¥ 2,400
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミュシャ展 大型本 – 2017/3/10

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2017/3/10
"もう一度試してください。"
¥ 2,400
¥ 2,400 ¥ 2,809

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ミュシャ展
  • +
  • ミュシャのすべて (角川新書)
  • +
  • もっと知りたい ミュシャの世界 (TJMOOK)
総額: ¥4,452
ポイントの合計: 56pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家ミュシャ(ムハ)。パリで活躍したミュシャが、故郷チェコに帰り傑作《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を時代ごとに作品で紹介。チェコ国交回復記念60周年を記念し国外不出の《スラヴ叙事詩》全20点を展示する国立新美術館『ミュシャ展』公式図録兼書籍。

内容(「BOOK」データベースより)

最高傑作『スラヴ叙事詩』全20作、チェコ国外世界初公開。国立新美術館『ミュシャ展』公式カタログ。華やかなアール・ヌーヴォー時代から苦悩の大作『スラヴ叙事詩』まで最新の研究を一挙収録。ミュシャという宇宙に浸る決定本。


登録情報

  • 大型本: 252ページ
  • 出版社: 求龍堂 (2017/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763017039
  • ISBN-13: 978-4763017031
  • 発売日: 2017/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 29.7 x 21 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 83位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニキ 投稿日 2017/3/23
価格高騰している様ですが、定価は2400円です。
公式通販などでも買えるし、また入荷すると思います!

ネットで会場では買わない方が懸命とあったので、
amazonさんは入荷待ちだったので、
別の書店通販サイトで買いました。
届いて見た感想はとにかく重い!の一言。
確かに、展覧会場で買うと荷物になりますね…。

何故こんな厚みなのかというと、
文献が英語の原文の方も収録されてるからです。
それだけで結構な枚数です。
図版の大きさは、スラブ叙事詩は見開きですが、
リトグラフ関連は割りと小さめです。
とにかく文面が多いです。
スラブ叙事詩は解説が詳細で、
時系列や場所の地図まで書かれているし、
他のも基本的な事は網羅しているので
資料的価値としてはほぼミュシャ完全版でしょう。
でも、気楽には見れない重さの本です。
資料としては買いですが、
気軽に楽しみたいなら他のムックでも良いかと。
でもこの情報量としてはコスパは高い思います。

なので、展覧会を楽しむなら事前に通販で買い、
家で予習として読むのがオススメかと思います!
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
アール・ヌーボーの旗手アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が後半生をかけて挑んだ超大作「スラブ叙事詩」が来日している(3/8〜6/5)。チェコ国外で全20点の同時展示は過去に例がなく必見だ。多くの解説書が出ているがやはりこの公式カタログが最も充実している。図版の画質はやや高級感に欠けるがこの大きさは魅力であり、作品の舞台となった場所の地図を付すなど解説も工夫があって丁寧だ。記念すべき展覧会の貴重な記録として2400円はリーズナブルだろう。

「スラブ叙事詩」は確かなデッサン力に裏打ちされた写実性と世紀末の象徴主義の見事な総合である。それぞれ単体でも傑作揃いだが、20点を通してスラブ民族の黎明期から近代に至る歴史を辿る構成になっており、あくまで全体で一個の作品である。優れた美術作品は解説などなくとも堪能できる。だがこの「スラブ叙事詩」に関しては、パリの流行作家として名声を博していたミュシャが、なぜ突然祖国チェコに戻り、20年近い歳月をそれ迄の作風と全く異なる作品に捧げたのか、その背景をスラブ民族の苦難の歴史と合わせて踏まえておきたい。展覧会の予習と復習に是非手元に置くことをすすめる。

「スラブ叙事詩」は一応は歴史画と言えるが、よくある歴史画との大きな違いはそこに「英雄」がいないことだ。中心的な人物(例えば戴冠するセルビア皇帝や説教するフス師)がいた
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
他の方がこと細やかに説明されているのであえて内容などは省きますが画集というより読む部分が多いです。説明文=絵といったバランス。
そして重いです。単品で持つぐらいならそこまで…と思いますが、長時間持って移動となると気になると思います。
できれば実際この目で見たかったですが開催中に行けないのでこの本を手に入れられただけでも良かったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
チェコで生まれ、主にフランスで活躍した画家ミュシャの画集です。現在(17年6月5日まで)、国立新美術館で行われているミュシャ展の図録であり、その目玉が初来日の「スラヴ叙事詩」なので、本書においてもかなりの紙幅をその解説に費やしています。

ミュシャ展の思い出だったり、あるいはスラヴ叙事詩に特化して知りたい方にはよいかと思います。ただ、展示会でも思いましたが、スラヴ叙事詩以外の作品部分が弱く、物足りなさがあります。展示会はそれとして、購入する画集としては、『アルフォンス・ミュシャの世界 -2つのおとぎの国への旅-』(海野 弘)の方が、バランスがよいと感じます。

良くも悪くも、スラヴ叙事詩に特化した画集です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2017年に国立新美術館で開催のミュシャ展のカタログ。展覧会の作品をすべてカラーで網羅。会場での説明は簡潔なボードがあったが、本図録の説明はスラブ叙事詩の部分は充実しており、二色刷りの写真に矢印などが施されたものを左に、日本語と英語の説明を右に配した見開きのスタイル。説明は二か国語で書かれているので半頁以下という短さなので読むのには適当な長さ。他の作品の説明は会場のボードにあったものより、やや長い程度で簡潔でよい。この他、コラムと学術記事(参考文献付きで高度な内容)が適度な長さで収録されているが、その中のいくつかは本展との繋がりが薄く、写真がカラーでなかったり、収録されている作品に観客が写っていたりと改善を要する。本図録の最初の18ページはスラブ叙事詩の一部分のアップなのだが、どの場面をアップしているのか不明なものがあり、カラーページを有効に使っているとは言えない(学術記事の写真をむしろカラーにすべき)。本図録のすべてが、二か国語で書かれており、参考文献もあることから学術的価値のあるものとなったが、こうしたスタイルが一般読者を対象とする図録として適当かどうかは疑問が残る。本展と関係性の薄く専門性の高い記事は、展覧会の図録にはなじまず、むしろ学術誌に投稿するべき。本展のスラブ叙事詩以外の作品は堺市からの貸与が多い。私が個人的に本展でもっとも印象に残ったのはそうした作品の一つで、ミュシ...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告