¥3,300
通常配送無料 詳細
ただいま予約受付中です。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミリタリー・カルチャー研究: データで読む現代日本の戦争観 (日本語) 単行本 – 2020/6/25


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2020/6/25
¥3,300
¥3,300
「予約商品の価格保証」対象商品。 詳細
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon.co.jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

戦後日本のミリタリー・カルチャーは、戦前・戦中への徹底的な批判や否定から出発した。このことが、海外諸国とは異なる日本独自のミリタリー・カルチャーを作り出した。

1960年代に隆盛した少年週刊誌の戦記マンガ、プラモデルなどの少年文化は、敗戦後に抑制されていたミリタリー・カルチャーの復活をもたらした。その後、2010年頃を転換点として、メディアやポピュラー・カルチャーから戦争や軍事組織をイメージする世代が多数派となり、これが市民の戦争観や平和観にも反作用を及ぼして、ミリタリー・カルチャーの構造的な地殻変動をもたらしている。

現代日本のミリタリー・カルチャーを、市民の戦争観・平和観を中核とし、それと構造的に相関する文化的要素で構成する諸文化の総体として、社会学・歴史学の立場から解明する。
「読む事典」でどこからでも入っていけるミリタリー・カルチャー研究の決定版!

執筆者;伊藤公雄/植野真澄/太田出/河野仁/島田真杉/高橋三郎/高橋由典/新田光子/野上元/福間良明/吉田純

目次
第1部 ミリタリー・カルチャーとは何か
1-1 なぜミリタリー・カルチャー研究をするのか
1-2 どのように調査をしたか
1-3 回答者はどのような人びとか
1-4 回答者の情報行動はどのようなものか

第2部 日本の戦争と戦後
2-1 戦争の呼び方
2-2 「戦争・軍隊」のイメージ
2-3 戦争責任をどう見るか
2-4 戦争裁判をどうとらえるか
2-5 「特攻」をどう考えるか
2-6 空襲の被害
2-7 戦争孤児
2-8 戦友会を知っているか
2-9 戦没者の慰霊と追悼
2-10 戦跡訪問と戦争・平和博物館

第3部 メディアの中の戦争・軍隊
3-1 日本の戦争映画
3-2 外国の戦争映画
3-3 活字の中の戦争・軍隊
3-4 マンガ・アニメの中の戦争・軍隊
3-5 「朝ドラ」と戦争
3-6 軍歌を歌えるか
3-7 歌の中の戦争と平和
3-8 自衛隊作品

第4部 趣味としてのミリタリー
4-1 趣味としてのミリタリー・概観
4-2 ミリタリー本・ミリタリー雑誌
4-3 兵器への関心
4-4 「戦闘」を体験する
4-5 プラモデル
4-6 ミリタリー・グッズとミリタリー・ファッション
4-7 軍事施設見学やイベント参加

第5部 自衛隊と安全保障
5-…

著者について

https://www.military-culture.jp

1959年生まれ。理論社会学・社会情報学専攻。著書に『インターネット空間の社会学』(世界思想社)、共編著に『モダニティの変容と公共圏』(京都大学学術出版会)、『新リスク学ハンドブック』(科学情報出版)、共著に『戦友会研究ノート』(青弓社)などがある。


登録情報

  • 単行本: 410ページ
  • 出版社: 青弓社 (2020/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787234692
  • ISBN-13: 978-4787234698
  • 発売日: 2020/6/25
  • カスタマーレビュー: この商品のレビューはまだありません。レビューを書いてください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 438,936位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません