¥ 4,320
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
メイザーの学習と行動 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

メイザーの学習と行動 単行本 – 2008/6

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,320
¥ 4,320 ¥ 2,222
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,102

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メイザーの学習と行動
  • +
  • 学習の心理―行動のメカニズムを探る (コンパクト新心理学ライブラリ)
  • +
  • グラフィック学習心理学―行動と認知 (Graphic text book)
総額: ¥8,694
ポイントの合計: 173pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

条件づけ、強化、刺激性制御などはヒトの行動に強力に作用する。学習行動の基本的原理―この1世紀の間に確立された学習の普遍原理と最新トピックのすべてをおさめる。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

古典的条件づけ、強化、罰、刺激性制御などはヒトの行動に強力に作用する。行動科学の基礎をなす学習心理学の普遍原理と最新のトピックについて、幅広く解説する。96年刊の第2版。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 432ページ
  • 出版社: 二瓶社; 日本語版第3版 (2008/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861080452
  • ISBN-13: 978-4861080456
  • 発売日: 2008/06
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 287,773位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
記憶関連の研究をやるにあたって、実際に動物をどのように扱ったらよいのかということの参考にするために読んでみました。内容はどちらかというと、いわゆる一般の記憶というよりも、条件付けにはじまるような実験心理学と呼ばれてきた分野に近いです。
ラットなどの動物を用いた行動実験をなさる方むけです。サルなどの認知課題を扱う実験の記述はほとんどありませんでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本の心理学のテキストは、比較的薄く、自習するのが難しいことが多い。それに比べて、海外のテキストは、説明が詳しく、また、新しい話題まで取り上げられていて、わかりやすい。このテキストも取っつきにくい学習心理学をかなり丁寧に解説していて、お勧めである。翻訳も正確でかつ読みやすい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
研究の蓄積ともに繰り返し改訂されてきた学習理論(Learning Theory)の有名テキストからは、古典的条件付けやオペラント条件付けについての最近の研究ともに、例えば反応遮断化理論や至高点(Bliss Point)の概念、行動調整理論(Behavior Regulation Theory;我々が強化と呼んできた過程は実際には何かひとつの反応を強めていたのではなくむしろ環境が強いている制約に適応すべくそれぞれの行動に費やす時間を再配分している)、刺激等価性、マッチングの法則や瞬時最大化理論、自己制御における選好の変容を説明するAinslie−Rachlin理論などの、第一世代の行動療法が手にすることのなかった知見を学ぶことができる。
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/10
形式: 単行本
あまり読む気がしなくて、しばらく放置していたのですが、腹をくくって読みはじめると、わかりやすい!
もちろん、たまには?なこともありますが、行動心理の勉強をしようと思うなら、他のどの本よりためになる一冊だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告