この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ムソルグスキー:展覧会の絵(ピアノ&オーケストラ版) Limited Edition

5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 799より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ヘルベルト・フォン・カラヤン ストア


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 演奏: ベルマン(ラザール), ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 指揮: カラヤン(ヘルベルト・フォン)
  • 作曲: ムソルグスキー
  • CD (2006/11/8)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 69 分
  • ASIN: B000I0S8N8
  • JAN: 4988005446831
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 95,414位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 組曲《展覧会の絵》 プロムナード
  2. 組曲《展覧会の絵》 1.こびと
  3. 組曲《展覧会の絵》 プロムナード
  4. 組曲《展覧会の絵》 2.古城
  5. 組曲《展覧会の絵》 プロムナード
  6. 組曲《展覧会の絵》 3.テュイルリーの庭
  7. 組曲《展覧会の絵》 4.ビドロ
  8. 組曲《展覧会の絵》 プロムナード
  9. 組曲《展覧会の絵》 5.殻をつけたひなの踊り
  10. 組曲《展覧会の絵》 6.サミュエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ
  11. 組曲《展覧会の絵》 7.リモージュの市場
  12. 組曲《展覧会の絵》 8.カタコンブ
  13. 組曲《展覧会の絵》 死者とともに(クム・モルトゥイス・イン・リングァ・モルトゥア)
  14. 組曲《展覧会の絵》 9.バーバ・ヤーガの小屋
  15. 組曲《展覧会の絵》 10.キエフの大きな門
  16. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) プロムナード
  17. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 1.こびと
  18. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) プロムナード
  19. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 2.古城
  20. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) プロムナード
  21. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 3.テュイルリーの庭
  22. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 4.ビドロ
  23. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) プロムナード
  24. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 5.殻をつけたひなの踊り
  25. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 6.サミュエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ
  26. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) プロムナード
  27. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 7.リモージュの市場
  28. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 8.カタコンブ
  29. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 死者とともに(クム・モルトゥイス・イン・リングァ・モルトゥア)
  30. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 9.バーバ・ヤーガの小屋
  31. 組曲《展覧会の絵》(ピアノ版) 10.キエフの大きな門

商品の説明

メディア掲載レビュー

`ドイツ・グラモフォン・ザ・ベスト1000`シリーズ。ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による、ムソルグスキー「組曲《展覧会の絵》(ラヴェル編曲 オーケストラ版)」と、ピアニスト、ラザール・ベルマンによる同曲のピアノ版を収録した、1965、66、77年録音盤。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
友人であったヴィクトル・ハルトマン(ガルトマン)の遺作展での10枚の絵画の印象を、
その半年後の1874年に音楽に仕立てたというムソルグスキーの展覧会の絵。
もちろんオリジナルはピアノ曲、クーセヴィツキーの編曲依頼によるオーケストラ版はラヴェルの手によるもの。

吹奏楽器の活躍のシーンが多いオーケストラ版は、絶頂期のカラヤン指揮のベルリンフィルによるもの。
ここではその吹奏楽器隊が切れ味鋭い演奏を聴かせてくれています。
カラヤン指揮の下、あらゆるシーンにフレキシブルに対応してゆく各パートの鮮やかな演奏力は流石です。

そして後半のピアノ版
ピアノの弦が切れてしまうのでは?というほどの豪快な打鍵が特徴でもあったベルマンのピアニズムは
この曲においては抑えられ、丁寧さを優先した演奏に徹していますが強打鍵ぶりは健在です。
オーケストラ版の後に聴いても、あまり音数のさみしさを感じさせません。
“リモージュの市場”における均整のとれた鮮やかな表現、そして“バーバ・ヤーガの小屋”から
“キエフの大きな門”にかけての堂々たる演奏は、もはやベルマンの真骨頂です。
古くはホロヴィッツやリヒテルの歴史的録音に肩を並べ得る演奏ではないでしょうか。
ベルマ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 わずか1000円で、有名なラヴェル版とオリジナルのピアノ組曲版が聞けるというのは、信じられないほど贅沢である。
 ムソルグスキーは、ピアノ組曲としてこの曲を作った(自身ピアノの名手であったそうだが、あまりピアノ曲は好まなかったらしい。)が、彼が生前有名でなかったこともあり、この曲はほとんど演奏されていなかった。それを一躍有名にしたのが、ラヴェルによる編曲版であった。ラヴェル版は、鮮やかなトランペットの音色で始まる「プロムナード」が有名だが、他の部分でもトランペットが巧みに使われている。「カタコンブ」や「キエフの大きな門」でのトランペットも鮮やかである。特に、「キエフの大きな門」では、トランペットの音色が雄壮で、門を中心とした街並みまでもを想像させる効果を持っている。
 他方で、本来の形であるピアノ版もよい。プロムナードはもちろんのこと、「古城」の静かな雰囲気や「殻をつけたひなどりの踊り」のコミカルさは、むしろピアノ版でこそ真価を発揮していると思う。
 名曲を聞き比べられて、しかも1000円。実に良心的である。
 
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
EL&Pの「pictures at an Exhibition」を聴いて本家クラシック版を求めたという特殊な買い方をしましたが、超有名な「プロムナード」を聴いて鳥肌が立ちました。あの雄大なメロディのオーケストラ。カラヤンの指揮さながら、編曲した「ボレロ」の作曲者でもあるラヴェル、いい仕事してます。ていうか元のムゾルグスキー版はピアノ組曲だったというのに驚き。
 “絵”の作品の世界観も曲に出て聴きやすいし、「プロムナード」にしても曲の合間にモチーフを変えて登場したり最後の「キエフの大きな門」でも同曲の主題がフッと出てきて作品としてみても十分聴き応えあります。
 「展覧会の絵」をオーケストラとピアノで聴けて一度で二度お得なうえ、この価格は安い!
 個人的にオーケストラ版とピアノ版を聴き比べてみてどっちかていうとピアノ版のほうが展覧会に行ってるような感じです。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
原曲はピアノ版なのに、オーケストラ版しか持っていなかったので購入しました。昔、NHKのFM放送でいろいろな演奏家のピアノ演奏を比較して解説していたのを聞いたことがあります。「キエフの大きな門」の出だしの「ターン、ターン・・・」は、1音なのにクレッシェンドの符号が付いているそうで、ピアノ演奏家は、気持ちを込めるか、「タターン、タターン・・・」と鍵盤を叩いたり、あるいは「タタタタタタ・・・・、タタタタタタ・・・・」とトレモロ風に演奏して、クレッシェンドを表現したりしていたのが、興味を引きました。この曲はピアノには無理な要求があるため、いろいろな作曲家がオーケストレーションを試みたのだろうと解説していました。このCDでは普通に演奏しています。そしてオーケストラ版を聴いたあとピアノ版を聴くと、ピアノ版が物足りなく感じます。演奏がいいとか、悪いとかは、好みの問題であり、沢山聴いていないので分かりませんが、ピアノ版とオーケストラ版との比較が面白い!と思います。ベルリン・フィルも世界的な名人オーケストラですので金管楽器ソロも絶品です。録音は一昔前で古いですが、鮮明で自然な音質なので好感が持てます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー