この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ミニマリズム (日本語) 大型本 – 2011/5/1

5つ星のうち3.9 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥3,200
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ミニマリズムという用語は、1960年代に幾何学的な技法を全体にあるいはシリアルな形で用いて新しい種類の抽象芸術を生み出したアメリカのアーティストたちの活動を表す言葉として生まれたものである。本書は、カール・アンドレ、ダン・フラヴィン、ドナルド・ジャッド、ソル・ルウィットなど、ミニマリズムに関係した主要な人物の経歴、さらにはミニマリズムと関わったその他のアーティストの活動を扱っている。具体的に対象となっているのは、彫刻家のラリー・ベル、エヴァ・ヘッセ、ジョン・マクラッケン、ロバート・モリス、アン・トルット、そして画家のジョー・ベーア、ロバート・マンゴールド、ブライス・マーデン、アグネス・マーティン、ロバート・ライマン、およびフランク・ステラなどである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

マイヤー,ジェイムズ
美術史家で著述家であり、アトランタのエマリー大学で現代美術および批評論の教鞭をとっている。1960代のアメリカのアート様式であり、現代的な批評形態であるミニマルアートの専門家として高名。カール・アンドレ、ドナルド・ジャッド、ダン・フラヴィン、ソル・ルウィット、そしてジョー・ベーアに関する文章をはじめとして、ミニマルアートに関する広範囲な執筆活動を行なっており、さらに最近では、メル・ボックナー、エルズワース・ケリー、マーク・ディオン、クリスチャン・フィリップ・ミュラー、アンドレア・フレーザー、およびレネー・グリーンの展覧会のカタログに文章を寄せている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : ファイドン (2011/5/1)
  • 発売日 : 2011/5/1
  • 言語 : 日本語
  • 大型本 : 199ページ
  • ISBN-10 : 4864410003
  • ISBN-13 : 978-4864410007
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
6 件のグローバル評価
星5つ
19%
星4つ
50%
星3つ
31%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年11月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2006年6月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年10月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年10月22日に日本でレビュー済み
2005年9月10日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告