Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,944

¥ 324の割引 (14%)

ポイント : 407pt (20%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[高須 正和]のメイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing))
Kindle App Ad

メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。 (OnDeck Books(NextPublishing)) Kindle版

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,268 ¥ 4,535

紙の本の長さ: 396ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

iPhoneが製造されている中国の工業地帯、深圳。そして最も偽物のiPhoneが「発明」されているのも、深圳。「製造業のハリウッド」と呼ばれるかの地では、秋葉原の30倍の電気街をもち、100倍のベンチャー企業が最先端の電子ガジェットを作り、世界中にクラウドファウンディングで販売しています。そんな「IoT(モノのインターネット)」の中心を、高須正和・井内育生・きゅんくん・江渡浩一郎らが渾身のレポート。日本と深圳で自らベンチャーを行う小笠原治・藤岡淳一も寄稿。解説:山形浩生。
【目次】
第一章 メイカームーブメントってなんなのか
第二章 メイカーズで世界はどう変わるのか 同人ハードウェアの誕生
第三章 同人ハードウェアからメーカー企業へのハードな道
 同人ハードウェアからメーカー企業へ加速させるHAX
 Hardware is hard(ハードウェアは物理的で大変)
 深圳の可能性とハードウェアを量産する現実(藤岡淳一)
第四章 政府とメイカームーブメン
 深圳政府とメイカームーブメント
 世界でいちばん小さい国のメイカームーブメント シンガポール
第五章 日本からコミットする 日本のメイカーの生態系
 日本の大企業に作った、深圳みたいなスペース(井内育生)
 深圳ツアー体験記(江渡浩一郎)
 ロボティクスファッションクリエイター、アキバ発・深圳行き(きゅんくん)
 AKIBAからのハードウェア・スタートアップ(小笠原治)
解説 深圳をめぐる個人史・都市発展とイノベーション(山形浩生)

出版社からのコメント

※本書の印刷書籍には単行本版とオンデマンド版の2つの製品形態があります。単行本版は従来型の書籍で、オンデマンド版は注文時製造のため品切れがなくいつでも購入できる特長があります。電子版も含め、用途に応じてご利用ください。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 20155 KB
  • 出版社: インプレスR&D (2016/3/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01AXRCDTU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,193位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: オンデマンド (ペーパーバック) Amazonで購入
恥ずかしい話、最初は著者も「ニコニコ技術部」もよく知らず、
あまり中身には期待していませんでした。
ああなんだ。ちょっと難しめのプラモ作ってみましたくらいの人たちが中国の
有名なところに行ってみたのかな。大丈夫かな。最低でも英語話せないと
何もできないぞ。しかしメイカーズのエコシステムなんて大それたタイトルの
本を書いちゃっていいのかな。これで「ちょっと見学してきまして」じゃあ
さすがに笑っちゃうよ。くらいにしか思っていませんでした。

しかし序盤から著者や参加者の本気度に押され、またそこらの日本の出版物を
見ていただけではうかがい知れないであろう、著者らにしか知り得なかったような
体験、知識を豊富なバックグラウンドをもとに語られております。最後にはタイトルの
「メイカーズのエコシステム」に正に相応しいものだったと納得させられ、また同時に
たかをくくっていた自分が思わず恥ずかしくなってしまうような内容でした。

詳細な内容は他のレビュアーさんの語る通りですが、本当に読み進めるごとに
自分の世界が広がるような内容であり、もともと興味ある人はもちろん、「メイカーズ
って聞いたことあるけどなんだろう」くらいの人にもぜひおすすめしたい本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本はメイカーとは何か、メイカーシーンをメイカーの段階別(アイデアだけの人、プロトタイプした人、エンジニアリングサンプルを作ってみた人、軽く量産してみた人、マスに乗せてみた人など)にどういうエコシステムが廻っているか、時には厳しい世界も見せながらも、メイカーというエコシステムを構成している人達、現象などを紹介していく本です。…というのは冷静な見方ですね。実際には、自らもメイカーであり、Maker Faireの運営に回った著者のtksさんが、敬愛してやまないメイカーや企業・団体を熱く語る本です。この本には愛と熱量に満ちあふれています。

メイカー(メーカーとは概念的に違う)とは物を自分達の手で作り出す人達であり、この本では科学する心が原点だと書かれています。今の世の中にはコントロールできないものばかりだけど、少なくとも自分達がコントロール可能な物は自分達に取り戻そうというのがメイカームーブメントだそうです。実際に物を作ってみるとそれが例え失敗でもしょうもなくても、中身に興味を払う事ができます。それは新しい視点を手に入れるという事です。

たとえば、アメリカやシンガポールの事例では、教育にMakeを取り入れる科学する心を刺激する事で理数系教育を単なる座学ではなく効果的な学問に変えていくような事が紹介されています。ハルロックを読んだことがある人な
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
おそらくアジアのメイカーズシーンを最も語れる男、高須正和氏による待望の書籍。
メイカー達の作るものがユニバーサル基板からプリント基板へ、プリント基板が小ロットマスプロダクションへ。気づけば「趣味のものづくり」は「みんなに使ってもらえる」ところまで非常に短距離で駆け抜けることができるようになった。そんな現代で起きている事象を、深圳のコミュニティを中心にこれでもかと解説している。
この本で多くの趣味人が「ちょっとした量産」まで手を伸ばしていいんだと眼前の道が開かれるものと思うし、きっとその中から何かが生まれるのではないかと思う。

一点だけ注意があるとすれば、少なくとも現段階ではハードウェアスタートアップはメイカーの延長ではないということ。もちろん同人作家から商業誌に載る人もゼロではないんだろうけど、投稿者のイメージとしてはそんな感じである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
著者の高須さんは、とにかく元気な人です。毎度会うたびに、買ったばかりのガジェットを見せてくれたり、旅先で知り合ったクレイジーな人たちのことを、溌剌とした目で話してくれます。そんな高須さんが、眠る暇もないくらい元気に暮らせる環境が、本書に取り上げられている深圳(とシンガポール)のメイカーズたちの暮らしぶりなのでしょう。この本を読めば、MAKERS―21世紀の産業革命が始まるには書かれていない、世界の工場・深圳の現在を知ることができます。エッセンスがギュッと詰まっているので、現地に赴く必要がないくらいです。だというのに、むしろ本書を読むと、深圳に行きたくなってしまうから不思議です。秋葉原や東急ハンズ、Fab Labにいってもドキド...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover