ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア〜シーズ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 風来坊堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆概ね良好なコンディションです。【検品担当者より】外箱・ケース2枚・ディスク4枚の出品になります。ディスクにキズが少しあります。ケースに擦りキズ・ヨゴレが少しあります。外箱の角に凹みが少しあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,832
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア〜シーズン1DVD-BOX 【4枚組】

5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 12,600
価格: ¥ 5,280 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 7,320 (58%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆TP shop ◆【年中無休・毎日迅速発送・保証付】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 5,280より 中古品の出品:8¥ 1,399より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア〜シーズン1DVD-BOX  【4枚組】
  • +
  • ミディアム ~霊能捜査官アリソン・デュボア~シーズン2 DVD-BOX
  • +
  • ミディアム ~霊能捜査官アリソン・デュボア~ シーズン3 DVD-BOX
総額: ¥23,281
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: パトリシア・アークエット.ジェイク・ウェバー.ミゲル・サンドヴァル.デヴィッド・キュービット
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2007/09/21
  • 時間: 685 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000TILW8W
  • JAN: 4988113821674
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 114,857位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★実在するミィディアム(=霊能者)の犯罪捜査を描く、衝撃の新感覚ミステリー!!
★主演のパトリシア・アークエットは、本作でTV界のアカデミー賞“エミー賞最優秀主演女優賞”受賞!
★実話に基づいたスピリチュアル系ミステリー&サスペンス!
【実在の霊能者アリソン・デュボアとは・・・】
6歳で死者の声を聞き、過去の事件を追体験したり未来を予知する霊能力に気づく。
全米の司法機関で犯罪捜査官として現在も活躍中。
半生を綴った自伝書はニューヨークタイムスベストセラーランキング入り。
【ストーリー】
家庭の主婦であり、娘三人の母であるアリソンが、死者とコミュニケーションできる霊能者として犯罪捜査に協力していく姿を追う。
意外な真相が待ち受ける犯罪捜査の一方で、家族と過ごす日常生活。その両方で奮闘するヒロインを等身大で描く傑作人気TVシリーズ!!

Amazonレビュー

   グレン・ゴードン・キャロンにとって『ミディアム』が『こちらブルームーン探偵社』以来最高のテレビ作品になっただけでなく、1980年代にやはりこの作品で視聴率を稼いだ全盛期以来の成功となったことは、けっして偶然ではない。本作品はインタビューも含めた5枚組で(ファースト・シーズンの16話をすべて収録し、特典映像もたっぷり)、脚本、監督、プロデュースを担当したキャロンは、『サムシング・ワイルド』や『愛されちゃってマフィア』といった映画にいくらか刺激を受けて本作を作ったと打ち明けている。キャロンの言う“シリアスと軽薄の絶妙なバランス”を監督のジョナサン・デミが作り上げた作品2本だ。『ミディアム』は『こちらブルームーン探偵社』と、やはりキャロンが製作した1999年作品で過小評価された『Now and Again』の要素を含んでいる。『ザ・センチネル』と『デッド・ゾーン』の影響もあり、『シックス・センス』の影響が色濃いことは言うまでもない。つまり、他に例を見ないものではないが(だが、テレビにそのような番組があるだろうか?)、『ミディアム』は一見の価値ある保証付きのエンターテインメントにしあがっているのだ。パトリシア・アークエット演じるアリソン・デュボワは、ミディアム(=霊能者)と超能力(人の心を正確に読めて、未来を予言できる)のふたつの力を持っている。その力でフェニックス地区検事(ミゲル・サンドヴァル)を大いに助けるのだ。だが、超自然的な力を持つ大半のキャラクターと同じく、アリソンも自分自身の能力のためにつらい思いをしている。ひどい悪夢に悩まされるために(各エピソードの冒頭を飾る)、アリソンは気むずかしく、落ち込んでしまいがちだ。そしてどうやら飲酒の問題もあるらしく、支えになってはくれるが疑い深い夫のジョー(ジェイク・ウェバー)といつもケンカになってしまう。こうした要因が人物造型に大いに役立っており、見応えのあるレベルを維持できている。中にはアリソンがもっと危険に晒される状況があればなお良いと考える人もいるだろう。何しろ彼女は死体愛好症の連続殺人犯や飛行機墜落事故から、幽霊や児童虐待者まで、あらゆることに対処できるのだ。だが、キャロンは特殊効果や警察の捜査よりも、仕事と家庭のバランスをはかることを含め(サブプロットで描かれる幼い娘たちはつねにいい影響を番組に与えている。もっとも、とくにあまりにもキュートすぎることはあるが)、アリソンの人間性を引き出すことにフォーカスしている。『ミディアム』がうまくいっているのは、物語や脚本ありきだからではない。こうしたバランスを見極めたキャロンこそが、この番組の真の柱なのだ。たっぷり1時間を超える特典映像には削除シーン、いくつかのエピソードについてのコメンタリー、メイキング映像、そしてここに描かれたフィクションと同じように印象的な力を持つという実物のアリソン・デュボワについてが収録されている。(Sam Graham, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

アリゾナ州フェニックスに住む平凡な主婦として暮らしていた主人公が、霊能力を駆使して事件解決のために警察の捜査に協力していく。主人公のアリソン・デュボアは実在する霊能者である。番組の開始は必ず登場人物が見る夢のシーンからスタートする。
基本スタイルは1話完結。シーズンをまたいで2話完結の場合も。3シーズンでは最終話が3話連続で4シーズンに持ち越す形となった。アメリカではシーズン5が放映中らしい(You Tubeより)

最近のスピリチュアルブームに加え、犯罪の裏に潜む人間ドラマがとても見ごたえがあります。「アリソン」が子持ちで共働きの主婦、しかもパートという身近な存在であることが共感を覚えるのではないでしょうか?「霊感」≠特殊な能力、ない方がいいかも…と思いつつ、正義感も捨てきれない。いやがおうにも巻き込まれ、事件解決まで「悪夢」がアリソンを解放してくれない。仕事と家庭の両立の難しさ。時に夫婦喧嘩。特殊な能力を持ちながらも生活感が滲み出る「親近感」が人気を呼んだと思います。

科学者でありながらアリソンを否定することなく受け入れる夫のジョー。「良き夫」「良き父」であり、感情でつっぱしるアリソンを理論で導きます。「霊感」よりも「夫・ジョー」の方が神様のギフトに見えてしまうのです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
心霊や超能力を扱った類の番組は沢山あるけれど,このドラマは他と違う.

実在の人物や事件に基づいてる点だけを中心にしているのではなく,背景にある家族との生活,同僚からの偏見によるもどかしさにも重点を置いて丹念に表現されており,そしてまた何よりも「完璧」でないところに引き込まれる.

見えるビジョンは断片的なものが多く,彼女はその映像,また時として自分の能力に疑心をつのらせては,悩み模索する.常に余裕の表情であらゆるものを一瞬にして感じ取るミディアムも確かに存在するかもしれない.でも,この苦悩する場面をありのまま細かく描いてるあたりに現実味がある.それに加え断片的に見える映像に,ドラマとして観ている側にも不思議な感覚を体感させたり,夫とのウイットに富んだ会話に笑ったり,とにかく最後まで目が離せない.

「事件物」としてだけ捉えて観たばっかりに,結末に釈然としないと言った私の友人.そう感じる人もいるだろう.けれど,もっと広い視野で観てほしい.

あまりに気に入って,彼女の本も読んでみた.近年母を亡くして,毎晩行き場の無い悲しみに収拾がつかず,人から勧められるまま,その手の書物は読みあさったが,どれにも心は動かされなかった.しかしながら,彼女の文章には涙が止まらなかった.彼女は自分の持つ特殊能力に驕った考えが
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ドラマはアリソンが悪夢にうなされて目覚めるところから始まります。
それは近々彼女が携わる事件に関係するものだったり、いつ起こるのか分からない予知夢だったり、時には何十年もの過去、アリソンが生まれる前に起きた事件の事もあります。
事件を追って容疑者に会い、現場に立ち会ううちに彼女の脳裏にイメージの断片が浮かび、だんだんと真相へと近づいていく。その過程が楽しくて必ず一気に最後まで見てしまいます。
アリソンの霊能力はとても高いのに、彼女はとても人間くさくて、正義感と優しさゆえに事件を明らかにしたくなくて悩んだりもします。
そして家庭でのアリソンもとてもリアルに描かれています。三人の娘に振り回されていつも雑然とした家の中とか、家で夫婦や娘たちが全然イケてない姿でゴロゴロしている様子とか。
お茶目でかっこいい旦那様とかなりユニークな次女が可愛らしくて大好き。そしてスキャンロン刑事。いざって時に頼りになる男。ちょっと陰のある感じでかなりかっこいいです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とっても楽しくいつまで観てても飽きないドラマです。FOXでデュボアを知り大ファンになりました。映画は字幕版でないとリアル感がないので吹き替え版は観ないのですが、アリソンはどちらでも楽しめます。霊能者の存在は社会的には受け入れるのは厳しいのでしょうが、人間窮地に追い込まれると例えば子供が行方不明になったとか、密かに裏で藁をも掴む思いで霊能者アリソンにすがりついて来ます、。決して表立って認めようとしない所は腹立たしさも感じますが、これが建前上の世の常なのでしょう・・それでも正義感にあふれ必死でメッセージを伝えようとするアリソンの姿には圧倒されます。彼女がそうするのではなく死者の思いがそうさせるのだと思うとアリソンはある意味宿命を負った使者なのではないでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す