通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ミスミソウ 完全版(下) (アクションコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ミスミソウ 完全版(下) (アクションコミックス) コミックス – 2013/3/12

5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 885
¥ 885 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ミスミソウ 完全版(下) (アクションコミックス)
  • +
  • ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)
  • +
  • サユリ 完全版 (バーズコミックス スペシャル)
総額: ¥2,666
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

漫画家。
代表作、『焔の眼』(双葉社)、『でろでろ』、『ゆうやみ特攻隊』、『ツバキ』(講談社)、
『ピコピコ少年』『ピコピコ少年TURBO』(太田出版)、『おどろ町モノノケ録』(アスキー・メディアワークス)、
『サユリ』(幻冬舎)、『ハイスコアガール』(スクウェア・エニックス)、『猫背を伸ばして 新装版』(フレックスコミックス)他多数。


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 双葉社 (2013/3/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575842087
  • ISBN-13: 978-4575842081
  • 発売日: 2013/3/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
集団ヒステリーの描き方が上手く、日常化したイジメからちょっとしたキッカケを元に崩れ落ちるように狂っていく
キッカケは登場人物の一人一人が握っていて、彼らのエピソードが明らかになると転げ落ちていく絶望感
唯一の希望かと思えた最後のキッカケすらも真っ黒に塗り潰されていくのは読み進める手を止めてしまいそうになる迫力があります
下巻の表紙の涙の理由が最後まで読んで分かり、救いの無さに凹みました
2 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
主人公の生い立ちが切なく、悲しい。
しかし、内容が乏しいかも、展開がほしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/1/29
形式: コミック
下巻からはどんでん返しというほどではないにせよ、ひっくり返しの連続で面白い。

題材はサイコスリラーで、テーマは復讐劇といったところ。さすがに突飛過ぎる話なのでリアリティはサッパリ無いが、怖さはある。

大幅加筆は誇大広告で、書き下ろしは最後だけ。「ハイスコアガール」のラブコメ絵になっててかなり酷い違和感がある(笑)。ホラーマンガなのにね(笑)。主人公もアキラになっちゃってるしね。もうホラーの絵は描けないのかな?

作者の漫画は気になるが、中途半端に長い漫画が多くて、どれから手を出していいか解らない、という人は、まずこれから読んで欲しいね。この「完全版」をね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読後感は悪くはなかったです。やはり黒での描写でグロいとは感じないものですね、人間の本能的にそうなのかもしれません。
復讐の場面には、やや複雑ではありますが気が晴れた様に感じてしまいました。
誰も救われませんが、すくなくとも異常者がそのままよりかは個人的に救われた結末と感じました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画で、初めて泣いた。
グロ耐性ないとキツイです
僕は好きなのですがそれでもうわぁ、まじか。。ってなりました
でも、いいシメかただと思います
人と人との思いのねじれから生まれるいじめ、嫉妬、家族愛が描かれているなかなか完成度の高い作品です
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 広瀬 VINE メンバー 投稿日 2013/5/3
形式: コミック
恵まれた家庭に生まれた少女の生活がもろくも崩れ去り、
読者として最後まで信じていたかった登場人物のエグイ内面に心えぐられ、
転げ落ちるかのように、最後の最後で、すべての結末が
収束していくさまは涙ナシには読みきれませんでした。

自分はこの完全版しか読んだ事はありませんので、
追加加筆された部分はわかりませんが、細部までに考えられた納得のいく終わり方だったと思います。

正直、読んでいるのが辛かった。
でも読むことが出来てよかったと思わされる漫画でした。

とても人には勧められるような内容ではありませんが、
押切先生のこの作品に出会えてよかったと思いました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
上巻でも書いたけど決して万人受けする作品ではない

物語後半、復讐劇から最後の引きまで一気に物語は進む
最終シーンの感想は其々違った意見があるかもしれません

しかしながら深く考えさせられる内容、そして人間の心に潜む闇が如何に怖いかを如実に描き出している
この作品をグロいから怖い的な発想で見ると途端につまらない残虐ストーリーに感じてしまうかもしれない
そういう短絡的な感受性なら読まない方が良いと思う

実際の恐怖はもっと内面的な人の心に潜む闇の部分が表に顔を出した時に訪れるという部分
そして悲壮感を残し物語は閉じていくのだが、上下巻でそこそこのページ数なのだが一気に読み切ってしまう力強さがある

おじいちゃんの「春が来たよ」という台詞が非常に哀愁を感じさせる…
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
押切蓮介さんの作品に手を出すのは初めてなのですが、
漫画的な演出がめちゃくちゃ巧いです。
主人公の春花とその家族はもちろんのこと、
惨劇の原因となったクラスメイトと教師のバックボーンまで、
限られたページで見事に描いているのが凄い。
ただのムカツク悪役で終わらせるのではなく、でも読者に感動や同情を押し付けることもない。
その絶妙なさじ加減がお見事です。
下手にネタバレしたくないので詳しくは書きませんが、
途中で意外な展開もいくつかあったりして、結末も納得。
一気に読破してしまいました。

陰鬱でショッキングな内容ですので、
正直「このマンガ面白いよ〜読んでみて〜」と
気軽に人に勧められる作品ではありません。
しかし、ちょっとでも気になっている方がいたら
自信を持ってオススメできる作品です。☆五つ!
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー