中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミッシング 単行本 – 1999/6

5つ星のうち 3.9 55件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小説推理新人賞受賞作「眠りの海」を含む処女短編集。

内容(「MARC」データベースより)

繊細な視線で描かれた物語が、心の奥底に潜むミステリアスな風景を呼び覚ます…。小説推理新人賞受賞作「眠りの海」ほか「祈灯」「蝉の証」など、4作品を収録した処女短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 297ページ
  • 出版社: 双葉社 (1999/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575233757
  • ISBN-13: 978-4575233759
  • 発売日: 1999/06
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,092,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
収録作それぞれに独特の味があるのですが、一番好きなのは「眠りの海」です。
幼い頃に家族を事故で失い天涯孤独となった高校教師。
他人に心を許さず、深い孤独を抱え生きてきた高校教師が、問題児と噂される生徒と関係を結ぶも、彼女の突然の死がきっかけで敷かれたレールを逸れていく……。
子供の頃に家族と死に別れてからというもの他人と距離を置いて生きてきた教師が、教え子との恋愛を経て自分の中に封印した感情に目覚めていく過程がすごくいい。この教師の造形がすごくツボ。怜悧でストイックな色気がたまりません。
ようやく得たかけがえのないもの、失えない存在。
しかし初めて心を許した彼女は死に、再び独りになった彼は絶望し入水自殺を試みるも不思議な少年に助けられる。
そこでの対話を通し明らかになる恋人の死の真実とは……。
「蝉の証」は老人の秘密をさぐる女子高生ひと夏の冒険。
「彼の棲む場所」は人の心の深淵を覗いた気にさせ背筋が寒くなる。
清冽。
透明感。
ガラスのような硬度。
この短編集に収録されている話はいずれも死の気配を孕んでいるが、それはあくまで抑制の利いた文章の行間に漂い、決して前面に出ず淡々としている。淡々としてるからこそ余韻がいつまでも残る。
登場人物たちはいずれも大き
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 h 投稿日 2010/4/22
形式: 文庫
「眠りの海」「祈灯」「蝉の証」「瑠璃」「彼の棲む場所」を収録した短編集です。それぞれ“死”がテーマとして扱われています。その“死”の前提として罪の意識に苛まれた描写が描いています。更に、罪に対する実際の罰とは異なった認識の罰によって煩悶している様子が散見されます。

「一本道を逸れようと思ったら、落とし穴以上の障害が待っていることも覚悟しなくちゃいけない。」
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私が初めてこの本を読んだのは、高校生の時です。

人生について考えさせられた事を思いだし、10年ぶりに本を開きました。

10年経っても、やはり同じように、なんとも言えない切ないような、ちょっと怖いような、悲しいような気持ちになります。

1冊にいくつかのストーリーが入っていますが、読み進めていくと、展開が読めてしまい、正直、どれも似たような作りにはなってしまっています。

根本にある訴えたいものが同じだからか、言い回しが似ているからか、作者が若かったからか分かりませんが、
けれども、こんなにも言葉に表すのが難しい感情にさせる本も、珍しいです。

文章も読みやすく、次々と読めてしまい、かつ、読み切ってしまうのを勿体無いと感じ、休み休み読んでしまいました。

読む価値は間違いなくあります。
読んだ後の、この言葉にできない不思議な感情を、うまく言葉にして書いてほしいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
テーマは「死」なã‚"でã-ょうか。読み終えてからの「うã‚"うã‚"解かる解かる」というæ°-持ちと「それはないでã-ょう」というæ°-持ちがå...¥ã‚Šæ··ã˜ã£ã¦ã„るというのが、正ç›'今の感想です。確かにæ-‡ç« ã¯ãã‚Œã„だと思います。流れるように描写が続いていって、読ã‚"でいるå'にæƒ...景ã‚'想像させる部分は引き込まれまã-た。特に「ç' ç'ƒã€ã®å†'頭は宮本輝の「避æš'地の猫」のラストã...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー