通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 <爆進堂>
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、ヤケ、小口に汚れがあります。クリスタルパックに梱包し発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々 単行本 – 2009/3/20

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 889

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々
  • +
  • ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法
  • +
  • ピクサー 早すぎた天才たちの大逆転劇 (ハヤカワ文庫NF)
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 164pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



表紙&巻頭特集『忍びの国』大野智
『ぴあ Movie Special 2017 Summer』予約開始! こちらチェック

商品の説明

内容紹介

『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』など、驚異的なCG技術と、心躍る冒険物語で子供から大人までも惹きつけるピクサー・アニメーション・スタジオ。CGアニメーション映画の分野では、他社がまねできないクオリティと実績を誇る同社は、いまやクリエイティブ企業の理想として世界中から注目される存在である。
彼らはどのようにその地位を手に入れたのか?
その創造性の源にあるものは何なのか?
とても順風満帆とは言い難い草創期、ジョブズへの売却と大出血のハードウェア・メーカー時代、ディズニーとの蜜月と破局、新たなるライバルたちの出現……激動の日々を経たものの、天才たちは必然的に現在の成功に辿りついたようにも思える。彼らの信念へのゆるぎない確信と物語への情熱こそが、時代の流れ自体を引き寄せてきたのだ。
ピクサーの歴史を彩り作り上げてきた人々に取材を重ね、30年におよぶ彼らの社史を構築するなかで、彼らの創造性の源泉と「強さ」の秘密を浮かび上がらせるノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』など、驚異的なCG技術と、心躍る冒険物語で子供から大人までも惹きつけるピクサー・アニメーション・スタジオ。CGアニメーション映画の分野では、他社がまねできないクオリティと実績を誇る同社は、いまやクリエイティブ企業の理想として世界中から注目される存在である。彼らはどのようにその地位を手に入れたのか?その創造性の源にあるものは何なのか?とても順風満帆とは言い難い草創期、ジョブズへの売却と大出血のハードウェア・メーカー時代、ディズニーとの蜜月と破局、新たなるライバルたちの出現…激動の日々を経たものの、天才たちは必然的に現在の成功に辿りついたようにも思える。彼らの信念へのゆるぎない確信と物語への情熱こそが、時代の流れ自体を引き寄せてきたのだ。ピクサーの歴史を彩り作り上げてきた人々に取材を重ね、30年におよぶ彼らの社史を構築するなかで、彼らの創造性の源泉と「強さ」の秘密を浮かび上がらせるノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 407ページ
  • 出版社: 早川書房 (2009/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152090162
  • ISBN-13: 978-4152090164
  • 発売日: 2009/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 143,598位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「ピクサーの創業メンバーは、スティーブ・ジョブスも含めて、
多くがアップルやディズニーなどをクビになった人達だ」という
エピソードを聞いて、読んでみました。

憧れの会社をクビになり立ち上げたピクサーも、数年来の赤字
続き、自分なら諦めてしまうと思う。さすがのジョブスも諦め
ていた部分もあるが、ピクサーのコアメンバーは諦めていなか
った。トイストーリーを生み出すまでの経営陣の暗闘とクリ
エイターたちの苦労の対比は、ドラマチックで感動する。

また、ジョブスの豪腕ぶりは、ピクサーの経営でもいかんなく
発揮されている点は感心する。主導権への執着と利益へのこだ
わり、それを得るために取る手段の辛辣さ、わがままは、まさ
に「stay hungry, stay foolish」です。ただ、クリエイターたち
の純粋さだけでは、今のピクサーにはなっていなかったことも
よく分かる。結果として、最高の役割分担ができていたのだろ
う。

訳者の後書きにもあるが、ドリームワークスに対しての
敵意が強く文章に出ていますが、本当にピクサー経営陣が
あそこまでの敵意を抱いていたのか、ジョブスの感情を著者が
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あのピクサーのアニメーションが、実は1980年代から、
まだ見ぬ世界を実現したいと思っていた、若者の夢から始まっていたのだ……と知るって感動した。

そして、その夢と才能をもった人に、スティーブ・ジョブズが関わったことで、僕らがその作品を享受できているのだと思うと、その運命は必然なのだ!!と楽しい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一言で言えば、半沢直樹のような作品です。
どんどんピクサーが成長していき
安く不利な条件で仕事を請け負わされていた契約元のディズニーにまでを認めさせ
まさしく倍返しの契約でディズニーと対等、もしくはそれ以上の力を持っていく。
読んでいて清々しい気持ちになれる本でした。
CGデザイナーとしての感想としては、今ではCGで当然のごとくみんなが使っている機能、モーションブラーやアンチエイリアスなんかも
ピクサーが開発したと知って驚きました。
そりゃすぐには太刀打ち出来ないな・・・と思わされましたね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
現座のピクサーに到るまでに、とてつもない程の時間と情熱と運命的なめぐり合わせが有り、
諦めずに、常に道を模索しながら妥協せず最高の作品を作り続ける信念が色んな意味で結実する様に感動しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ピクサーの歴史を事細かに記録した一冊。
一般に向けた読み物と言うより、カバーに記載されてる通り社史です。
よほどピクサーとその周辺に対して興味がないと読むのが辛いと思います。また、技術的な話が多いのも特徴です。

トイストーリーのヒットにより3D映画の権威となったピクサーですが、その背景にはビジネス的な魅力がなく理想とするアニメーションを実現させる保証もない技術を育てた事がベースにあり、日の目を浴びるまでの長い期間邁進してきた人達の苦労や信念を感じ取れます。

広くオススメはできませんが、アニメーション産業の特に意思決定層の人には読んでもらいたい一冊です。
何が重要か学べるのではないかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本では、作品を柱しつつ時系列で、ピクサーが泥の中でもがき続け成功するまでの20年の物語が淡々と語られている。ピクサーの社外正史とも言える本だが、その内容はなかなかドラマチックだ。CGアニメーションに魂を込めることや、夢の実現を目指した人達が集まった会社に魂が込もっていることが重ね合わされているのが、本書全体に通底する基調だ。

主人公は有名なラセターやジョブスではなく、やがてピクサーと名乗ことになる組織の創立メンバーであり、テクスチャマッピング、Zバッファ、Bスプラインという基礎技術を博士課程で開発しただけでもCG歴史に名を残す事が出来たエド・キャットムルである。もちろん、キャットムルに最初に資金を提供した富豪やジョージ・ルーカス、ディズニーの面々、ジョン・ラセターやスティーヴ・ジョブスなど登場人物は豊富だ。

キャットムルが3本もの大ホームランをかっ飛ばした博士論文から、トイ・ストーリーがヒットするまでには20年の時がかかっている。これはそのままコンピュータ・グラフィックスの歴史とも重なるのだが、この間、キャットムル達はいつの日か長編CGアニメーションを作る事を夢見て、幾多の困難を乗り越えてゆく。技術の発展やイノベーションの裏には、ビジョンを持ったパイオニア達の情熱(そして、運の良さ)がどれだけ必要であるのかを、読み取る事が出来るだろう
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー