通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ミレニアムと私 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つきです。帯カバーに軽度のスレキズあり。本文ページ良好。迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示
5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 459
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ミレニアムと私
  • +
  • ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)
  • +
  • ミレニアム2 火と戯れる女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
総額: ¥4,298
ポイントの合計: 130pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

全世界で6000万部の売り上げを記録した驚異のミステリ、『ミレニアム』三部作。著者のスティーグ・ラーソンは、その大成功を見ることなく、2004年11月9日、50歳で死去した。その波瀾の生涯を、彼と32年にもわたって生活を共にしたパートナーの女性、エヴァ・ガブリエルソンが明らかにする。母方の祖父母の家に預けられて育った少年期、政治活動に傾倒した学生時代、脅迫に屈せずジャーナリストとして続けた極右勢力との闘い。さらには『ミレニアム』創作の裏話やスティーグが急死した当日の様子、スティーグの死後発生した彼の遺族とエヴァとの遺産をめぐる争いも描かれる。そして、『ミレニアム』第四部の概要とは?世界中で大きな話題を巻き起こした注目の回想録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ガブリエルソン,エヴァ
1953年11月17日、スウェーデン北部に生まれる。建築家

コロンバニ,マリー=フランソワーズ
雑誌『ELLE』の論説記者

岩澤/雅利
東京外国語大学大学院ロマンス系言語専攻修士課程修了。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152092580
  • ISBN-13: 978-4152092588
  • 発売日: 2011/11
  • 梱包サイズ: 19.7 x 13.9 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 535,044位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

世界的ベストセラー『ミレニアム』の原作者スティーグ・ラーソンと32年間生活を共にした恋人エヴァが愛する人について、愛する人の作品について語りつくしたインタビュー。

エヴァの著書という形を取らなかったのは、深く愛した恋人ラーソンの人となりを自ら書き綴るのが辛かったから…とのこと。
読んでいると『ミレニアム』がラーソン一人ではなくエヴァとの共著と言ってもいいほど彼女の思い入れも強かった作品であること、作品で描かれた住居や台詞が二人の間で交わされたものであり、かつて暮らした街や物をモデルに作られたものであることなど、二人の人生がそのまま作品になっていると言っても過言ではないほど密接に繋がっているのがとても伝わってジーンとします。

ただ、ベストセラーになった事の弊害や、遺産の相続についての遺族との確執も描かれています。
(二人は正式に籍を入れておらず、スウェーデンの現行法ではエヴァへの作品の権利移譲や遺産の相続は一切できないのだそうです)

遺族の言い分は分からないけど、どうか作品をエヴァに返してあげて欲しい。
そして権利を戻してくれたら公表しても良いと彼女が言っている第4部を私たちに読ませてください!
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
北欧では結婚、同棲のいずれも法律上あまり相違は無いとの情報が多いが、
実際は相続権がなく、住居まで放棄せざるを得ないような状態があるとは意外。

ネオナチの活動や個人情報の漏出しやすさも驚き。これらが小説ミレニアムを読む際の参考になる。

1970年代にストックホルム近郊で見学した超近代化した大病院や郊外別荘用のエコ・トイレとは相当に違った生活が当時の田舎では存在したことを改めて知った。

親切なスエーデン家庭の養子として育てられた韓国人大学生が自らのIdentityに悩んでいるのを見て、
大人の善意が必ずしも本人の幸福を意味していないことを痛感したこともあった。

外国の実態を正確に理解することの困難さと奥深さを教えられる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
親族と内縁の妻との確執がよくわかりました。これほどワクワクさせてくれる作品はそうありません。相当な業を背負っていなければこれだけのものは書けないでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告