通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
メシアの処方箋 (ハルキ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s5885a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

メシアの処方箋 (ハルキ文庫) 文庫 – 2007/5/15

5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メシアの処方箋 (ハルキ文庫)
  • +
  • 僕たちの終末 (ハルキ文庫)
  • +
  • パズルの軌跡―穂瑞沙羅華の課外活動 (ハルキ文庫)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ヒマラヤで氷河湖が決壊した。下流のダム湖に浮かび上がったのは、なんと古代の「方舟」だった。こんな高地になぜ文明の跡が?いぶかる調査隊をさらに驚愕させたのは内部から発見された大量の木簡。それらにはみな、不思議な蓮華模様が刻まれており、文字とも絵とも判然としなかったが、なんらかのメッセージを伝えているのは確かだった―。一体、何者が、何を伝えようというのか?第3回小松左京賞受賞作『神様のパズル』に続く、傑作長編SF、待望の文庫化。

内容(「BOOK」データベースより)

ヒマラヤで氷河湖が決壊した。永年閉ざされていた下流のダム湖に浮かび上がったのは古代の「方舟」だった。こんな高地になぜ文明の跡が?いぶかる調査隊をさらに驚愕させたのは内部から発見された大量の木簡だった。それらにはみな、不思議な蓮華模様が刻まれており、文字とも絵とも判然としなかったが、なんらかのメッセージを伝えているのは確かだった―。一体、何者が、何を伝えようというのか?第3回小松左京賞受賞作『神様のパズル』に続く、傑作長編SF、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 481ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2007/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758432856
  • ISBN-13: 978-4758432856
  • 発売日: 2007/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 788,131位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 りんた 投稿日 2016/3/20
形式: 文庫 Amazonで購入
内容的には機本伸司先生の他の作品同様、一つのテーマに沿ってそこの問題を現実的に突き詰めていく感じ。
非常に面白く物語の中に知らず知らずに引き込まれしまう。
キャラクターもまったくブレない。しかし本来は長所であるそこが、本作品ではマイナスに働いている。
人間味がないようで、実はある……っていうのがこの作者さんの武器だと思っていたのだが、本作は逆、人間味があるようで、実はない。
特にヒロイン。ちょっと可哀想じゃないだろうか?
『あんまり一貫させ過ぎるのは良くない。少しはブレることも必要』だというのを感じさせてくれる仕上がりだった。
他の作品と違い感情移入ができなかったので、その分☆を減らしておきました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 DNAだとかヒトゲノムだとか遺伝子操作やらも、SFのネタとしてはすでにやり尽くされて手垢がつきまくった感がありますが、そのテーマを扱った国内作品のなかでは、久々の佳作といえるのではないでしょうか。
 ヒマラヤの氷河湖から浮かび上がった「方舟」から発見された大量の蓮華模様の木簡。それを巡っての謎解きはやがて「救世主」を生み出す危険な実験へと…。
 序盤の流れから世界を股にかける冒険小説かと思いきや、途中からはやけにドメスティックなシチュエーションでの展開でやや尻すぼみな感もありますが、リアリティと荒唐無稽さのバランスはよく、文体も平易でこの手の小説にありがちな専門用語の羅列・理論一辺倒の記載にウンザリさせられることもないので、本格SFとしてだけではなく、エンターテインメントとしても楽しめるいい小説だと思います。
 また、この手の主題ではどうしても宗教や倫理の問題に触れざるを得ないのですが、これについては議論してもキリが無い部分ですので、作者はある程度から先はもうストーリー展開優先でお話を進めていく手法をとっているようです。そこに不満の方もいらっしゃるでしょうが、まあこれは読者が各自考えてくれということでしょう。

 それなりのページ数と読み応えがある本なので、時間のあるときにじっくりと読んで楽しむのがいいでしょうね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヒマラヤを舞台にした作品かと思いきや主人公があっさり日本に帰ってしまうという
何だか肩透かしな始まり方をするが、話は面白い
なにせ過去のDNAから作り出される異形の子供がメインなのだから、誰でも興味が惹かれることだろう
ただ難点も多い
特に資金面の工夫はハチャメチャだ。
あれなら仲間の一人がアラブ王の息子とかのほうが納得がいった
そしてヒロイン的な女性の性格も難点しかないのが困りものだ
沙羅華程度にどこか愛せる要素が欲しかった
まあ作者のファンなら買って損はないだろう作品
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lemonerika 殿堂入りレビュアー 投稿日 2004/8/9
形式: 単行本
興奮しました。SFらしさを満喫できる作品でした。
ちょっと甘い(?)ところもあったような気もしますが、パワーで圧倒してきます。予想不能なストーリー、登場人物のユニークさ、謎の興味深さ、荒唐無稽さで、途中で読むのを止められなくなり、夜なべして読んでしまいました。
木簡の謎を追う知的な興奮、主人公の運命、などストーリーでの興奮・・・読んでてワクワクする本でした。同時に、人間とは何か、救いとは、自分が人であるとは・・等考えることを、投げかけてくれる本です。
といっても、堅苦しく、重い本ではなく、一つ間違えば「わるふざけ(?)」ぽくなるユニークさが、読むのを、楽にしてくれてます。
ちょっと難しい科学的な内容も出てきますが、ま、そんなものは、パワーで圧倒です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前作「神様のパズル」が抜群に面白かったので期待したのですが、期待が大きすぎたのでしょうか?
いまひとつの印象が強かったです。。
ヒマラヤで箱舟が発見された。。
謎の木簡に謎の模様が。
これはいったいなんだろう?
発掘現場に居合わせた主人公たちは、とんでもない方法でその謎に迫る・・・
なかなかの魅力的な出だしですが、具体的なイメージが湧きません。
主人公があまりにも巻き込まれただけという印象が強すぎるからでしょうか?
しかも、この謎に迫る方法が、納得できません。
もっと根拠を並べて欲しかった。
本当にあっさりと回答がみつかります。
しかもその回答が「救世主」とどう結びつくのか?
しっかりとした説明がありません。
まあ、謎解きサスペンスではなく、「救世主」作りに重きを置いているので仕方ないのかもしれませんが、読中のワクワク感が感じられなかったということで星3つです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー