ミッション:インポッシブル [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 968
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: WEST online
カートに入れる
¥ 1,040
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミッション:インポッシブル [DVD]

5つ星のうち 4.1 131件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 749 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 794 (51%)
残り9点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 300より 中古品の出品:15¥ 167より

この商品には新しいモデルがあります:


【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ミッション:インポッシブル [DVD]
  • +
  • M:I-2(ミッション:インポッシブル2) [DVD]
  • +
  • M:i:III [DVD]
総額: ¥3,426
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トム・クルーズ, ジョン・ボイト, エマニュエル・ベアール, ジャン・レノ, ヘンリー・ツェーニー
  • 監督: ブライアン・デ・パルマ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ジャパン
  • 発売日 2006/04/21
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 131件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EPFQ5U
  • JAN: 4988113756082
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,652位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

“おはよう、フェルプス君。今回の任務は…”おなじみのセリフで始まる往年の人気TV「スパイ大作戦」が華麗に復活! 映像派デ・パルマのテクニックが息もつかせぬサスペンスを生み、製作も兼ねたトム・クルーズのダイナミックなアクションが5.1チャンネルで全開する! 続編『M:I-2』のDVD化を機会に、家で一気に2本連続鑑賞はいかが?

Amazonレビュー

   全世界に今なおファンの多い名作TVシリーズ『スパイ大作戦』をもとに、現代ならではの社会背景を考慮しつつ、最新VFXを駆使して映画化した超大作である。
   スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗して仲間を殺されたばかりか、罠に落ちて裏切り者のぬれ衣を着せられてしまう。身の潔白を証明するため、彼は独自に捜査を開始するが…。
   主演のトム・クルーズが企画と製作を兼ね、自身のプロダクション第1回作品として完成させた。画面空間を360度フルに使いこなすブライアン・デ・パルマ監督の、手慣れた演出が絶妙だ。奇想天外なスパイアイテムの数々も楽しい。ラロ・シフリン作曲によるテレビシリーズのメインテーマをダイナミックにアレンジした、ダニー・エルフマンの音楽も効果的だ。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ビデオレンタルされた当初のころを思い浮かびますね。

あの時はすごい衝撃的な内容でまさに傑作!

時代背景なのか、携帯やPCの古さにおもわず年をとったもんだと(笑)

多くは語らない。このシリーズは是非見てほしい。それだけの価値はこのシリーズにはある(個人的な意見だけどね)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ユーザー トップ500レビュアー 投稿日 2015/10/2
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
久しぶりに観て一番印象に残っているのは、直属の上司ジムがイーサンに内通者が誰かを告げるところで、イーサンの頭の中は全く別のシナリオが描かれているところです。誰がなんと言おうとそれが気心の知れた味方であろうが、自己の直感に従い行動し、真実を見極め、生き延びる、聡明な青年が描かれています。

権力に与することのない独立心、目の前の欲望にも惑わされない自制心、頼れるのは己の知性と洞察力。人はこうあるべきだ、といった作り手の視点、価値観が根底にあるのが伺えます。そこがおそらく作品の核になる部分なのでしょうが、10年以上前に観たときは全くそういうことは分からなかったですね。表面上の過激なアクションシーンと先の読めないストーリー展開で満足していた記憶があります。

イーサンがCIAのセキュリティシステムを完全に熟知しているだとか、最後にジムがどどめを刺さないとか、要所要所で漫画チックで都合の良い部分もありますが、要点はそこではないので、エンタテイメントとして気持よく受け流せます。

このシリーズの2.3.4観ましたが、2はジョークだとしても、3.4も1を超えてないですね。それは何かというとコアになる部分が希薄だからではないかな。興奮させることができても心に響かない。
1 コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
1996年に観たときには凄いアクションだと感動したが,20年の歳月も経つと色々とおかしなところもある。
ヘリがトンネルの中まで入って,対抗列車に何故かすりもしないのか。っとか,TGVがなぜ,数秒で急停車出来るのか。。。などなど。
しかし,スピード感はあって漫画だと思ってみれば今でも十分に楽しかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 t.kgy 投稿日 2017/3/6
形式: DVD Amazonで購入
2000年度発売の、dvdですが、新品でしかも低価格にて、購入、ラッキーでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
2はいけてなかったので今度の3はこの1の路線でくると信じたいです。髪型もロンゲでなく今回は短髪ですしすごく期待をこめて1を再評価です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
・・・で始まる、例のお話です。(^O^)
昔、テレビシリーズであった『スパイ大作戦』のリメイク版ですね。
日本語版では『スパイ大作戦』で通っておりますが、
正式には、『ミッション・インポッシブル』が正式名称です。(^-^)
テレビシリーズの時のジム・フェルプス役はピーター・グレーブスでした。(私が、子供の時に放送。)
実行不可能な司令を受けて行動するのは、テレビシリーズと変わりませんが、
映画版では俳優が一新されているようです。
IMF(Impossible-Mission-Force)の情報を外部に流している者を突き止める為に、任務を遂行している時に仲間が次々と殺され、
不運にも生き残ってしまったイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、IMFから
スパイ容疑で追われてしまうのですが、自らの潔白を証明する為に、ジム・フェルプスの妻、クレア・フェルプスを含め、新たな仲間を探して
CIAから機密情報を盗み出すのですが、まさか、身近なところに裏切り者がいるとは思わなかったと思います。
パソコンの記録媒体がUSBメモリーではなく、MO(Magneto-Optical disk =光磁気ディスク)なのは、
やはり時代の流れか?(゜レ゜)
この話には、フランスの俳優が
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
子どもの頃、白黒テレビで『スパイ大作戦』をかかさず観ていました。
視ている者すら煙に巻くトリックに、毎回胸を躍らせたものです。
その世界観の時間軸上にあるのが、この『ミッション:インポッシブル』です。
旧作からのファンなら、この作品が新旧メンバーの交代に比重を置いてしまうのは致し方ないこと、と割り切ることも必要です。
その心構えを持って観ないと、素直に楽しめないかもしれません。

果たして、新しい『スパイ大作戦』は視聴者をだまし討ちにしてくれるのか。
結論から言うと、見事にしてやられたという感じです。期待を裏切りません。
もちろん、トム・クルーズならではの体当たりアクションも見所の一つです。
この作品で、今更ながらトム・クルーズの素晴らしさを再認識しました。

スパイものを語るなら『ミッション:インポッシブル』が必見なのは言うまでもなく、何度でも見返したいシリーズです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー