中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 文庫 – 2007/2/10

5つ星のうち 3.8 109件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572 ¥ 297
文庫, 2007/2/10
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、美しき魔物の王にその身を差し出す。願いはたった、一つだけ。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。―それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の崩壊と再生の物語。第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作、登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

紅玉/いづき
『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞「大賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 274ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2007/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840237158
  • ISBN-13: 978-4840237154
  • 発売日: 2007/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 10.4 x 3 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 109件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 368,426位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
夜の森に逃げ込んだ少女と森の魔王の物語。
童話のようでもありファンタジーのようでもある物語なのに、ヤングアダルト向けのライトノベルズのような体裁なのに、どうにもこうにも捲き込まれ揺さぶられてしまいます。
巻末の解説の有川浩さんも全く同じ感想を持っているのには苦笑してしまいながらも納得。

まだ若い作者のあとがきを読むとこの物語の引力の源泉が少し理解できます。
「私は安い話を書きたいの。
 歴史になんて絶対残りたくない。 
 使い捨てでいい。
 大人になれば忘れられてしまう話で構わない。
 
 ただね。 
 読んだその時のその一瞬だけ。
 心を動かす光みたいなものが、
 本なんてつまんないって思ってる、誰かの
 世界をこじ開けるみたいな、
 私にとって特別だったこの物語が
 未だ見ぬ誰かの特別になるような話を。。」

職業に貴賤はないというけれども、本にも全く同じことが言えるなあ、と暢気な感想をを抱く自分であります。
まさしく、自分が作者の狙い済ましたジェネレーションの読者であったとすれば結構な衝撃ではなかったか、と薄ら寒い思いがします。その爆心地は狭いであろうが穿たれる穴は底が見えぬ程に深い。
引き続きこの作者の追っかけをしようとする決意を固めたのでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
盗賊の村で労働的な奴隷として虐げられてきた少女ミミズク。

全てが嫌になったミミズクが望むのは、死体処理の経験から死体は汚い=森の魔物に食べられると死体も残さず綺麗に食べられてしまう=綺麗に死にたいから、
魔物の王に『あたしの事、たべてくれませんかぁ』とお願いするものの、
人を食べる習慣もなく、人嫌いで世捨人な『夜の王』はミミズクの願いを断る。

孤高な 『夜の王』との出会いから、ミミズクに感情と生きる意志が産み出され、とある王国も関わってくる中、温かな感動の涙に包まれる、大人でも楽しめる素晴らしいおとぎ話的なファンタジー作品。

僕がかつて、心機一転して成人以降の本格的な読書を開始した2011年元旦に読んだ、読書再開の原初の本であり3回目の再読でありながらも、今回もきっちり泣かされた神作品(^-^*)/
とあるライトノベル大賞作品であるものの、ライトノベルに留めるには凄く勿体無く思えた大人でも存分に楽しめるおとぎ話。
童心に浸りつつも感動で泣きたい時にオススメですO(≧∇≦)o
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 癒歌 投稿日 2009/2/1
形式: 文庫
賛否両論の作品ですが、私はこの作品が好きです。
でもきっとそれは、先入観がなかったからだと思います。

本好きな叔父さんからライトノベルを紹介された時は驚きましたが、ライトノベルにも良い作品があるのは知っていたので、ただの一冊の本としてそのまま読み始めました。
大賞とか、泣けるとか他の方の評価などは、何も知らなかったのです。
結果、私は物語に引き込まれ、一気に読み切ってしまいました。

しかしもし、先入観があったなら別な読み方をしていたかもしれません。穴をつこうと思えばいくらでもつくことができると思います。
その点、私に先入観がなかったのはたまたまです。
ですが、その状態で本を読んだ時の感動はとても大切なものであり、純粋な評価でもあると思うのです。

「好きな」作品と「良い」作品をイコールで結ぶことは難しいのですが、この作品を好きだと思ったのでこの作品をお勧めします。

洗練された宝石ではなく、原石のようなお話だと私は思います。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 seafey VINE メンバー 投稿日 2009/11/26
形式: 文庫
賛否両論が非常に分かれる、珍しい作品だと思います。
文章の稚拙さ、ミミズクの口語の独特さはやはり、
読み進めていく上での障害にはなりますが、まあ、慣れます。
この辺がしっかりしていない作家は沢山いますので、
それと物語の面白さは必ずしも一致するものではないと思います。

私は作中のただ一言。
「よく、ここまで生きて来たね」
この言葉に胸を打たれました。
 
大賞という割には敷居の高い(のめり込みにくい)作品です。
しかし、萌えとかバトルとか、そういう要素に埋め尽くされたライトノベルの中で、
新たな方向性を感じさせてくれる作品ではないでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー