中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミューズ (講談社文庫) 文庫 – 2005/6

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第22回(2000年) 野間文芸新人賞受賞

内容紹介

記憶なんか要らない、この体があれば。新興宗教に狂う母に見捨てられた17歳の美緒は、矯正歯科医に恋をしかける。清新なエロス!
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 185ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062750066
  • ISBN-13: 978-4062750066
  • 発売日: 2005/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,270,348位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 デルスー トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/1/30
形式: Kindle版
世田谷区喜多見在住のモデルをしている女子高生が、国分寺崖線を隔てた成城の
歯科医を誘うという舞台設定や、粘着質ながらキレのある文体はなかなか面白いと
思ったが、裏設定の「失敗した巫女の卵」であるとか、破綻した親との関係とかが、
構成にもうひとつうまく嵌り切らず、後半はダレた印象。歯科医との関係もとくに
深まっておらず、唐突に訪れる破局にも必然性が感じられない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は赤坂真理のファンですが、それでもこの作品はちょっと重いと感じました。『ヴァイブレーター』のような出口がない、というところが大きいのだとは思いますが、それだけに一層、生きることの実感(のなさ)とか違和感が際立って表現されていると感じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 読み始めて暫くして、よもや、と思っていると、本当に石鹸だったので笑った、というのは前振りで、素材もエピソードも文章も悉く良い部分があるに構成がグダグダで困った、というのが本音。もちろん作者は判った上でそうしているのだろうが、普通ならば神の子に成り損ねたシーンの回想から入って、けれども読者にはそのシーンの意味が謎だからそれで引っ張り、そこに歯科医とのシーンを重層して少しづつ……になるだろうと思う。作者があえてそうしなかったのは、このお話を所謂「お話」にしたくなかったからだろう。だから、すべてが唐突で回想にも展開にも脈絡がない。あるのはその時点での今であって、だからすべてが生々しい。描写的な体液の質感もあるが、離人症に罹かると消えるという現実感を裏から支える生そのものがぴちゃびちゃぴちゃと生々しいのだ。話は逸れるが、家が近いことも合って「崖線」の一部「成城三丁目緑地」にも「電車基地」の上の「きたみふれあい広場」にも足を運んだ。前者は早朝だったので一部しか回れなかったが、なるほど小さな森だった。後者に至ってはまるで「プリズナー No.6」の「村」の一画のような既視感があった(例のベンチは修理中)。ところで作中には登場しないが「成城三丁目緑地」には送電・川世線第36番鉄塔が聳え立っている。その人工機能美(同時に景観破壊物でもある)等を取り込めば、作品の世界観はどこまでも連なって行ったかもしれない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 富海庵 投稿日 2005/11/2
形式: 文庫
好きか嫌いか、はっきり分かれる小説。
なんというか、「べたべた」「ねばねば」としたものが絡み付いてくる感覚。
話の筋というより、それを楽しめるかどうかの問題のような気がする。
賞も受賞しているのだから優れた作品なのだろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告