この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミミック [DVD]

5つ星のうち 4.0 27件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 2,700より 中古品の出品:10¥ 293より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ミラ・ソルビーノ, ジェレミー・ノーサム, アレクサンダー・グッドウィン, ジャンカルロ・ジャンニーニ, チャールズ・S・ダットン
  • 監督: ギジェルモ・デル・トーロ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東芝デジタルフロンティア
  • 発売日 2007/05/25
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006F1V3
  • EAN: 4900950229604
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 110,575位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   mimicとは擬態の意。動物が身を守ったり、敵を攻撃したり、色や形を周囲の物や捕食者に似せることをいう。
   ゴキブリを媒介として子供たちを死に至らしめる伝染病が、近未来のニューヨークを襲った。昆虫学者スーザンは、遺伝子操作でDNAをもたないゴキブリの天敵「ユダの血統」を発表。伝染病は絶滅したかのように見えたが、「ユダ」は進化し、人間に擬態して変化を遂げていくのだった。
   遺伝子操作によって巨大化したゴキブリは迫力の5.1chで部屋中を不気味な羽音をたてて飛びまわり、襲いかかるゴキブリを踏みつぶせば、飛び散る体液。観賞後もその気味悪い効果音が耳から離れない。冒頭のクレジットシーンはまるでミュージッククリップのようにおしゃれだが…生理的な恐怖や嫌悪感を強く感じてしまうから、ゴキブリ嫌いな人は絶対に見てはならない。(ビーンズおがわ)

内容(「Oricon」データベースより)

近未来のニューヨークを舞台に、人間に擬態し、捕食する昆虫“ユダの血統”の恐怖を描いたスリラー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
もーね、臭いです。
この作品は。
監督の体臭がプンプンしてきます。
もーね、こだわりまくりのグロテスク映像炸裂!!
デル・トロ監督の悪趣味極まりないセンスが大爆発!!

楽しすぎですよ。

人間のフリしたデカ虫がガシガシ変形して、ミラをとっ捕まえよーとぶっ飛んでくるシーンは鳥肌もの!!

巨大なデカ虫のウ○コが天井からドドーン!とぶら下がってるシーンなんて感動しすぎた。

後半は「エイリアン2」ノリでサイコー!!

超絶傑作デカ虫スリラー!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タカ VINE メンバー 投稿日 2012/2/2
形式: Blu-ray Amazonで購入
北米、英国、カナダでは、特典付きのディレクターズ・カット版で発売されている本作。
ワーナーHPには「ディレクターズ・カット」とありながら、裏パッケージには106分表記。
どうやら日本はフランスやオーストラリアと同様、劇場公開バージョンの模様。
(※フランスもディレクターズカット版で発売のようです)
北米盤の画質は良好。
ディレクターズ・カット版=ベストバージョンでは決してないが、それとは異なるマスターとなると、
素性も含め不安が募る。
そもそもMIRAMAXという括りで発売されているのに、なぜ国によってこのような差別化がなされるのか。
まさか既存の吹き替え音声をそのまま使いたいがための措置ではないだろうが・・・。
唯一の特典の日本版予告編も、ありがたみゼロ。

追記
日本盤と北米盤の本編をざっと比較してみました。
北米盤は上下にわずかにマスクをかけた1:1.85 ビスタとしてるのに対して、日本盤はマスク無しの16:9。
いくつかのシーンに絞って画質を比較した限りでは、ほとんど差異はないように見えました。
地下鉄のシーン辺りでややグレインが浮いたり、一部撮影時の問題?と思えるようなピンボケ気味の
カットもありますが、まずまずの
...続きを読む ›
1 コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 WARP VINE メンバー 投稿日 2002/7/17
形式: DVD
都市伝説がテーマにもなっているお気に入りの映画です。この作品に参加している監督のギジェルモ・デル・トロ、主演のミラ・ソルビーノ、脚本にはソダーバーグ、ジョン・セイルズ、音楽はマルコ・ベルトラミ、そしてカイル・クーパーとお気に入りに人たちの名前がずらーり。お話はエンディングがもうちょっとという気もしますが、人間に擬態した巨大昆虫が地下鉄のホームに立ってる・・・とうだけでストライクです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キャルU.K. トップ100レビュアー 投稿日 2015/12/9
形式: DVD
ギレルモ・デル・トロ監督による遺伝子操作を題材にしたSFモンスター映画の傑作(1997年製作)。 

ゴキブリの天敵としてシロアリとカマキリの合成生物を遺伝子工学で誕生させた「ユダの血統」が、
人間の大きさとなり、ロングコート姿の男に擬態するまで進化するという着想が面白い。

事件の元凶である昆虫学者スーザン(ミラ・ソルヴィノ)が、地下鉄のプラット・ホームで、
人間に擬態した「ユダの血統」と遭遇し、未知の世界へ入り込んでいくシークエンスは圧巻。

雨が降りしきる幻想的な光景の中、得体の知れない影が犠牲者を追いかけてくる場面の不気味さや、
死に怯える犠牲者の戦慄の瞬間を演出した悪夢のような映像など、
奇妙に生々しく不条理なことが起こったときに生まれるリアリティがあった。

ヌメヌメした気色の悪い粘液的な表現や生理的嫌悪感を引き起こす演出があるので、
粘液系の苦手な人は要注意である。
「ユダの血統」のデザインは「遊星からの物体X」(82)のSFXを担当したロブ・ボッティンである。
昆虫系モンスター・パニック映画がお好きな方にお勧めな1本。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ギレルモ・デル・トロ監督のハリウッド進出第1弾。主演はミラ・ソルヴィノ。「エイリアン」シリーズのエレン・リプリーのような雰囲気を持った戦うヒロインを演じている。昆虫の標本と新聞などをコラージュし、サブリミナル風な細かいカットで繋げたオープニングなどは、「セブン」の頃のデヴィッド・フィンチャー監督を思わせる。

昆虫が人間大にまで成長するというのは、遺伝子操作をしたにしても大きくなり過ぎだろうが、太古の昔には何mもある昆虫がいたというから、あながち無茶な設定ではないのかもしれない。「ユダの血統」がわずか3年で人間への擬態を身に付けたのは進化の脅威だろう。スーザンが作中で言っている通り、重要なのは「何年経っているか」ではなく「何世代経っているか」なのだ。

科学で全てをコントロールしたつもりがしっぺ返しを食らうという定番なストーリー。虫を売りに来た子供たちに蟻の巣の説明をする事で、終盤の地下鉄のシーンでの構造がわかる脚本には、デル・トロ監督だけではなくジョン・セイルズ監督やスティーヴン・ソダーバーグ監督がノンクレジットで参加している。

「ユダの血統」のデザインは「遊星からの物体X」のロブ・ボッティン。太ったゴキブリのようにでっぷりしていて、それでいてシャープな嫌悪感を感じさせるデザインに仕上げている。もし、デル・トロ監督自身
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック