通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫) 文庫 – 2017/4/14

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 338

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ムカシ×ムカシ REMINISCENCE (講談社文庫)
  • +
  • マインド・クァンチャ - The Mind Quencher (中公文庫)
  • +
  • 私たちは生きているのか? Are We Under the Biofeedback? (講談社タイガ)
総額: ¥2,322
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

東京近郊に広大な敷地を持つ百目鬼家は、大正期の女流作家、百目一葉を世に出した旧家。その息子夫妻が屋敷内で刺殺され、遺産の整理と鑑定を請け負ったSYアート&リサーチの小川と真鍋、アルバイトの永田は新たな殺人に遭遇する。古い河童の絵と謎めいた文の意味するものは。Xシリーズ、待望の第4作!

内容(「BOOK」データベースより)

東京近郊に広大な敷地をもつ百目鬼家は大正期の女流作家、百目一葉を世に出した旧家。その息子夫妻が屋敷内で刺殺され、遺品の製理と鑑定を請け負ったSYアート&リサーチの小川と真鍋、アルバイトの永田は新たな殺人に遭遇する。古い河童の絵と謎めいた文の意味するものは。Xシリーズ、待望の第四弾!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062936046
  • ISBN-13: 978-4062936040
  • 発売日: 2017/4/14
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,497位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
森博嗣のXシリーズ第4弾である。

なにやらいわくありげな旧家が舞台、その屋敷の主人夫妻が殺されるという事件が起き、いつもの探偵事務所の面々が屋敷の遺品、そのほとんどは美術品ということなのだが、の整理業務を請け負って現場に出入りしているのだが・・・という導入。あれ?いつの間に美術品を扱うようになったのだ?という疑問はさらっと状況説明的な文章で流される(のだが、森作品で美術品といったらアレでしょう、アレ)。で、そのつもりで読んでいると、なるほどやっぱりという展開になっていくという、ファンサービス的なストーリーとして構成されているようだ。最後のシメがまさにそれ以外の何ものでもないという感じ。

全般に、それほど混みいった事情やら超絶トリックやらは出てこないので、会話文が多いこともあってすらすらと読み進められる。登場人物たちの面白おかしい行動やら会話をクスクス笑いながら楽しみましょうという作品です。逆にこれだけ単体で読んでも、ふーんそれで?、ということになりそうだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本編のミステリと同様に、たまに描写のはさまれる椙田の動きが気になる作品。

エピローグでは、旧シリーズの人物が登場したり、存在が示唆されたりと、
Xシリーズと他のシリーズの今後のつながりが気になってくる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告