ムー DVD-BOX 1 がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シュリンクラップ包装欠落、ボーナスオンラインコンテンツのアクティベーションコードが欠落または期限切れ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ムー DVD-BOX 1

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 16,416
価格: ¥ 12,697 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,719 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 12,697より 中古品の出品:2¥ 10,792より
『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』全話配信中
「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」 全12話、「メイキング オブ はぴまり」全3話 プライム・ビデオで配信中。 「はぴまり」 「メイキング オブ はぴまり」 を、今すぐ観る。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ムー DVD-BOX 1
  • +
  • ムー DVD-BOX 2
  • +
  • ムー一族 DVD-BOX 1
総額: ¥46,980
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 渡辺美佐子, 郷ひろみ, 樹木希林, 五十嵐めぐみ, 岸本加世子
  • 監督: 久世光彦
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2009/01/07
  • 時間: 560 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001H7Q2WA
  • EAN: 4582224463213
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,820位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

完全復活!『ムー一族』はここから始まった!!
シリーズの原点、『ムー』がいよいよ登場!

■封入特典
必見!DVD「ムー」封入特典復刻!
「ムー」番組企画書
●「ムー」という不思議なタイトルについて 他
●特別収録「ムーが作られる世界」(サンデー毎日・1977年掲載)
●鳥越俊太郎「ムー制作密着取材を語る」
ムーを作った製作者の番組に懸けた熱い思いが伝わる企画書。
当時37才の鳥越俊太郎がTBSに住み込んで番組制作に密着したルポ。
そして今、再び当時の取材を振り返って思いを語る!

■幻のテレビドラマ「ムー一族」の前身、「ムー」がついにパッケージ化!!

■『時間ですよ』シリーズ、『寺内貫太郎一家』を手がけた久世光彦が演出を担当、こちらも期待を裏切らないぶっ飛び演出の連発!

■タイトルデザインは横尾忠則氏が担当!!

■超豪華ゲストとして当時一世を風靡していたドリフターズのメンバーをはじめ、森光子にピンク・レディーなどが出演!

■お馴染み、懐かしのあの名曲たちもぞくぞく復活!!
「ムーのテーマ」 (作曲:荒木一郎、編曲:森本太郎)
「北風よ」 (唄:岸本加世子、作詞・作曲:荒木一郎)
「お化けのロック」 (唄:郷ひろみ・樹木希林、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童)

■出演 :渡辺美佐子、郷ひろみ、樹木希林、五十嵐めぐみ、岸本加世子、南美江、清水健太郎、伊東四朗/左とん平、由利徹、伴淳三郎/細川俊之、中島ゆたか、緋多景子 ほか

■制作:大山勝美
■演出:久世光彦、服部晴治、峰岸進、近藤邦勝
■プロデューサー:久世光彦

■脚本: 松田暢子、森薫、山元清多、林南無、田村隆、鹿水晶子
■音楽:荒木一郎 編曲:森本太郎

■タイトルデザイン:横尾忠則

「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」に続く“水曜劇場”の超ヒット作「ムー」。
東京・築地にほど近い足袋の老舗「うさぎ屋」を舞台に、一家と周囲の人々が繰り広げるホームコメディー。
当時人気絶頂の郷ひろみと、樹木希林(悠木千帆・改め)との初コンビ「お化けのロック」が大ヒット。
また今や名女優の岸本加世子がお手伝いさん役で女優デビューし、現在にいたるまでCMなどで樹木希林とコンビを組んでいるのも興味深い。
子供の関心を引きつける不思議なタイトル「ムー」や、なぜか足袋職人・野口五郎役で出演している左とん平など、ホームドラマの巨匠・久世光彦の演出上の遊びが随所に散りばめられていて面白く、可笑しく、また斬新だ。

※ジャケットデザインは変更になる予定です。
(C)TBS
製作著作:TBS 発売元:TBS/KANOX

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『時間ですよ』などを作り上げたTVドラマ界の巨匠・久世光彦が手掛けた名作コメディドラマシリーズのBOX第1弾。足袋の老舗「うさぎ屋」を舞台に、型破りな一家が巻き起こす奇想天外な騒動の数々をコミカルに描く。第1話から第12話を収録。4枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「ムー」の中でも特に好きなのが第10話です。

うさぎ屋の主人の安男が30年ぶりに憧れの人・元海軍少尉の早乙女さんに再会する話。
クラシック曲「ユーモレスク」から始まるこの回は、ムー全26話の中でも異色な、静かな印象がする回かもしれません。
でも、ものすごくいい。早乙女さんが鞄から取り出したもの、とつとつと語る自分の近況…そしてその話を聞いていた安男が自分の不義に耐えきれず、思わず早乙女さんの胸に顔を埋めてもらした言葉…。

人間のほんの些細なエゴイズムと、それを浄化させる誠実さ。
そんな深いテーマが、説教臭くなく、胸にストンと落ちてくる。
胸にじーんとくるドラマを久々に観させて頂きました。

自分が生まれる前に作られたドラマですが、現在のドラマが陳腐に見えるほどのクオリティの高さです。
横尾忠則のタイトルデザイン。
荒木一郎の摩訶不思議なテーマ曲と愛らしい挿入歌(「北風よ」)。
役者たちの確かな演技力(第8話と第24話は生放送です)。
練りに練られた脚本と演出。

いいかげんさが奇跡的に絡み合って出来たドラマ…かと思われがちですが、実は凄まじい計算と情熱の元に作られたことが、特典の冊子を読むとよくわかります。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
続編の「ムー一族」がよりバラエティ色を強め、笑いの部分が多かったのに対し、原点の「ムー」はあくまでドラマ部分に重点を置いた泣けるホームドラマでした。 この「ムー」シリーズを語る上で不可欠なのが明と暗の共存。 一方ではドタバタ的に明るく、もう一方では思いっきり暗い。その絶妙なバランスがこの作品の持ち味。
「ムー」では、過失で妹・桃子を聴覚障害者にしてしまい家を出た長男・健太郎の苦悩、桃子の許し、そして弟・拓郎の反発が深く描かれていて秀逸でした。
しかし続編の「ムー一族」ではその設定はすべてリセットされ、うさぎ屋の地主の若い後妻と駆け落ちをした健太郎の話で、それが元でうさぎ屋が立ち退きを迫られている設定。 健太郎の家族に対する不義理は変わらないが、後者は明らかにインパクトに欠けていた。 その設定一つ取っても「ムー」には敵わない。
さすがに文化や習慣に時代を感じさせるが、古き良き昔の日本を楽しむには現代の観賞にも十分耐えられる作品。
仮に現代のテレビ局が絶対に作れない番組を3つ挙げよと問われたら以下の作品を挙げたい。 「8時だョ!全員集合」、「ゲバゲバ90分」そして、この「ムー」を!
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私にとってムーと言えば、それは「ムー一族」のことでした。
「ムー」は脚本が、「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」の焼き直し的雰囲気が濃厚で、「時間」や「寺内」の後に直接「ムー一族」を繋げると実にしっくり来る、というのが私の感覚でした。
しかし、カスタマーさん方の「ムー」に対する思い入れの強さを知り、これは「ムー」から改めて味わう必要があるぞ、と痛感した次第です。
買っておいて良かった、と思っています!

追記。第一話と、本当に久方ぶりに再会して、観終わった後ずうっと胸の中に暖かさが残っています。
どんなに幸せそうな、或いは平凡そうな家族にも、一皮剥けば色々なことがある。そんな久世さんのメッセージが聞こえて来ます・・・。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 CHIRICO 投稿日 2008/10/8
Amazonで購入
これで「ムー一族」と合わせて「ムー」シリーズがDVDにてコンプリート出来ます。
このように過去のドラマなどのコンテンツがパッケージ化されるのは良いですね。著作権等の処理が困難なケースもあるようですが、ぜひこれからも積極的にリリースしていただきたいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック