中古品:
¥ 1
+ ¥ 391 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ジャケット・ラベルにシールあり。商品はVHSです。中古レンタル落ちビデオの為、若干の日焼け、稀なノイズ、音の歪みがある場合がございます。商品発送前にクリーニング致しますが、レンタルシール等、奇麗に剥がせない場合は、そのままでの発送となりますのでご了承お願いいたします。万一返品が発生した場合、送料はお客様のご負担になる場合もあります。また、再生確認時に問題が発生した際にはメールにてご連絡させて頂きます。単品でのご購入の場合はゆうメールでの発送とし、商品代金の合計(送料除く)が3,000円以上もしくは購入本数が3本以上の場合は佐川急便の宅配便にて発送させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミュージック・オブ・ハート【字幕版】 [VHS]

5つ星のうち 4.6 52件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: メリル・ストリープ, アンジェラ・バセット, エイダン・クイン, キーラン・カルキン, グロリア・エステファン
  • 形式: Color, Subtitled
  • テープ数:: 1
  • 販売元: アスミック・エース
  • VHS発売日: 2001/02/23
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 52件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HUM0
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   2人の息子と共にNYのイーストハーレムに越してきた、バイオリニストのロベルタ。小学校で子供たちにバイオリンを教え始めて評判となったが、教育予算カットのため、教室は閉鎖に追い込まれてしまう。
   どんな逆境にも決して負けない、シングルマザーのロベルタのバイタリティに圧倒される。音楽を通して「やればできる」という可能性を子供たちに伝えていく彼女が、カーネギーホールで、教え子と一緒に念願のコンサートを実現させるシーンは、とても感動的だ。
   本作は、アカデミー賞ドキュメンタリー部門候補にもなった実話『スモール・ワンダーズ』を、『スクリーム』などのホラーの帝王、ウェス・クレイヴンが映画化したものだ。ロベルタを演じるのは、名優メリル・ストリープ。またアイザック・スターン、ジョシュア・ベルなど、有名バイオリニストも特別出演している。(斎藤 香)

レビュー

製作: マリアンヌ・マッダレーナ
監督: ウェス・クレイヴン
脚本: パメラ・グレイ
撮影: ピーター・デミング
音楽: メイスン・ダーリング
出演: メリル・ストリープ/アンジェラ・バセット/エイダン・クイン/キーラン・カルキン/グロリア・エステファン/チャーリー・オフハイマー/ジェイン・リーヴス/ジョシュ・ペス/ジェイ・O.サンダース
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
私にとってこの映画は、ラストシーンの子供達と偉大な音楽家の合奏が全てです。
合奏というのはとても楽しいものです。みんなと演奏をしていてのってくると、思わず頬がゆるんでしかたなくなります。
だからこの瞬間を求めて演奏の練習をしてしまいます。
この幸せ感は、ある程度の努力をした人達だけが得られるご褒美でしょう。
そして、まるでドキュメンタリー映像を見る様に、一生懸命演奏をする子供達と、その子供達をやさしいまなざしで見つめる大御所達。
子供達にバイオリンを教え、音楽の世界を広げた主人公の先生への、大御所達の感謝の気持ちもひしひしと伝わってくる気がします。
私の「音楽の心」を幸せで満たしてくれる映画です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
「実話に基づいて製作された・・云々」と言われる作品だが、どうなんだろう?。私は物語り(全体的に)「無理」があり過ぎるというか「脚色」され過ぎという感じがするのだが・・。例えば授業風景にしても、ハナから勉強などする気の無いハーレムの生徒達に、あんな授業をしていったい子供達が大人しく着いて来るのか?と思うのだ。授業の中でこそ「おおっ・・!」と言う様な指導上の「工夫」とか指導者の人間としての「魅力」がないと、授業の形態などは最初からとれないと思う。また(理不尽とは言え)気に入らない事があるとすぐ逆上して「一番の恩人」である筈の校長に食って掛かる様なキャラである。一方、補講のための「レッスンの月謝が払えない」と言った黒人の母親は、よく見れば結構洒落た服装をしていたりもする。つまり学校周辺の雰囲気の描写も非常に甘い気がする。また、アイザックスターンやイサークパールマンが客演したのは勿論凄い事なのだが、私ならそれぞれ個別の演奏会を聴かせてもらう。つまり子供達の演奏は本来はもっと素晴らしいものの筈なのでは?と思うのだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
夫と親友に不倫されたロベルタは、息子二人を抱え母の家に身を寄せている。
若い頃はヴァイオリニストを目指すも、挫折してプライベートレッスン教師。
夫への未練も断ち切れない… ロベルタは母に「自立しなさい」と諭される。

ハーレムの小学校へ面接に行くが、女性校長の結論は“経験の無さ”から不採用。
しかしロベルタは“子供用ヴァイオリン50挺”という隠し玉で、採用をもぎ取る。
暴力が横行し、銃声が響く街で暮らす子供達相手に、ロベルタの課外授業が始まる…

今作が実話に基づいているということ自体が、とても嬉しいのです。
人と音楽の出会い、人と人との出会い、暴力への哀しみ、助け合い、思い遣り…
特に一流の芸術家たちがロベルタに敬意を表し、協力を惜しまなかったところ。
良い意味で 「アメリカらしい」 出来事だと思いました。
ラスト近くのロベルタの母の言葉は、正に“人間万事塞翁が馬”

「自分ならスラムの子供たちを救える、と言う白人教師は前もいた」と言う保護者に、
「誰かを救うつもりなんて無い。シングルマザーで仕事が必要なの」と返すロベルタ。
音楽にも生活にも母親という立場にも、人種なんて関係無い。 そう受け止めました。
今作を見
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
どんな楽器でもそうですが習得には
(そもそも"習得"なんてできるのかなあとも思いますが)
大変な努力と根気と向上心が必要です。
本作にも「バイオリンを習うことは人生において努力することによって何が可能になるか教えてくれる」という内容のセリフだ出てきます。
けだし名言だしこの作品がこんなにも胸を打つのはそこだろうと思います。
バイオリンの先生が生徒の一人ひとりと正面から向き合う姿も素敵です。
「優しいだけの先生はいっぱいいる,でも先生の厳しいレッスンが好き。」こんなこと生徒から言われたら先生冥利につきますよね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ニューヨークの下町の小学校。そこには決して豊かではない、そしていろいろな問題を抱えた子どもたちが通っている。失業中の女性バイオリン教師が自分の子どもたちを食べさせるために、やっとの思いで音楽講師の職をつかみます。しかしバイオリンを見たことも触ったこともない子どもたちに、一からバイオリンを教えるのは並大抵のことではなかったのです。・・・
この音楽教師がどんな境遇にも、どんな妨害にも、どんな困難にも打ち勝って、物語はついに・・・「決して希望を失わない、最後まであきらめない」ことの大切さ。教育者としてだけではなく、何よりも人間として子どもたちと音楽を通じて関わっていくひとりの音楽教師の生き方に素直に感動しました。
家庭の事情でバイオリンの才能があるのに断念せざるを得ない子どもや、巻き添えでギャングに殺されてしまう子どもがいる反面、子どもたちの、あの自信に満ちた楽しそうな顔は、私もさわやかな感動を覚えました。実際にあった話でもあるので、実際の主人公本人も、本編外でインタビューで登場します。
人に何かを教える、伝える、ってむずかしいようで実は簡単なのかもしれない。素直に同じ人間としてぶつかっていくことの大切さを感じました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック