあこの世界、という不平不満不安を払拭してくれるのがこの本です。
まず視野角は縦1.6°×横1.1°で上は天の北極と統一されていますので天体の座標と大きさが一目でわかります。この視野角は焦点距離1250㎜の天体望遠鏡とフルサイズのデジタル一眼レフの組み合わせと同じなので、急に身近に感じます。実際の装置はもっとすごい。この視野角で収まる限り小さい天体はそのまま小さく撮影なので大小関係が良くわかります。M57 こと座の惑星状星雲をここまで小さく撮影した本は初めてです。一方視野角に収まらない大きな天体は焦点距離を変えて広い視野で紹介ですが、収まらなかったのはM31,M42,M44の3点のみ、横位置で収まったのがM45,M86 の2点、なので天体写真の標準はこのあたりとわかります。
と気楽にさせておいて筆者の本音があちこちに登場。M73の説明文中に 「シャルル・メシエは口径6インチ(15.24cm)の反射望遠鏡や、口径3インチ(7.62cm)の屈折望遠鏡など
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
単なるメシエ天体の図鑑ではありません。プロの天体写真家が自分で観測し、自分で撮影した写真ばかりです。
単なる写真集でもありません。メシエ天体を観測するためのあらゆるデータが満載されています。見つけ方、正中日時、星図の中の場所、観測のポイント、撮影アドバイス、各メシエ天体の解説、以上が全メシエ天体すべてについて全部書かれています。多分、メシエ天体ファン向けの本で、これ以上のものは作れないでしょう。
巻末には撮影機材、観測場所などが包み隠さず記載されています。全天星図もついているので、これ一冊だけでメシエ天体の観測ができます。
2600円と高価ですが、全ページカラーでこの内容であれば、むしろ安いでしょうね。
撮影機材が陳腐化するまでの、多分30年以上は、メシエ天体解説書のトップを独走できる書籍です。どうか30年以上は絶版にしないで、天体ファンや子どもたちに提供し続けて欲しいものです。著者と誠文堂新光社が全力を注いだ良書ではないでしょうか。
(誠文堂新光社さんへ)こんな良書は絶版にしてはいけませんよ。紙媒体での供給が難しくなっても、どうかCD化して長く永く提供してください。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
雑誌に7年間連載したものをまとめたとのことですが、写真は雑誌掲載時よりもよくなっているとのこと。見開きの左ページに10行程度の解説、見つけ方、観察のポイント、撮影アドバイスと星図(ファインダーや双眼鏡で7.2度ほどの円)、右ページに写真(写真の範囲は、ほとんど同じ)を載せています。いわば写真撮影のお手本となるような構成です。双眼鏡で探してみるときの参考になるかと思って手にしたのですが、綺麗すぎます^_^ 最初のページに、写真と眼視イメージの比較は載っています。むかし、散開星団M6とM7を双眼鏡で見たときの美しさを思い出しました。メシエ以外の星々も載っています。特にNGC869,884は見たいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー