日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ミッション:インポッシブル/ ローグネイション (吹替版)

 (325)7.42時間11分2015G
IMFが解体され、イーサン(トム・クルーズ)とチームのメンバーは優れた技能を持つ諜報員たちによる組織“シンジケート”と対峙することになる。イーサンたちはイギリス人エージェント、イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)と手を組むが、彼女がならず者組織シンジケートのメンバーか否かは謎だ。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
レベッカ・ファーガソンヴィング・レイムスショーン・ハリスアレック・ボールドウィン
プロデューサー
トム・クルーズJ・J・エイブラムスブライアン・バークデヴィッド・エリソンデイナ・ゴールドバーグドン・グレンジャージェイク・マイヤーズ
提供
Paramount Pictures
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.4

325件のグローバルレーティング

  1. 62%のレビュー結果:星5つ
  2. 26%のレビュー結果:星4つ
  3. 6%のレビュー結果:星3つ
  4. 3%のレビュー結果:星2つ
  5. 5%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

oink2018/09/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ストーリー的に、一番面白いかも
確認済みの購入
フォールアウトを映画館に観に行ったら、「シリーズ全部見たはずなのに???話がよくわからん」と思ってたら、ローグネイションはレンタルDVDで自宅で酒を飲みながら見たので、すっかりストーリーを忘れていました…
劇場にフォールアウトを見に行く予定のある方は、ここでおさらいしたほうがいいですよ。ストーリーが繋がっているので。
フォールアウトは、トムさんの見せ場を作るために、ストーリーに無理矢理感があるのですが、(それさえも、トムさんの頑張りで帳消しで佳作になる恐ろしいM:Iシリーズ…)あらためて今回、ローグネイションを見直したら、ストーリーとアクションのバランスがちょうどよくて、ストーリーもスパイものらしくて面白いです。
今作は謎の女スパイが誰についているのか?米側でもCIAしゃしゃり出てきてかき回してイライラするし、さらっと出てくるモロッコの異国感が国際的スパイストーリーとして華が出るし、そして、チームの友情が(スパイものとしては矛盾してるけど)M:Iらしくて好きです。
フォールアウトはIMAXシアターで見ましたが、音楽と映像がど迫力で、M:Iは劇場で見たほうがいいです。ストリーミングやDVDはおさらいで見たほうがいいです、自分みたいに酒を飲むと忘れてしまって最新作を楽しめないので…
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
大空翼2017/05/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
トムって凄いですね~
確認済みの購入
観たい映画が多すぎる割に仕事だの、家庭サービスだの、すぐにBlu-ray 発売になるから
「映画館で観なくてもいいや!」なんて思ってしまいがちですが、今更ながら後悔です。
やはり映画館の大画面、音響、雰囲気、臨場感などTVやパソコンからの視聴では物足りないですね。
M・Iは映画館で観るべき映画のひとつだと痛感しました・・・

トム=イーサン・ハントと言っても問題ない位ハマリ役ではないでしょうか?
ベンジー役のサイモン・ペッグ、ブラント役のジェレミー・レナーもいい味出してました。
ただルーサー役のヴィング・レイムスの出番が少し少なかったかな。
個人的にはバイクのチェイスシーンが最高でした。
ハラハラ、ドキドキであっという間の約2時間です。
頭をすっきりして何も考えずに視聴してください。

最後に、トムっていくつになっても凄いですね~
73人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
カスタマー2018/12/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
シリーズ最高傑作
確認済みの購入
6含めて全て視聴済みですが、間違いなく最高傑作です。先が読めないストーリー、悪役のカリスマ性、重すぎない作風、アクションのテンポ、魅力あるキャラクター達。4も惜しいところまで行っていたのですが、悪役のカリスマ性や味方を信用できるかどうかの緊張感が足りず、スパイ映画としては今ひとつでした。
今回は、徐々に明かされる悪役の動機や人間性、敵か味方か判断に困る女、そして何より「敵を罠にはめてしてやったり感を得る爽快感」。これは初代をも上回る評価点だと思います。
いつもボコして終わりだったシリーズに、変化球が投じられた気がして、劇場で見た時は思わず唸りました。
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Lui2017/07/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
流石トム・クルーズ期待以上
確認済みの購入
この映画が2015年の映画なので、その時の年齢は53歳くらいだと思われますが
流石トム・クルーズでした。
スタントマンを使わず自ら危険なアクションをこなす事で有名ですが、
その中でも車はよく観ますが、バイクのシーンは久々でホント凄かった....。
またトムが乗るバイクはアメリカンではなく、レーサーレプリカタイプ。
似合いすぎです。

映画は良いテンポで進んでいって面白かったんですが、
ともかくバイクでの追いかけっこが印象深くてw
次回作が来年予定されているみたいですが、またカッコいいトム・クルーズ観てみたいです。
50半ばでまだイーサンを演じるなんて....やっぱり凄い。
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
N2019/05/06に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
構成、作りが007シリーズと同じ
確認済みの購入
一通りオープニングアクションを披露してから定番のオープニングテーマへ。
あとは各ロケ地で一通りの爆破、アクションを繰り広げる。
ボンドガールのようなお色気担当美人女優。
って、構成、作りが007シリーズと全く同じやんっ(笑)
これはパクリなのか、オマージュなのか・・・。

アッサリ解体されるIMFに何の魅力も感じないし、またまた黒幕は元諜報員というワンパターンにはチョットうんざり。
ミッション・インポッシブルらしさが感じられない単なる派手なアクション作品で終わってしまっているのが残念。
1作目、2作目は賛否あるにしても一応個性的な作品ではあった。
でも3作目以降はどんな内容だったか全く記憶に残らないほどにそれぞれの作品の個性がない。

ジェレミー・レナー扮するブラントのアクションを封印したのは謎。
CIA長官役のアレック・ボールドウィンはさすがに貫禄ありますね。
ラストの落とし穴の仕掛けとかはスパイ大作戦らしさが出てて良かったです。

どうでもいいけど、ローグ・ネイション=(死亡、行方不明ということにした各国のスパイ達が集まってできた)「ならずもの国家」ということらしいですね。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
カレット2019/04/24に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
コレを待ってた!爽快なスパイアクション
確認済みの購入
スパイアクション映画として、王道を突き詰めた1つの完成形だと思う。

迫力あるアクション、緊迫のカーチェイス、敵か味方かわからない魅惑の女スパイ、冷酷な敵、仲間の危機 etc…
もはや様式美のような各要素だが、テンポがよく最後まで飽きずに見ることができた。

年を感じさせないトムの爽やかさはさすがだし、本作では敵役がいい。ソロモン・レーン役のショーン・ハリスは冷酷で不気味な雰囲気で、トムと好対照となっている。

ラストも、スッキリする終わり方で、心地よい爽快感が残る。

ダニエル・クレイグ版の007は、毎回重要人物が死ぬような重く悲しい路線なので、その意味でも本作があってよかったと思う。あちらはあちらで魅力的なのだが、家族や恋人と見るなら本作のほうが鑑賞後の会話は盛り上がるだろう。

「使い古された王道要素を全部詰め込んで、陳腐ではなくスタイリッシュに見せろ」という、一見無茶苦茶な指令を本作は成し遂げた。まさにミッション・イッポシブルである。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ゴブリンC2018/07/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
錯綜する裏切り
確認済みの購入
シリーズ物の宿命で、回数を重ねる毎に画面上の派手さが優先されて荒唐無稽になるのは避けられませんが、
この作品では、それを作風として楽しめるくらいシナリオが良くできています

レベッカ・ファーガソンが何度も組織を裏切ってトム・クルーズを助ける理由
サイモン・ペッグは今度こそ憧れのフルマスクを被れるのか
ヴィング・レイムスに「お前は友達じゃない」と言われたジェレミー・レナーの選択
そして、突拍子もない発想で敵味方を引っかき回す、
トム・クルーズが今回思いついたビックリドッキリ計画とは

今回もトム・クルーズのハッタリと胡散臭いまでに爽やかな笑顔が冴えわたる
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
月下乃讀書人2020/10/31に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
MIよ、息を吹き返したか
確認済みの購入
 MIの5作目ですが、前作に継いてMI2/3あたりで過剰すぎたアクションや複雑過ぎる「誰が敵か味方か判らない状態」を抑え、マスクを使ったどんでん返しにもユーモアセンスがあって、筋書きはまあまあ面白いと思いました。カーアクションは「ウチの車はこんなに頑丈です」という宣傳になっていますが、日本のメーカーには出来ない宣傳手法ですね。ルーサーやベンジーの脇役としての味も大分熟して来たと思います。

 本作は「シンジケート」を炙り出す話です。元はMI6の失策で作ってしまった組織なので、その失態を隠そうとするMI6長官、イーサンの型破りな行動から「シンジケート」の存在を見抜けないで自らの組織解体に動いて居たのに、「シンジケート」の存在が明らかになって自らの失態を隠す為に最後の場面で作り話を語るIMF長官、とお偉方の「苦悩」をコミカルに描いて居ます。スパイ物はテクニックやアクションだけではだめで、ユーモア不可欠、MIシリーズも水路で溺れかかって助かったイーサンの様に息を吹き返した様です。

 本作で見応えのあるのは、何と言ってもオペラ会場でのアクションですね。こんな場面の撮影に劇場が協力してくれるのも、宣傳効果が大きいからでしょうか。樂器の中に仕込んだ銃等、趣向に工夫が見られます。劇場の警備員が一見して變な形をしている樂器に気づかないのも、実際に有りそうな話です。取り上げて居るのは生体認証技術(biometry)ですが、完全に軍事技術である事が解ります。近頃は日本學術會議問題で「軍事研究」が話題になっていますが、民生技術と軍事技術はあくまでも用途の違いでしか無いことが本作でも良く分かります。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示