ミリオンダラー・ベイビー [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,200
通常配送無料 詳細
発売元: ちゃがま堂
カートに入れる
¥ 6,980
通常配送無料 詳細
発売元: Route 77 (365日毎日発送、代引、コンビニ受取、ATM払等も可/海外発送対応)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]

5つ星のうち 4.2 226件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,104 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、スリーエース・スターズが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオミリオンダラー・ベイビー (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ミリオンダラー・ベイビー [DVD]
  • +
  • グラン・トリノ [DVD]
  • +
  • 人生の特等席 [DVD]
総額: ¥5,958
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリント・イーストウッド, ヒラリー・スワンク, モーガン・フリーマン
  • 監督: クリント・イーストウッド
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/10/28
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 226件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000AC8OV0
  • EAN: 4988013993402
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,858位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   トレーラー暮らしで育ったマギーのたったひとつの取り柄はボクシングの才能。彼女は名トレーナーのフランキーに弟子入りを志願し、断られても何度もジムに足を運ぶ。根負けしたフランキーは引き受け、彼の指導でマギーはめきめき上達。試合で連破を重ね、ついに世界チャンピオンの座を狙えるほど成長。しかし、思いもよらぬ悲劇が彼女を襲った。
   2005年のアカデミー賞ほか数々の映画賞を受賞したクリント・イーストウッド監督主演作は、単なる女性ボクサーの物語ではない。これはボクシングを通じて知り合ったマギーとフランキーの絆の物語。マギーは亡くなった父の姿を、フランキーは疎遠になっている娘の姿をお互いに重ね合わせ、そこに「家族」を見いだしていく。しかし、その絆が強固なものになればなるほど、後半マギーを襲う悪夢にフランキーは傷つく。マギーを永遠に逃れられない苦しみから救い出したいけれど、それは神に背くこと。
   イーストウッド監督はボクサーとトレーナーの関係を崇高な愛の物語にまで高めていく。ひとりの女性ボクサーの人生が、死生観まで考えさせる映画になったのは、イーストウッドの監督としての志の高さだろう。アカデミー賞では作品、監督に加え、ヒラリー・スワンクが主演女優賞、モーガン・フリーマンが助演男優賞を受賞。役者たちのパフォーマンスにも圧倒される傑作だ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

アカデミー賞主要4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督の大作。娘に縁を切られた男と家族の愛に見放された女が、ボクシングを通して、深い傷や苦しみを共に乗り越えていく。どこまでも強い絆が感動を呼び起こす。特典ディスク付き2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
見てしばらくはレビューが書けなかった。最高傑作&世界中が感動した という種類では無く寧ろ「完璧ではない傑作」と思う。物語・演出は良いが特別目新しさは無い。しかし、何故だか後々までも語りたい作品なのだ。
完璧では無いという事は、見た人に考える余地を残してくれるという事。老トレーナーのフランキーとマギーの父と娘のような愛、フランキーと元ボクサーのモーガンとの奇妙な絆、そしてレモンパイを食べる時だけは、フランキーとマギーはまるで恋人同士のよう。
これだけ愛の種があるにも関わらず登場人物はみな不器用で、年老いていたり、夢を見るには歳を取り過ぎていたりそれぞれの切なさと孤独を抱えそれでも生きている。
「それでも生きている」これが、後半に繋がってくるのではないか?後半、とある理由であのような病院生活になるマギーだが彼女は「最高の人生を生きた、それはあなたがいたから」と短い生に自ら別れをつげようとする。その十字架を引き受けるフランキー・・これは究極の愛、だとか、尊厳死がテーマとかそんなものではないと思う。生きる為の映画だ。生きる、最高だと思える人生を。ジムに通う苛められている少年・・一生をジムの清掃係として終えるであろうモーガン・・皆、それぞれが自分の生を生きている。
マギーのリングネーム「モクシュラ」意味を知った時、私は胸から何かが零れ落ちるような思いが
...続きを読む ›
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
最高の映画だった。
脳みその普段あまり使ってない部分が疲れる映画でもある。
精神的に見るのが辛い映画とも言える。

ともあれ、役者がまず良いと思った。
ヒラリースワンクという女優は、時間の経過を表現するのがすごく上手い人なんですね。
ボクシングの上達を段階的に表現するのが凄く上手かった。
女優自身が貧しい境遇を過ごしていたということもあり、貧しい女性のいじらしさみたいなものがしっかり活きている。
こういう細かい部分でリアリティを稼いだ分だけ後半のシーンがより痛切に心に響くんだなぁ…と思いました。

時間の経過の表現…ということで言えば、後半の病床で段々と心が壊れていくシーンの表現も凄かった。
最初は病床であんな余裕の笑顔を作っていた彼女…それが突然にして崩壊するという過程を映すだけで
映画に描かれていない部分、つまり「彼女なりに時間をかけて考えた」というところまで観る側に伝わってしまう。

そして、ボクシングトレーナーは彼女に対してどのような決断を下すのか…

映画はエンドロールが終わった時点で仕事を終えます。
観る側に普段あまり考えないことを考えさせるのも仕事のひとつかもしれません。

しかし
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/8/12
形式: DVD
スクラップが時おり見せる静かなユーモア。そして、純粋なデンジャー君の存在もポジティブで、サイドストーリーのようなアクセントになっている。もちろん、映画の中心になるのは、女性ボクシングチャンプをめざすマギーのファイトシーンとフランキーとマギーの擬似父娘関係です。娘と音信不通のフランキーは、マギーという娘を得、父親を亡くし、身勝手な家族を持つマギーも、フランキーの中に自分の父の姿を重ね合わせる。そこに流れる愛情は、本物の家族よりも強い。フランクはマギーに、ゲール語(アイルランド語)の「モ・クシュラ」というリングネーム(?)を贈ります。その意味は映画の最後に明かされますが、この言葉の意味が分かった時、フランキーのマギーに対する気持ちが理解でき、ラストが意味深いものになります。
モーガン・フリーマンがアカデミー助演男優賞を獲っていますが、彼の演じるスクラップの存在は大きい。フランキーに影のように寄り添い、片時も離れようとしない。スクラップは、フランキーにとって自分の分身のような存在だ。人づきあいのあまりよくないフランキーに代わって、周囲との緩衝材になっている。互いに直接何かを言い合うわけではない。でも、あえて言葉にせずとも、互いに気心は通じている。意地っ張りのフランキーがいずれ受け入れることを先回りして受け入れ、準備を整えるのがスクラップの役目。フランキーの「心の声」の代弁者になっている。これが映画の最後に生きてくる。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
身内が殺されるまで、恋愛映画が一番すきだった。

でも、今はこういう映画をよく見る。

許されざるもの、ミスティックリバー、そしてこの映画。

救いのない話なのに、見た後すごく救われた。

運命の理不尽に遭遇したときに経験する異次元の

感覚、思いがきっちりと描かれているからだと思う。

あの時から今も抱えているあの感覚を、

イーストウッドの映画は受けとめてくれる。

それだけで私には十分ありがたい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック