中古品
¥ 303
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 personal-books 
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに微かなヨレはありますが、本体は使用感もあまりなく、書き込みや折れもなく良好です。◆アルコール除菌消毒の上、防水ビニールとプチプチで包装して迅速ににて発送致します。◆日・祝日休業、2営業日(48時間)以内に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミッドナイト・ミートトレイン (集英社文庫) 文庫 – 1987/1

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 228

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

血を抜かれ、毛をそられ、逆さ吊りにされた全裸の死体が4つ、地下鉄の震動に合わせて揺れている。カウフマンは恐怖におののいた。肉切り包丁を手に、死体を処理している男こそ、《地下鉄内連続惨殺事件》の真犯人だ!この殺人鬼マホガニーは、人肉を食う奇妙な集団に、人間の体を提供する役目を担っていた。屍肉と血の海のなかで、カウフマンとマホガニーの死闘が始まる。極彩色のスプラッタ・ストーリーを通して、大都会の底なしの恐怖と神秘を描く表題作ほか、4編を収録。世界幻想文学賞、英国幻想文学賞受賞作。


登録情報

  • 文庫: 300ページ
  • 出版社: 集英社 (1987/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087601250
  • ISBN-13: 978-4087601251
  • 発売日: 1987/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 158,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ゲチョゲチョのスプラッターです。

小説なのに、シリーズタイトルの『血の本』の通り、血の色が見えるようです。

ってゆーか、ページの隙間から滴り落ちてきそうなくらい。

本自体が血を何ℓも吸い込んでいるかのような描写が迫ります。

この作者はイギリスはリヴァプール生まれ。かのジョン・レノンの同窓生。(1952年生まれなので、

1940年生まれのジョンと面識があったかどうかは不明。)

アメリカ産スプラッター・ホラー映画の持つ『荒々しさ』と

イギリス本来の伝統的な『幻視性』や『皮肉さ』『不気味さ』などを併せ持った作風は、

この作者特有の味です。

この作家を知ったのはある映画がきっかけでした。

『ヘル・レイザー』(1987年イギリス)。

原作・監督・脚本までバーカーが行っていて、この作者が、小説を書く際、常に映像を意識して

書いていることが、見て取れます。(原作小説のタイトルは『ヘル・バウンド・ハート』)

今作の『ミッドナイト・ミートトレイン』は『血の本シリーズ全6巻』の1作目で、全部で23編の
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
唐突にこれを思い出しました。「丘に、街が」。
無数の人間で構成された巨人という、圧倒的なイメージ。
脚部や内部の人間は圧死し、血みどろの巨人が動く。
「進撃」や「太平洋岸」などより数段よろしい。

原題が「In the Hills, the Cities」。
これで画像ググると、ファンアートが見れます。
なんとも恐ろしい。よくぞ絵にしたものです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まず、未読の人に伝えたいのはクライヴ・バーカーが唯のサイコ作家では無いと云う事です。

血の本と云う肩書が有るからそう思われても仕方ないのですが・・・。恐怖小説、幻想小説、

SF小説と幅の広い作家であります。私はもう少し血がいっぱいの短編集かと思っていたので

意外性に驚きました。嬉しい驚きでもありますね。B級グルメ的作家の域は出ないものの、

其の位置が丁度私の好みにピッタリ合うのかも。結局ホラー小説と云うものはB級であるほど

面白いのですから。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 blue_willowjp VINE メンバー 投稿日 2011/9/10
形式: 文庫
学生の時に「血の本」を知り読んだのですが、その後処分してしまいました。
しかし、最近また無性に読みたくなり、中古で購入しました。
読み始めると、当時の衝撃が再び走りました。

短編集ですが、「血の本」の世界観がまとまっているため、タイトルとなっているストーリー以外も背筋を凍らせながら楽しく(?)読み進めることができます。
でも、やはり一番印象的なのは、タイトルとなっているストーリーですね。
惨劇の描写が細かく行われているため、そのイメージが鮮明に思い浮かべることができます。
スプラッターホラーが好きな人にはお勧めの一冊です。

もしこの本が気に入ったら、他の「血の本」シリーズも同様にお勧めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック