通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ天国
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ▼お読みください▼発送はゆうメールとなります。土日祝日は休業日の為、発送を行っておりません。1~2営業日で発送させて頂きます。 ※帯や付属品(CD・DVD・特典)の欠品、色あせ、キズ、ヨレ、書き込み等がある場合がございます。神経質な方は事前に状態確認をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする- 単行本 – 2016/3/25

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/3/25
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,800
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メカ屋のための脳科学入門-脳をリバースエンジニアリングする-
  • +
  • 脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす (ブルーバックス)
  • +
  • つながる脳科学 「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線 (ブルーバックス)
総額: ¥4,601
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

東大・工学部の超人気講義が待望の書籍化!

本書は脳や神経の働きを、他分野、特に機械システムの技術者などを対象に体系的に解説した脳科学の入門書。随所に事例やコラムなどのエピソード(ロボットなどへの応用)をまじえ、メカ屋の目線で分かりやすく最新の脳科学の基礎を学ぶことができる。

「これは驚いた! エンジニアの視点から脳を眺めるまったく新しい解説書。
機械系の学生はもちろん、生物を学ぶ若者にこそ読んでほしい。パラダイムシフト必至だ」(東京大学教授 池谷裕二氏)

「本書では,『脳がどのようなハードウエアで,どのような機能を実現しているのか?』という疑問に答えようとしている.長年にわたり機械設計を教えてきた小生からすれば,機械に向き合うのと同じように“脳"を考えることなどできるわけがないと考えるところだ.しかし,本書を読めばわかるように,ずいぶんと時代は変わったようだ.最近の脳科学は,実験手法も実験データも洗練され,機械設計と同じような考え方で脳の働きを考察できるようになっている.
…(中略)…
脳の特性を引き出せれば,生真面目一辺倒でいいモノを作ろうとした従来のやり方とは違う次元で,価値の世界が開けるはずだ.そのためには,今こそ,最新の脳科学の勉強を始めるべきだ.脳の特性を知り,その知識を仕事に社会に,そして豊かな人生を送るために活かす.そのような “応用脳科学" が本書から始まり,日本社会の閉塞感を打開することを願ってやまない.」
(東京大学名誉教授 畑村洋太郎氏の推薦文より)

「生物の仕組みで驚嘆すべきことは,すべてがハードウェアで実装されていることである.つまり、実現すべき“ 機能"と実際の“ 構造"が密接に関連している.…(中略)…
機能から構造への順方向の作業が“ 設計"だとすれば,構造から機能を推察する作業は“ リバースエンジニアリング"である. リバースエンジニアリングでは,他社の製品を徹底的に分解・研究して,設計思想を探り,それを自社製品の設計に生かしていく。今後の脳科学に求められる資質は,まさにリバースエンジニアリングそのものである」(本文より)

本書の構成
第1編 イントロダクション―エンジニアのための脳科学とは?
第2編 神経細胞編
第3編 運動編
第4編 知覚編
第5編 芸術編

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/宏知
1975年生まれ。東京大学先端科学技術研究センター講師(大学院情報理工学系研究科知能機械情報学兼担)。1998年、東京大学工学部産業機械工学科卒業。2003年、同大学院工学系研究科産業機械工学専攻修了。博士(工学)。2008年、科学技術振興機構さきがけ研究者。機械系学科に所属しながら、脳のメカニズムを実験的に探求。専門は神経工学と聴覚生理学。現在の興味は、知能や意識の創発メカニズム。日本生体医工学会、電気学会、北米神経科学会等会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 日刊工業新聞社 (2016/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4526075361
  • ISBN-13: 978-4526075360
  • 発売日: 2016/3/25
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,305位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
現在、人口知能が注目されています。私もこれからは脳の情報とコンピュータの一体化が進むのではないかと思っています。その参考書の一貫として購入しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ディープラーニングの学習だけでは得られない根本的な、脳とは何か、人間はどのように考えているのかについて、深い知識・考察を得られました。
既存のNNの仕組みをそれぞれのフィールドに適用させる際にも指針になるような貴重な1冊となりそうです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者は「失敗学」畑村洋太郎教授の強い影響下にあるところがキモ。
タイトルは「脳科学入門」とあるがワールドヴァリューでは「ニューロサイエンス」(神経科学が妥当な名称)。
この本のコラムにもそういう記述がある。
あくまでもサイエンスではなくエンジニアリングの視点だが
時間をかけて読めば日本の「脳科学者」の著作よりもわかりやすく書かれているところを評価。
ただし「数学・物理学・化学」の基本的知識と機械工学系のセンスが前提条件となる。

コラムを読めば、間接的に日本の科学教育の欠陥がよくわかるところがおもしろい。
本年刊行の書籍で最も影響を受けたもの。(2016年6月時点 LvM調べ)
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告