日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)

 (2,734)
7.71時間33分2012G
ハリウッドの脚本家ギルは、婚約者とその両親と共に憧れのパリに滞在中。 そんな彼がある夜、0時を告げる鐘の音に導かれて迷い込んだ先は、芸術花開く1920年代だった! これは夢か幻かと驚くギルの前に、次から次へと偉人を名乗る面々と、妖艶な美女アドリアナが現れて・・・。(C)2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4独占配信中

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
カーラ・ブルーニマリオン・コティヤールレイチェル・マクアダムスマイケル・シーン
提供
角川書店
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.3

2734件のグローバルレーティング

  1. 60%のレビュー結果:星5つ
  2. 21%のレビュー結果:星4つ
  3. 12%のレビュー結果:星3つ
  4. 3%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

カナリア2018/07/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
非常に感性バランスのとれた作品
確認済みの購入
「即物的に生きるのかそれとも精神的・表象的にに生きるか」
かねてより議論の絶えないテーマであり、男女で別れる興味深い話題に思います。主人公は、文学や芸術が描き出す精神を享受したい一方で、現実を見ると婚約者から仕事まで即物的なことばかり。そこに、過去に生きる精神世界の住人と出くわし自分の生き方が正しいと理解していく。純文学でとりわけ扱われそうなストーリープロットをコメディタッチに仕上げ、かつ著名な作家や芸術要素などを織り交ぜて最後まで絢爛豪華に描き出す力はさすがウディアレンと言わざるを得ません。表現したいことを表に出しすぎている婚約者の配置キャラはどうかと少し思いましたが、最後は学者ぶっている人と浮気させる(即物)とともに(学問を即物的に捉えpedanticと言われる様子はかなり皮肉で、いい配役だと思います)、主人公が雨の中夜のパリを同じ性格を有した女性と歩く(プラトニックな)幕引きははかなり綺麗であると思います。映画の舞台の選び方、配役、プロット、に加え人間社会や人間の本質を描き出すバランスがとても優れた作品だと思います。サリンジャーよりはわかりやすく、「日の名残り」(カズオイシグロ著)やアンドレジッドの狭き門などよりコメディタッチにして番人うけさせる娯楽映画作品としては、この上なく素晴らしいと思います。
130人のお客様がこれが役に立ったと考えています
マグダラのマリア2018/05/17に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
これは拾い物。 大人のファンタジー
確認済みの購入
大して期待もせずに観たのですが、思わぬ拾い物でした。

全く内容を知らなかったので突然フィッツジェラルド夫妻が現れた時は、おそらく主人公と同じくらいびっくりしました。
そしてコクトー、ヘミングウェイ、ピカソとあの時代のパリにいた錚々たる芸術家たちが次々に現れ、物語に引きずり込まれました。
それぞれ見た目も話すことも私たちが想像する姿そのもので、それがまた楽しい映画なんだと思います。
ペダンチックだな、と思いますが、そこはウディ・アレンなので。

軽やかなファンタジーですが、過去からまたその過去に移動して、現実を引き受けて生きていくことを決意する主人公。
そしてパリの雨が好きというパリジャンと出会うラスト。
最後までよく行き届いた映画だと思います。
75人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Haruno Ogawa2018/11/10に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
あまりにも取り留めがない。珍しいほどの駄作。
確認済みの購入
ファンタジーと言えばファンタジーだが、あまりにも取り留めがない。 バリに盲目的にあこがれる人には、それでも少しは訴えるものがあるのだろうか。

突然、1920年代にタイムスリップして、本物のコール・ポーターやフィッツジェラルド、ヘミングウェイに出会いビックリする。大笑いしてしまった。確かに、こういうシーンは楽しい。そして、ピカソ、ダリ等とも出会い、ついには19世紀のベル・エポック時代にまで遡る。やりすぎでしょう。そして、昔を理想として思い描くのではなく、現在を大事に生きることこそが大事なのだという思いに至るが、でも、それって、あまりにも陳腐でしょう。そんなこと、当たり前。言われるまでもない。

現実に戻った主人公はフィアンセと別れることにする。そりゃそうだよ。初めから二人は全然合っていなかった。こんな二人がなぜ婚約したのか不思議な場面しかなかった。むしろ、なぜ、こんなに相性が悪いだけのフィアンセをこの映画に登場させたのかがが分からない。

見たのは時間の無駄。残念ながら、そうとしか言いようがない。珍しいほどの駄作。
42人のお客様がこれが役に立ったと考えています
復讐のパラドックス2016/10/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
“過去は死なない、過去ですらない”
確認済みの購入
物語終盤、フォークナーの言葉を象徴するかのように「シェークスピア&カンパニー」という小さな書店、古くも美しいパリの街並みが映し出される。

「“現在”って不満なものなんだ、それが人生だから」

芸術ファンの心をくすぐると同時に、“いま”を生きる勇気をくれる映画。
101人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mm2019/07/07に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
うすーい映画
確認済みの購入
夢想家の作家志望のアメリカ人がパリで夜な夜な過去の偉人に会う。以上。

沸くように過去の偉大な芸術家が登場しますが、それだけ。主人公、婚約者、その友人、全ての登場人物が軽薄で魅力が無い。ストーリーも有って無いようなもの。この映画から何かしらメッセージを読み取られている方々に素直に感服します。

映像、音楽を絶賛されるレビューが散見されますので、わあパリの街並みお洒落〜と思う方が見ればいいのでは無いでしょうか。
物語としての魅力は感じられませんでした。見る映画をまちがえました。
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
越後のちりめん問屋の隠居2019/02/16に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
意識高い系の妄想自慰行為みたいな。。。
確認済みの購入
パリに婚約者家族と旅行に来た小説家志望の主人公が
深夜に、華やかな過去のパリに迷い込み
著名な文化人たちと交流して自分探しする話

正直、たいした内容ではなかったけど、飽きずに見させるのは流石、巨匠というところですかね
演技もなんかオーバーというかどこか不自然な感じで現実離れしているところやノスタルジックな音楽、
そしてパリの街並みがなんとも、おとぎ話を読んでいるようないい雰囲気を出していました

登場人物たちが、この人こんなこと言いそうとか美しい言い回しのセリフなんかをしゃべってるっぽい気がしたんですが、
作中に出てくる芸術家たちの作品や人となりを知っておかないと楽しみは半減するし
字幕ではその部分が伝わりにくかったように感じたのは残念だと思いました

芸術の都パリを雨に濡れながらパリジェンヌと肩を並べてセーヌ川のほとりを歩く。。。

そんな妄想、自分、中学生で卒業しましたんで。。。
おなかいっぱいです。。。けっこうッス!って感じの映画でした

まぁマリオン・コティヤールの演じるアドリアナとなら歩いてみたくなるよね
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2017/11/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
小粋なパリの感じが良かった
確認済みの購入
いわゆる「憧れのパリ」の意識を現代の若者がまだ持っていたなんてという思いで観ていましたが、パリの風景とタイムスリップした後に登場した20世紀初頭の芸術家たちの活気と賑わいに引き込まれた感じ。
こんな感じの人だったのかもと納得のいく設定で、その中で意欲を掻き立てられ創作への情熱が掻き立てられていく主人公が好感を持って見られま

今どきのアメリカの若者にパリに憧れがあるとは思えなかったけど筋立ての奇抜さよりもパリの街並みと音楽とノスタルジーでついつい観てしまった。それでも話は案外面白く、展開は想像どうりで最後はハッピーエンド。楽しく観終わりました。
昔に戻って自分がパリに行けたら楽しいだろうな、と思える「憧れのパリ」の話でした。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
MITSUJIGAOKA2017/04/13に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
主人公が歴史上の偉人と出会う
確認済みの購入
旅行でパリに来た男性が夜毎にタイムスリップして、ヘミングウェイやピカソなど歴史上の偉人と知り合いになるファンタジー映画。
タイムスリップするがSFがメインではなく、一人の男の夢のような時間を追体験する感じ。
タイムスリップして歴史を変えようとかではなく、主人公は純粋にタイムスリップした時代を楽しんでいて、
主人公を通して次はどんな偉人に会うんだろうとかわくわくする。
葯90分一気に観れた。後、パリの街並みも綺麗だった。
よく知らない偉人もいたので、登場する偉人たちの知識が多い方がより楽しめると思う。
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示