通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
メインの森をめざして-アパラチアン・トレイル350... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2011年発行・初版・帯付き:::わずかな歪み・三方に小シミ等がありますが、大きく目立つダメージは無く、全体の印象は中古品として良好な状態です。アルコール等でクリーニング済みです。ご検討宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


メインの森をめざして-アパラチアン・トレイル3500キロを歩く 単行本 – 2011/7/9

5つ星のうち4.5 15個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,080
¥3,080 ¥1,780

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • メインの森をめざして-アパラチアン・トレイル3500キロを歩く
  • +
  • ロングトレイルという冒険 -「歩く旅」こそぼくの人生 (生きる技術!叢書)
  • +
  • 自然の歩き方50―ソローの森から雨の屋久島へ (平凡社新おとな文庫)
総額: ¥6,248
ポイントの合計: 224pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

著者、加藤則芳さんは、ネイチャー・アウトドアライターとして、またバックパッキングの第一人者として、国内外の自然、アウトドア、ロングトレイル、国立公園、自然保護などをテーマに執筆し、雑誌や書籍で発表してきました。アメリカでのメインフィールドは、西部のヨセミテ国立公園やジョン・ミューア・トレイルで、1999年には『ジョン・ミューア・トレイルを行く----バックパッキング340キロ』を著しました。アメリカのロングトレイルで知ったのが、東部の3500キロにおよぶアパラチアン・トレイルの存在でした。
アメリカ東部は、ヨーロッパからの移民がそれぞれの文化・生活習慣を持って上陸し、先住民族と出会い、双方の理解と軋轢の歴史があり、また西部開拓の歴史も含め、アメリカという国の誕生と発展の基礎を築いた地域で、いまだにニューヨークやワシントンDCといった中心的な都市が存在します。
アパラチアン・トレイルはアメリカ東部、南はジョージア州から北のメイン州まで、14の州を貫く3500キロのロングトレイルです。本書は、2005年、約半年をかけて著者が歩き、そこで出会い、体感したアメリカ----自然、文化、歴史から、暮らしや人との交流、日本との比較、政治や宗教といった問題まで----を描いた、400字詰め原稿用紙で1000枚を超えるノンフィクションです。

著者からのコメント

アパラチアン・トレイルについて
加藤則芳(かとう のりよし)

20数年前、ある雑誌に写っていた一枚のモノクロームの写真によって知ったアパラチアン・トレイル。大きなザックを背負った数人の若いバックパッカーが横一列に並んで写っていた。この小さな写真に添えられていた、アパラチアン・トレイル3500キロを歩いているのだというコメントが、わたしを強く惹きつけた。なぜか、それ以後、アパラチアン・トレイルという言葉が、わたしの頭に染み入った。その後、機会あるごとに情報を集め、書籍を集めた。
ある年、神田の古本屋をぶらぶらと巡っているときに、偶然手にした雑誌があった。「ナショナルジオグラフィック」誌の1987年2月号だった。そこに、30ページほどのアパラチアン・トレイル特集記事が載っていた。それを見たとき、わたしは運命を感じた。アパラチアン・トレイルがわたしを呼んでいる、と。1990年ごろだっただろうか。そのころわたしは、ジョン・ミューアを調べることに夢中だった。1994年に、そのジョン・ミューア・トレイル340キロを歩いているとき、ウエスト・ヴァージニアからやってきた夫妻と親しくなった。彼らのザックにアパラチアン・トレイルのワッペンが縫いつけられていた。聞くと、彼らはアパラチアン・トレイル全行程を踏破したのだと言った。このとき、わたしの次の目標がはっきりと定まった。
わたしの大きな旅には、かならずテーマがある。ジョン・ミューア・トレイルのテーマは、自然保護そのものだった。このトレイルは世界で最も優れた自然保護システムを持つアメリカの象徴的な存在なのだ。自然を楽しみ、知るために、原生自然のフィールドに作られた理想のトレイルだった。わたしにとって、このトレイルを歩くことは、ある意味聖地巡礼だった。人間が避けて生きることはできない自然とのじょうずな関わり方、理想的なありかたを探ることが、わたしのするべきことなのだ。
一方、アパラチアン・トレイルは、ジョン・ミューア・トレイルとはまったく趣きの違ったトレイルだった。
北アメリカ大陸の東部に、南はアラバマ州から北はカナダのラブラドール地方まで伸びる長大なアパラチア山脈がある。その山稜部に、ジョージア州からメイン州まで、14の州を貫き延びるトレイルがアパラチアン・トレイルである。地質学的に世界で最も古い地層として知られるこの山脈の、とりわけ南部は標高が低く、大部分が深い森に覆われている。だれでもが気軽にアクセスできるこの山域には、原生自然の壮大な大自然は少ない。自然という観点から見れば、世界中にもっともっと優れたトレイルはいくらでもある。
にもかかわらず、アパラチアン・トレイルは、アメリカで最も有名なトレイルであり、多くのハイカーにとって憧れであり、その多くは、いつか全行程を歩いてみたいという夢を持っている。
なにがそれほどまでに彼らを惹き付けるのだろうか。その答えは、いくつかある。
この地域の歴史を振り返れば、その答えのひとつが見えてくる。17世紀にイギリスの清教徒を乗せたメイフラワー号が上陸したのを皮切りに、ヨーロッパからの移民が次々にアメリカ大陸に入植してきた。開発は西へ内陸と進んでいった。そしてその障壁となったのが、アパラチア山脈だった。吹き寄せ、押し寄せてきた開発の波がアパラチア山麓にはばまれ、吹きだまっていった。押し寄せ、吹きだまり、そして溢れたとき、あの西部開拓の歴史が始まった。
人々が押し寄せ、吹きだまっていったということは、そこに社会が形成され、新しい文化が生まれ、持ち込まれた伝統文化が根付いていったということになる。音楽をはじめ、ヨーロッパ本国で消え去ってしまったさまざまな文化が、今もこの山麓に栄え、今も残っている。アパラチアンという音を聞いただけで、心に響き、疼くものがあると、多くのヨーロッパ系アメリカ人は言う。つまり、アパラチアン山麓は彼らにとって心の故郷のような存在なのだ。
19世紀半ばの南北戦争や黒人奴隷時代の史蹟、遺跡もこの山麓に数多く残っている。ネイティブアメリカンの哀しい歴史もある。まさに、こういった人文学的な興味のいっぱいつまった山域にアパラチアン・トレイルはある。多くのヨーロッパ系アメリカ人にとって、そこを歩くということは、それこそ聖地巡礼としての意味があるのだ。
全行程3500キロもの距離を歩こうとするハイカーの、それぞれの心の中には、歩ききることによって何かを得ようとする、それぞれの思いがある。そこには、人それぞれのドラマがあり、社会的にはなくても、ひとりひとりの内側には、冒険的心はある。
3500キロを半年かけて歩くという距離と時間は、並大抵なことではない。それほどのリスクを乗り越えて、これだけの偉業をこれほどの人数が成し遂げるということの理由と意味を、わたしは探りたかった。また、政治的、宗教的にアメリカで最も保守的とも言われるこのエリアの実相を知ることも、わたしの大きなテーマだった。わたしにとってのアパラチアン・トレイルは、溢れるほどの内容が詰まった、好奇の宝箱だったのだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 637ページ
  • 出版社: 平凡社 (2011/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582542085
  • ISBN-13: 978-4582542080
  • 発売日: 2011/7/9
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 35,812位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 15
星5つ
58%
星4つ
32%
星3つ
10%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

15件のカスタマーレビュー

2014年3月16日
形式: 単行本Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年10月4日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年11月20日
形式: 単行本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年8月16日
形式: 単行本Amazonで購入
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年12月12日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年9月28日
形式: 単行本Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年6月9日
形式: 単行本Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年2月9日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告